スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼータクな時間の過ごしかた。 ~コンラッド東京 前編~

昨夜はさっそく新しいビールグラス(89円)でカンパイ。


04-11-09-1.jpg


ウチメシはキレイにできたためしがないのでスルーしてください。
ちなみにメインはゆで豚、手前は新じゃがを甘辛く煮たもの。
やっぱりごはんは人の作ってくれたものがイチバンスキだ!(断言)




そんなこんなもあって、ホテルフリークなわたし(?)。
先月はじゅんちゃん、さえちゃんと『コンラッド東京』にお泊りしてきたのだー。
コンラッドホテルといえば、ヒルトンホテルの創業者コンラッド・ヒルトンから名付けられた
ヒルトンホテルの上位クラスのホテル。
ちなみに最上位クラスは、かの有名なウォルドルフ=アストリアホテル。

そんなウンチクはよしとして、さえちゃんが見つけてきてくれた
エグゼクティブ・フロアに宿泊するプランでお泊りなのである。
以下、画像てんこもりで室内内部を紹介!


コンラッド東京


なんというのであろうか、スタイリッシュでモダンな室内。


コンラッド東京


1ベッドに1匹の『コンラッドベア』が。
ホテルのある国をイメージして作られているのだろうか、ちりめんでできている。
コレクターもいるらしい…。


コンラッド東京


壁面付けの液晶TV。
でも地デジ対応ではなかった(笑)。
場所によってはTVが見にくいので、壁面付けはどうかな…。


コンラッド東京


部屋からバスルームが丸見えなのだっ!


コンラッド東京


当然、バスルームからも部屋が丸見えっ!!
だけど、電動シャッターで隠せるのでご安心を。
そういえば、窓のカーテンも電動だった。


コンラッド東京


部屋だけじゃなく、バスルームもモダンな2ボウル。
でも水まわりのユニットは国産じゃなかったのでイマイチ。
やっぱり国産がイチバン使いやすいと思うんだけどなー。


コンラッド東京


アメニティグッズ。
シャンプー類は大き目のサイズのものが3人分で1本ずつ。
香りがなんともアメリカーンだったのでお持ち帰りせず。
コットンなどは白い小さい箱に人数分用意されていた。


コンラッド東京


バスタブには「コンラッドダック」。
思ったよりも大きくてかわいくなかったので、お持ち帰りしなかった。
いまから思えばもって帰ってオークションにでもだせばよかったか…。


コンラッド東京


バスタブ横にはキャンドルのご用意も。
バスタブとは別にシャワールームもあり(画像なし)。


コンラッド東京


日本のホテルらしく、急須とお湯のみが。
このお湯のみ、糸底がなく持って飲むのに不便!
デザイン性だけじゃなく、機能も考慮してほしいわー。


コンラッド東京


ミネラルウォーターもコンラッドブランド。
中は阿蘇山系のミネラルウォーターだった。


コンラッド東京


コーヒーはドリップコーヒーではなくて


コンラッド東京


コーヒー豆(グラインドされたもの)が2人分ずつ個包装されたものを
ボダムのフレンチプレスで淹れて飲むタイプだった!


コンラッド東京


TVの下のサイドボード(?)内部はこんな感じ。
左下の箱の中身は


コンラッド東京


ウィスキーのミニボトル。


コンラッド東京


冷蔵庫の中もぎっしり。


コンラッド東京


ベッドうしろの壁の矢印の先には…


コンラッド東京


鳥が。


コンラッド東京


こだわりをもって作られているところはディズニーに通じるものがあるような。
どちらもアメリカ的なセンスのよさが現れている。


コンラッド東京


床のカーペットも壁紙と同じデザイン。


コンラッド東京


窓から左のほうには浜離宮が広がっている。
その先にはレインボーブリッジも。
36階という高層階ならではの楽しみだ。


コンラッド東京


この部屋でオーパスワンを飲んだのだー。


コンラッドベア


3匹のコンラッドベアのうち、イチバン右でカメラ目線のコがうちのコになった。







ザンネンながらウォルドルフ=アストリアではなく、ビヴァリー・ウィルシャーなのだ。




テーマ : 高級ホテル
ジャンル : 旅行

tag : ホテル

関西リラックスの旅⑧ ~ウェスティンホテル淡路のお部屋で朝食~

昨日はネット悪友Tとひさしぶりぃに2人で飲んで
ビール、スコッチと飲みすぎました…
今日はめっさ体調悪いー。
自業自得だなぁ…飲みすぎ注意デス。

明日はめめちゃんとのんびりする予定なので
今日中に体調を戻しておかないと!




さて、関西リラックス旅行の続き。
いつになったら終るのやら…

深夜も深夜、12時過ぎになって到着したさえちゃんを迎え
ようやく3人になった夜は、ガールズトークで盛り上がり…
と、言いたいところですが
さえちゃんの疲れも考えて、2時くらいにはおとなしく就寝。

翌朝は「ジョイ ウーマンプラン」目玉特典のひとつ
お部屋でゴージャスな朝食となりました。

前日の21時(だったと思う)までに
朝食サービスの時間を指定して届けてもらいます。
わたしたちは8時半に届けてもらいました。


awaji06-29-08-1.jpg



スパークリングワイン
フレッシュオレンジジュース&グレープフルーツジュース
ホットミール、コールドミール、ゆで卵…


ホットミールは


awaji06-29-08-2.jpg



黒毛和牛のステーキ、グリーンマスタードソース
本日のお魚料理
お野菜各種


awaji06-29-08-3.jpg



黒毛和牛のステーキ。


awaji06-29-08-4.jpg



コラーゲンたっぷり 気仙沼産フカヒレ淡路オニオンスープ
小さいけれどもフカヒレが入ってます。


awaji06-29-08-5.jpg



自家製クロワッサンとワッフル メープルシロップ添え
体に優しい米粉パン

コールドミールは


awaji06-29-08-6.jpg



色々なフルーツ 淡路産ヨーグルト




とてもじゃないけど、朝から食べられる量ではありません…
夜でもムリかも…というくらいに盛り沢山。

もちろんコーヒーと紅茶もついてきます。

パジャマのままで( ´_ゝ`)こんなご馳走を朝からいただくゼータク。
まさに「リラックス」ですね!




「ジョイ ウーマンプラン」は13時チェックアウトなので
時間ぎりぎりまでのんびりと部屋で過ごしました。

チェックアウトのあとは、ベルに荷物だけ預けて
1時間くらいホテルの周囲を散策しました。


awaji06-29-08-7.jpg



今日もどんよりしています。


awaji06-29-08-8.jpg



awaji06-29-08-9.jpg



ホテル内にある「海の教会」。
こちらも安藤忠雄の設計です。


awaji06-29-08-10.jpg



天井の十字のガラス部分から光が差し込んで
壁に十字架を写し出すようになっています。


awaji06-29-08-11.jpg



天井部分を上から見ることもできました。
お天気が悪いので、ややわかりにくいですね。




こうして淡路島でのリラックス旅行は終了。
高速バスに乗って舞子経由、大阪へ戻ります。

新大阪を夜発の新幹線に乗るので
時間まで大阪で過ごすことになります。

と、いうわけでまだ続く。






こちらは茨木の「光の教会」。「水の教会」「風の教会」もあるそうです。

   

興味のある方はコチラをどうぞ。







テーマ : 国内ホテル旅館情報
ジャンル : 旅行

tag : ホテル

関西リラックスの旅⑦ ~2泊目は洋室 ウェスティンホテル淡路~

午前中にハローワークに行ってきました。
3回目なんだケド、相変わらず道がよくわからなくて
結局3回とも違う道順で行く結果となりました。

大体の方角はわかるからナントカなるケド
なぜか最短距離で行けないんですよねぇ。

そんなに方向音痴ではないはずなのに。
楽しい用事で行くわけじゃないので
上の空で自転車に乗ってるのかも…危ない('A`)

次回は10月になるので、また道を忘れそう!
その前に最低あと2回は就職活動をしないとダメだ…
給付金をもらうにも、いろいろとタイヘンです。

帰りは雨が降りそうだったので
ダッシュで自転車をこいで帰ってきて汗だく@@;
シャワーを浴びてお昼寝をして体力を回復しました。
ぁぁわたしの体力、かえってきてー!!!




いつものようにそんなこんなとは関係なく
関西リラックス旅行の続き。

鳴門から帰ってきて再チェックイン。
2泊目「ジョイ ウーマンプラン」の部屋はこんな洋室でした。


awaji06-28-08-1.jpg



今夜はさえちゃんが参加するのでトリプル。
3つベッドを置いてもまだ余裕があるので
ツインとして考えると、けっこう広めの部屋ですね。


awaji06-28-08-2.jpg



窓側から見るとこんな感じ。
ヘンな場所にイスがおいてあるのは
トリプルにしたからなんでショーね。
ツインだったら、窓際にイスが2つとテーブルが置かれているはず。


awaji06-28-08-3.jpg



イスと一緒に置かれているはずのテーブルと
その向こう側にTVボード。
やっぱり広い部屋だったんだなぁ、と改めて。


awaji06-28-08-4.jpg



TVボードの下の、扉が開いてる部分です。
緑茶、ほうじ茶、紅茶が無料で飲めました。
夜中になると、温かい飲み物が飲みたくなるのでアリガタイ。


awaji06-28-08-5.jpg



ズボンプレッサーと加湿器。
プレッサーは和室にもおいてあったので、標準装備なんだと思います。
加湿器は「ジョイ ウーマンプラン」の特典の1つです。
他の詳細についてはコチラでご確認ください。

ウェスティンホテル淡路 ジョイ ウーマンプラン


awaji06-28-08-6.jpg



洗面室も広め。
でも残念なことに2ボウルではないのですね。
女性3人だと、2ボウルのほうが圧倒的に便利なんですがー。


awaji06-28-08-7.jpg



鏡の奥に写っている棚の中にはタオルとバスローブと
貴重品保管庫、下の引き出しにはドライヤー。
バスローブは「ジョイ ウーマンプラン」の特典です。


awaji06-28-08-8.jpg



洗面室の左側がお風呂スペースです。
最近のホテルに多いのが、日本のお風呂のように
洗い場があって、バスタブが深いタイプのお風呂です。
欧米形式の浅いバスタブでカラダを洗って…というのは
お風呂ダイスキな国民性をもつ日本人としては
あまり使い勝手がよくないものですよね。
やっぱりごしごし洗って、きっちり肩まで浸かりたい!( ´_ゝ`)b

それにしても、左隅に写っているお風呂イスの高さにはビックリ…。


awaji06-28-08-9.jpg



「ジョイ ウーマンプラン」特典の目玉のひとつ
モルトン・ブラウンのアメニティ。
イギリスの自然派化粧品のブランドですね。
こういう配慮はいかにも女性向けプランといった感じ。

画像を撮り忘れたのですが
お風呂スペースの反対側にトイレがありました。


awaji06-28-08-10.jpg



3階だった和室でしたが、コチラの洋室も4階。
眺めがあまりよくないのはお天気のせいもあるんでショー。




いまから思えば、部屋に鏡がなかったですね。
画像はないのですが、窓のほうにデスクがあって
フツーならばそこに鏡があるのに
この部屋にはそれがありませんでした。

入り口を入って右側にバスルームの入り口
その隣のクローゼットの扉が鏡張りになっていたのですが
そこだと採光がよくないのでお化粧には不向き。
女性3人がいっぺんに支度を始めることを考えると
(旅行だとどうしてもそうなるはず)
鏡の少ない部屋は、女性向けプランには向かないような。

快適な部屋であったことは間違いないのですがぁ。




【個人的評価】★★★☆☆3.5

鏡があれば!(しつこい)






借りられるか聞けばよかった…




テーマ : 国内ホテル旅館情報
ジャンル : 旅行

tag : ホテル

関西リラックスの旅④ ~1泊目は和室 ウェスティンホテル淡路~

ここ数日の夏の暑さが堪えます。
でも…
まだ本格的な夏は始まってないんですよね…トホホ

いまからこんなにばてていたら
この夏は乗り切れるのか、ナゾなところ。
ナゾですます問題ではないかぁ。

まずは規則正しい生活をして
健康を取り戻すことが最優先だなぁ。




そんなこんなとは関係なく、関西リラックスの旅の続き。

夕食のイタリアンを食べ終わったあとは
部屋に戻ってくつろぎますー。

今回『ウェスティンホテル淡路』に2泊するのですが
1泊目は珍しく、和室タイプの部屋になりました。


awaji06-27-08-1.jpg



部屋に入って、たたき?で靴を脱いでからあがります。
旅館風味ですね。

あがったところが3畳くらいはあるでしょうか
広めの板張りのスペースになっていて
そこにクローゼットや棚が置かれています。

上の画像の棚の中は


awaji06-27-08-2.jpg



左側がカップ置き場、右側が冷蔵庫です。
冷蔵庫の音って意外に気になるので
寝室の外に冷蔵庫が置かれているのはいいですねー。


awaji06-27-08-3.jpg



棚の向かい側はクローゼットです。
ハンガーも豊富にありました。


awaji06-27-08-4.jpg



玄関側から見て、左側がリビングスペースです。
畳の香りもすがすがしい6畳間。
床の間部分があるので家の6畳間より広く感じます…。


awaji06-27-08-5.jpg



大き目の液晶TV。


awaji06-27-08-6.jpg



TVの向かい側には和室らしく、鏡台とお茶のためのセットが。


awaji06-27-08-7.jpg



玄関から見て右側が寝るスペースになる6畳間です。
夕食をとりにいっている間に布団が敷かれてました。
ベッドでいうところの、ターンダウンサービスみたいなものかな。


awaji06-27-08-8.jpg



リビングスペースのさらに左側に洗面所。
5人定員の部屋だけあって、2ボウル。
鏡も広いし、2人で使うには快適すぎて笑顔になりそう。
朝、ロールスクリーンをあけると
明るい光がいっぱいに差し込んできていい感じ。
見えなくてもいいシワとかシミとかまで見えちゃうケド…('A`)


awaji06-27-08-9.jpg



アメニティも5人分。


awaji06-27-08-10.jpg



ヒノキのお風呂です。
大きい湯船にたっぷりとお湯を張って
のんびりゆったりと入浴することができました!
畳の香りもそうですが、ヒノキの香りにもリラックスー。
香りの癒し効果を存分に味わえます。


awaji06-27-08-11.jpg



和室は3階にあるので、眺望はあまりよくありません。
とはいえ、海が見えるのでお天気がよかったら気持ちよさそう。
リゾート気分でくつろげる空間が心地よかったですヽ(´∀`*)♪




【個人的評価】★★★★☆4.0

近くにあったら再訪したいホテルです。






トラベルピローも様々。




テーマ : 国内ホテル旅館情報
ジャンル : 旅行

tag : ホテル

忘れ去られた仙台旅行の続き… ~秋保温泉 岩沼屋~

そんなこんなで、もうすっかり過去の話となった仙台旅行。

ちなみに宿泊は秋保温泉の『岩沼屋』という旅館でした。

実は「秋保温泉」を「あきう」と読むって知りませんでした('A`)
熱いお風呂が苦手で、温泉って滅多に行かないんですよね…

ハイ、イイワケです<(_ _)>スミマセンスミマセン




『岩沼屋』は創業寛永2年という老舗の旅館です。


05-11-08-1.jpg



けっこう広い旅館なので、ロビーも広いです。

団体旅行だったので、部屋の画像などないのですが
ココのお風呂はとても気持ちよかったです!

38度、41度、43度と分かれていたので
熱いお湯が苦手なわたしでも入れました。

38度でカラダを慣らしていくと、41度までは平気です。

脱衣場も洗い場もとても広くて清潔でした。

シャンプー、リンス、、ボディシャンプーも完備。
(いまどきの温泉はみんなそうなのかな?)

脱衣場には大きな鏡付きの洗面所?がいくつもあって
(スーパー銭湯を思い浮かべてもらえればいいかも)
ブラシもドライヤーもありました。

つまり、スーパー銭湯並の設備は整っているわけですね。

特筆すべきなのは、露天風呂の気持ちよさ。
熱いお湯でも、頭とかおがひんやり冷やされて
長い時間でも入っていられます。

お湯は刺激が少ないまろやかなお湯で
温かさが長持ちするのと、お肌がしっとりするので
女性にはうれしい温泉だと思います。


05-11-08-2.jpg



夕食の一部です。
仙台牛のすき焼きがおいしかったです。


05-11-08-3.jpg



サイコーだったアワビのグラタン。

このほかにも食べきれないくらいに盛り沢山でした。


05-11-08-4.jpg



朝食もてんこもり!
笹かまぼこをバターで焼いて食べたのは初めてです。
意外とおいしいかも。

ココのお味噌汁がとってもおいしかったです。
仙台味噌っていうのかしら、風味があって( ´_ゝ`)b




そんなこんなの仙台旅行でした。

夜は全員そろってUNOで大盛り上がり。
いくつになっても修学旅行のような騒ぎ方でした。




そしてまだまだ続くのであります…。




テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。