スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つゆなだけに汁物…さむっ

公私ともにちょいと忙しくなりそうな予感。
なにが公でなにが私なんだか、境目はよくわからないんだけど。
とりあえず、1ヶ月ほど季節労働者になるのと
ネットショップの広告を某雑誌に出すので、その反響次第ってところ。

固定で週に何日か働くよりも1ヶ月なら1ヵ月
目一杯働くほうがわたしには性にあっているらしい。
その季節労働とネットショップの広告掲載が重なるのは想定外だったけど
人生なんざ思ったとおりにはいかないもんだ。

自分の生活を第一にするのはもちろんだけれど
ネットショップに関してはここからが勝負時だと思っているので
いままで以上にがんばらなければ。

というわけで、ブログ更新が滞っていたら
てんぱっているんだな、と笑ってやってください。





忙しくなる前に、めめちゃんと赤坂へ。
関西出身のめめちゃんは赤坂初体験なんだって。
わたし(関東出身)も実は赤坂なんてほとんど初体験。
官公庁、ビジネス街っていうイメージしかないわー。

そんなこんなで、新宿から大江戸線、南北線と地下鉄を乗り継いで
溜池山王駅で降りたはいいけれど、地上に出てから
地図を眺めてボーゼンと立ちすくむふたり。
ここまで地図の読めないオンナだったとは…。
首都高の方角を見て位置を確認し、ナントカたどり着いたのはコチラ。


赤坂 一龍


『赤坂 一龍 別館』
赤坂には韓国料理店が並ぶ一角があるんですね。
なんという通りかはわからないんだけれど
歩いていると日本ではないような気持ちになるような。
そんなエリアにあるお店です。

店内もなんとなく日本じゃないような雰囲気。
「いらっしゃいませ」もなく、こちらの注文に対しても無言。
そして、無言でお皿が運ばれてきます。


赤坂 一龍


どんどんどーーーーーーーん!
キムチ、カクテキ、数種類のナムルなど。
黒豆や小女子みたいなのもあって、ビミョーに日本風。
日本風なんだけど、食べてみるとちょっと違うのね。
韓国風にアレンジされた日本食なのかしらん。

メインはコチラ。


赤坂 一龍


ソルロンタン!
とろっとコラーゲンが溶け込んでいそうなルックスがステキ♪
汁物界の超イケメンって感じだわ♡
韓流スターにたとえると…
たとえると…




韓流ドラマって観たことないからわからんちん!スンマヘン!




とにかく、柔らかく煮込まれたほろっほろの肉もおいしくて最高!
薄味なんだけど、キムチやナムルの味が濃い目なのでバランスがよいの。
テーブルの上の調味料でカスタマイズするのもよし。
でも薄味好みのわたしには、そのままがちょうどよい加減だったわー。

ボリュームもたっぷりなので、ごはんはほとんど残しちゃったけど
汁物らばーには大満足!のソルロンタンでした。
サービスが日本風じゃなくてもおいしければOK。
また食べに行きたいわー♡




赤坂一龍 別館 (韓国料理 / 赤坂、溜池山王、国会議事堂前)
☆☆☆☆ 0.0






テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

ワインとともに六本木の夜は更ける。 ~六本木 ブーケ・ド・フランス~

先入先出法じゃないと忘れちゃうもん!
そんなことを言った日もあった…(遠い目)。

でも、昨日のことから先にアップしちゃおう。




初夏のような暖かさになる、と言われていた割りに
風が強く、それほど暑さは感じなかった昨日。
夜に楽しい集まりがあったので、ひさしぶりに六本木へ。

NEETなわたしは時間がありあまっているので(威張るな)
コンデジを下げて早めに都会へと繰り出した。

いやあ、人多いわ。
南の島に行くと、すっかり南の島のテンポにカラダがなってしまい
歩く速度がヒジョーに遅くなり、人の波についていけない。
おばーちゃんおじーちゃんにさえ追い越される始末。

人酔いしそうで、ちょっとひとやすみをすることにした。


ディーン&デルーカ


東京ミッドタウンのプラザにある、『ディーン&デルーカ』のカフェ。


ディーン&デルーカ


スコーンとカプチーノでしばし休憩。
行き交う人々を観察するのも楽しいものだ。
最先端の街のざわめきからすると、「未曾有の不景気」は微塵も感じられない。
いつものように活気があって、雑然とした六本木だ。

休憩をして元気を取り戻し、再び六本木散歩。


04-23-09-3.jpg


六本木ヒルズの近くで。
この俳優さん、かっこいいわー。
映画もドラマもほとんど見ないんだけどねっ。


六本木


TV朝日の庭園にはさつきがたくさん。
残念ながら、まだ半分も咲きそろっていなかった。
もう少ししたら、満開のさつきでキレイだろうなぁ。

そんなこんなで、夕暮れ時の六本木散歩を楽しみ、目的地へと出撃。


ブーケ・ド・フランス


お気に入りのフレンチ、『ブーケ・ド・フランス』。

『花暦』のakikoさん、それにワイン通さえちゃんを誘い
ワイン談義に花が咲きそうだわ!と楽しみにしていたのだー♪


ブーケ・ド・フランス


まずは食前酒。
パイナップルの果汁を1年間寝かし、まろやかに熟成させたのを
シャンパンで割ったというもの。
南国スキなのに、キウイ・パパイア・マンゴーアレルギーのわたし(涙)。
スーパーでも手に入る南国フルーツのなかで、唯一食べられるものなのだ。
この食前酒は、パインの香りはふんだんに残しながら
甘さが爽やかで後味がすっきりとしていて…「キケン」。
飲みすぎ要注意だわ。

アミューズはいつもの豚のリエットのシュー詰め。

ここでワイン通さえちゃんとakikoさん、そしてお店のマダムという
3巨頭によるワイン会議が始まった。
飛び交うブドウの品種名に頭がついていきましぇん。
結局、ナントカという品種にブランがあるなんて知らなかった!という
さえちゃん&akikoさんにより、コチラに決定。


ブーケ・ド・フランス


ラングドックの白なんだそーだ。
すべてお任せをして、わたしは聖母マリアのように微笑みながら受け入れるだけ。
(ウソデス、ゴメンナサイ)

いくつかあるコースのなかから、エピキュリアンコースに。

まずは前菜。


ブーケ・ド・フランス


ホワイトアスパラガスと地蛤。


ブーケ・ド・フランス


わたしの親指よりも太いホワイトアスパラガスは春の苦味が詰まってる。
蛤の旨みがぎっしりのスープとからまってうまい!
これはもう1回食べたいわー。
季節が限られているんだろうなぁ。

おしゃべりをしながら食べて飲んで、気がついたら白があいていた。
ワインの話から始まって、おしゃべりが弾む弾む(笑)。
ブログの話にもなり、さえちゃんからはにっきせんせいのカステラの催促が…
せんせい、次回のカステラはいつごろでショーか。

そんな合間にもワイン選びは着々と進み、メインにあわせて赤。


ブーケ・ド・フランス


シラー100%なんだとか。
短い名前だから覚えられたよ!さえちゃん!

そしてメイン。


ブーケ・ド・フランス


豚の三枚肉のたまねぎとろとろソース煮黒胡椒風味。
香りからしてたまらないひと皿。
なんだか懐かしい、おかあさんが作ってくれたような香りと味なんだけど
家庭ではゼッタイに再現できない味。
少なくとも我が家では再現不可能!
とろとろのたまねぎソースがおいしいーー。

小胃袋星人のわたしはけっこう満腹だったんだけど
ここからはまさに別腹タイム。


ブーケ・ド・フランス


熱々の焼きたてチョコレートタルトとコーヒーアイスクリーム添え。
チョコタルトを割ると、なかからとろっとチョコレートが流れてきたのに
食べるのに一生懸命で画像なし。
とろっとチョコレートを見たい方はakikoさんのところへGO!




おいしいワインとお食事がするすると胃袋に収まった。
人数=ワインの本数のおふたりには物足りなかったかな?
次回はフロマージュもはさみまショー!

7時から10時半近くまで3時間半、ガールズ・トークは尽きることなく(笑)。
いくつになっても気持ちはガール!
マダム、お店の皆さま、毎度長くなってスミマセン。

こういういい出会いがあるから人生は楽しいのね。
おふたりともお付き合いいただいて、ありがとうございました。
またおいしいもの&お酒をいただきまショーね。
にっきせんせい、次回は参加できますよーに!




ブーケ・ド・フランス

 港区六本木7-8-19 小林ビル2F
 03-3497-1488
 火曜日・第3水曜日定休日
 11:30~13:30 18:00~21:30





     


シラー100%の赤ワイン。    話題の(?)ミニ三脚。ほかの色もあり。




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : おいしい

恒例!お誕生日ランチは六本木で♪ ~六本木 ブーケ・ド・フランス~

外は寒いけどリビング内は暖からしく、ヘヤプルが花盛り。


01-18-08-1.jpg

このまま1年中咲いていたりして…そうなったらうれしいなぁ♪




中部旅行の話はちょっとお休み。
昨日は毎年恒例、めめちゃんとのお誕生日ランチの日だった。
晴れオンナの2人がそろったので、当然?いいお天気。
風もそれほど吹いていない、暖かないい日和の中を六本木へ。
六本木といえばここ!




ブーケ・ド・フランス

 港区六本木7-8-19 小林ビル2F
 03-3497-1488





今年初訪問になる。
12月中旬に忘年会で訪問してから約1ヵ月。
毎月食べに行くなんて、なんてうれしいゼータクなんだ!
今年もおいしいものたくさん、いいことたくさんの年だといいなぁ。


bouquet01-18-08-1.jpg


日が差し込む暖かな店内。
ぶたちゃんの小物が各テーブルに飾られている。
食前酒はシャンパンでザクロを割ったもの。
ほかにはシャンパンを旬のはっさくで割ったもの
シャンパンをとちおとめで割ったものなど、ミモザをアレンジした食前酒って感じ。


bouquet01-18-08-2.jpg


アミューズは定番、プチシューのなかに豚のリエットを詰めたもの。
ひと口でぱくっと食べられるかわいいサイズだ。
さっぱりとしていて臭みもなく味わい深い。


bouquet01-18-08-3.jpg


前菜はカキのコンソメジュレにした。
ぷっくりとしたカキがなんとも海の滋味が詰まったカキだった。
濃厚すぎず、海の香りがほのかにしておいしいの!
お正月早々にカキフライで失敗したケド、リベンジ成功だわよ。


bouquet01-18-08-4.jpg


ここで白ワインにチェンジ。
メインは豚肉にしたんだけど、赤ワインの気分じゃなかったので。
マダムセレクトの3種類のグラスワインのなかから
もっともさっぱり系のワインにしてみた。
すーっと飲めちゃう香りのよいワインだった。
ワインに無知なわたしでもマダムのオススメに従っていれば心配なし。


bouquet01-18-08-5.jpg


メイン、豚肉をシンプルにソテーしたもの。
豚肉は三元豚を使用しているそうだ。


bouquet01-18-08-6.jpg


ほんのりピンク色に焼きあがっているぶたちゃん。
噛みしめるほどに香ばしい味がじゅわーーーーーーーっと広がる。
ニンニクチップスがまた香ばしく、よいアクセントになっている。
シンプルに焼いただけ、なのに家庭では再現できない焼き加減。
いや、わたしが再現できないだけですね、ソウデスネ。
柔らかいだけじゃない、噛むことのおいしさを味わえるひと皿だ。


bouquet01-18-08-7.jpg


満腹だケド食べたいデザートは紅玉のタルト・タタンとバニラアイス。
今シーズンの紅玉はコレにて食べ納め!
ほんとに満足満腹ー。
暖かいアップルパイもしくはタルト・タタンとバニラアイス
この組み合わせを考えた人にノーベル味覚賞を差し上げたい!


bouquet01-18-08-8.jpg


〆はハーブティー。
胃・肝臓・腎臓系に効きながらカラダをじんわりと温めるものだそーだ。
ここではいつもハーブティーをお願いしてしまう。
コーヒーもとてもおいしそうなんだけど、食べすぎにはハーブティー(笑)。


bouquet01-18-08-9.jpg


ドリンクとともに小さなお菓子もいただける。
メレンゲの小さな焼き菓子と、レモンピール。
食べたかったけど、どうしてもどうしても入らなかった。
悔しいーーーーーーーーーー。
小さな胃袋が恨めしいわ。




飲んで食べて、たくさんおしゃべりをした。
ここのところちょっともやもや状態だったこと、聞いてくれてありがとー!
人生修行ですね!めめ先輩!
これからもがんばるぞぉぉぉぉ(何を)。


01-18-08-2.jpg


お誕生プレゼントにいただいた、癒しグッズ。
お風呂に浮かべてライトアップしたり、波などの効果音が聞こえるモノ。
さっそく癒されてみたいわぁ。
わたしからのプレゼント、学校など忙しくて製作が進んでないの。
ごめんねぇぇぇぇ。
来月から鋭意製作にとりかかるんで、待っててねー。

そんなこんなで楽しい1日だった。
いつもどうもありがとう。




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

2008年忘年会④ ~六本木 ブーケ・ド・フランス~

今日は雨降りの予報だったので、洗濯わくわく♪
だって初乾燥機だもん、ウヒヒ
でも、乾燥にどれくらい時間がかかるのか読めなかったので
帰宅してからのお楽しみにしておいた。

帰宅、即スイッチオン!まずは洗濯。
標準洗濯なら問題なくできる。
てか、そうじゃないと困る。
そして終了後、乾燥しないものを出してから
いよいよ乾燥にとりかかってもらった。
標準でも自動、10分、30分、60分、90分と選べるし
棚乾燥(セーターなどを棚にのせて乾燥するらしい!)など
乾燥だけでもいろんなコースがある。
いままでのが自動か20分、60分だけだったのに比べるとスゴイ。
バスタオル2枚、ハンドタオル2枚、Tシャツ類4枚+細かいもの
この量でどのくらいかかるかわからなかったので
とりあえず自動でやってみると1時間50分ほどかかるらしい。
けっこうかかるんだなぁ…でも省エネを謳ってある製品だし
前の乾燥機よりは電気代はかからないはず。
そうあってほしいよぅ。




簿記の勉強、工業簿記に入る前に商業簿記の模擬試験を受けている。
昨日2回分、今日3回分、明日3回分、あさって2回分あるらしい。
いくら休憩をはさんでも、1日中試験だとアタマがぼーっとしてくる…
今週も週末にお楽しみが待っているからがんばろ。




そして先週のもうひとつのお楽しみの話。
社会人になって最初に勤務したメーカーのときの同僚との忘年会だった。
同期入社のみゆきちゃん、少しあとに途中入社してきたみさ
1年後入社でみゆきちゃんと仲良しのまー
そしてまーがまーの同期のつなっぴーを呼んでくれて総勢5人。
幹事を任されてしまったので、六本木のお気に入りのフレンチにした。




ブーケ・ド・フランス

 港区六本木7-8-19 小林ビル2F
 03-3497-1488





今年3回目の訪問になる。
大のお気に入りのお店なんだケド、六本木はちょっと遠い。
ランチならまだしも、ディナーだと帰り道が遠く感じるんだよね…
そんなこんなで、こういうチャンスは逃さないよっ(笑)。
小学生のママであるみさのことを考えて18時に予約。
六本木駅に17:50待ち合わせをした。
みゆきちゃんとみさとは最近も会っているけれど
まーとつなっぴーと会うのは退職してから会ってない!
お互いわかるんだろーかとやや不安だったケド
会ってみれば変わらない笑顔の2人だったー、ひと安心。

変わらない笑顔といえば『ブーケ・ド・フランス』のマダムも
いつものように明るく迎えてくれた。
マダムの丁寧で心のこもった接客と料理やワインのユニークな説明は
このお店の魅力のひとつだと思う。


bouquet12-17-08-1.jpg


かわいいブタちゃんグッズも健在だ。

食前酒はなしにして、いきなりワインでカンパイすることに。
赤か白か、どんなタイプがいいか、そして希望価格をマダムに伝えると
マダムが在庫のなかから数種類セレクトしてくれる。
この日も4本選んでくれたなかで、イチバンの酒豪?のまーが選んだのがコレ。


bouquet12-17-08-2.jpg


もう酔っていたのか、ピントが見事にあってない(嘆)。
「シャトー・カロン'96」。
軽めで、とお願いしたのでとても飲みやすいモノだった。

コースは前菜1品、メイン1品、デザート1品のエピキュリアンコースをお願いした。


bouquet12-17-08-3.jpg


前菜は「ブーダン・ノワール」。
豚の血で作られたソーセージ、手前にあるのはりんごのソース。
豚の血、といっても臭みはまったくない。
りんごのソースの爽やかな甘味がよくあう。


bouquet12-17-08-4.jpg


メイン「ブイヤベース」。
本日のオススメの魚、スズキとホタテ、そしてうれしいことに
マダラの白子つまりタチがあああああ!
冬のおいしいシーフードがぎゅっとつまっている一品だ。
ゼータクなサフランのソースが香りよい。
適度に(あくまでも適度に)酔いが回っていたので
画像を撮影するのを忘れてしまったんだケド
ブイヤベースの濃厚なダシがたっぷりと入っているスープもついていた。
もちろんルイユとパルミジャーノ・レッジャーノ付き。
涙が出そうなくらいにおいしかった…by汁物らばー。

画像を撮り忘れたのはもうひとつ。
赤ワインをもう1本いただいたんだケド、すっかり忘れた。
ボルドー産の2004年モノだったと思う…うううマダムごめんなさい。


bouquet12-17-08-5.jpg


デザートは「福岡八女茶のクレームブリュレ」。


bouquet12-17-08-6.jpg


コンコン!と割ると、鮮やかな緑茶色が出現する。
なんともさっぱり爽やかなデザートだった。

気がつけば23時。
18時からなんと5時間も飲んで食べておしゃべりしていたのだ。
味も最高、どれもボリューミーでコストパフォーマンスも申し分ない。
おまけにステキなマダムの接客付き。
いつうかがっても楽しい時間を過ごすことのできるお店だ。
また近々ランチにでもうかがいたいな!






「シャトー・カロン・セギュール」
これからのシーズンのプレゼントにオススメ、ハート型ラベルです。




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

小さな大阪鮨屋さん ~広尾 梅好~

台風、遅いですねぇ!
自転車並みのスピードってどうなのよ。
目下の心配ごとといえば、ハワイ行きが目の前に迫っているので
出発に影響がなければいいなぁ…ということ。
そのくらいなんだから幸せなもんです。

台風の影響といえば、もうひとつ心配ごとがあるんだった。


09-18-08-1.jpg


やっと固いつぼみにまでなったプルメリア。
台風に負けないでおくれー!
そして出発までに1個くらいは咲くんだろうか…
そのうえハワイに行っている間、水をあげられないんだケド
1週間、だいじょぶなんだろうか…心配だぁ。




ようやく美容院にも行ってこれて、こざっぱりとしてきました。
ハワイ旅行の前には少しはきれいにしとかないとねぇ、なんとなく。
別にナニかあるってわけでも、期待しているわけでもないですがぁ。
ようやく秋らしくなってきて、湿度の低い時期になるので

夏の間ガマンにガマンを重ねて伸ばしてきた髪も
やっと扱いやすくなるだろう…と、引き続き伸ばすことに。
どこまで伸ばせるか決めていないんだケド、もうちょっと伸ばしてみようかな。




さて、話は昨日の『ル・スフレ』のあとの話に戻ります。

実は、ランチをするお店候補が2軒あって迷っていたのですが
たみのリクエストで『ル・スフレ』に。
もう1軒は大阪鮨のお店で、テイクアウトもできるようなので
ランチのあとに寄ってみて、夕食用にすることにしました。




■梅好

 港区西麻布3-13-21
 03-3401-0376




西麻布の交差点の2本分手前(広尾駅方面に)の道を右折するとすぐにあります。
ルーマニア大使館のちょっと手前になります。


baikou09-18-08-1.jpg


こののれんと看板が目印。

のれんをくぐってガラス戸をあけると、小さな小さなお店です。
左手にカウンターがあって、ご主人らしき男性が作業中。
奥さんなんでショーか、女性がにこやかに出迎えてくれました。

右手に4人掛けのテーブル席がふたつ。
お店で食べるとしたらこの席で食べることになります。
たぶん、テイクアウト客のほうが圧倒的に多そう。

テーブル席のうしろの壁には、お品書き。
京ちらし、大阪鮨、茶きんなどなど。
アジのお鮨も気になる存在です。

この日は相方が遅くなるということなので、わたし1人分のみ購入予定。
どれもこれも食べてみたかったのですが、1人だとそんなに食べられない。
というわけでで「茶きん」2個にすることにしました。


baikou09-18-08-2.jpg


「茶きん」2個1,155円。

まず包んでいる薄焼きたまごにビックリ。
薄いんだケドふわふわしていて、プロの職人の技が感じられます。

ごはんは酢飯というにはお酢味が薄い感じ。
エビ、でんぶなど具沢山で黒っぽく見えています。
でんぶはよくあるパサパサのではなく、魚を感じさせてくれる手づくりのでんぶ。
三崎の『レストランはまゆう』で食べたでんぶ以来のおいしいでんぶです。

1個500円↑の茶きん鮨は価格的にはちょっと高いと思えますが
大きさは12センチはあろうかというビッグサイズ。
中身もぎっしりと詰まっているので食べ応えはたっぷり。
1個でほぼおなかがいっぱい、というくらいでした。

ガラス戸に貼り紙があった「アジ鮨」。
9月は三陸のアジの季節だから三陸のアジのお鮨なんだろうなぁ。
1人じゃなかったら、きっと頼んでいたと思います。
また広尾に行く用事があったら、必ずテイクアウトします。
アジのシーズンに行かれたらいいな。






自動水やり!コレだ!!




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。