スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然温泉でゆったり~♪

朝の地震、びっくりだったわ。
寝ていたからか、一昨日(かな?)よりも大きく感じた。
東名高速に被害が出ている模様。
これからお盆で帰省シーズンだからタイヘンよね…。

大地震が避けられない事実ならば
できるだけ被害が小さいように、できるだけ死傷者が少ないように
祈ることと備えることしかできないよね。
今朝、ようやくテレビを固定。
防災リュックの中身も確認しなきゃ。
食器棚もスライド式のものに買い換えたいんだよねー。
冬のボーナスでソファを買い換えるつもりだったけど
食器棚のほうが優先事項かも。





台風の影響もあって、時々強い雨が降った昨日
まっちゃんとコチラで待ち合わせ。


08-11-09-1.jpg


初めての駅、南武線矢向駅。
改札を出て、地図は見たけれど、なんとなく適当に歩き出す2人。
違っていたら逆方向に行けばいいや的アバウト作戦なのだ。

果たして歩けども歩けども目的の場所は見つからない。
そこでハッと気がついたわたしたち。
現在地は横浜市鶴見区。
目的の住所は川崎市幸区。




…。

南武線沿線は全部川崎市だって思い込んでいたよ…。

地図を見直して、どうやら点対象に逆側にいると気がつき
本来ならば駅から徒歩5分のところと20分くらいかけて到着したコチラ。


志楽の湯


『志楽の湯』
アチラコチラで記事を読んで、気になっていた天然温泉のお風呂なのです。

遠回りをしたおかげで汗だく、おまけに雨で足元まで濡れ
温泉でのんびり寛ぎたいわ…。

まずは館内着に着替え、隣接のそば料理屋さんでランチ。


志楽の湯


むかし、この地には縄文の森が広がっていたんだとか。
時代の移り変わりとともに田んぼになったり、工場が建てられたり
そしてボウリングをしてみたら天然温泉が沸いた、というわけ。
縄文時代から眠っていた(と思われる)温泉を現代人のパワーの源に
というのがコチラの温泉のコンセプトらしい。

今回、平日限定の「縄文ビーナスプラン」という女性限定のプランを予約(要予約)。
■入館料(フェイスタオル、バスタオル、館内着込み)
■整体orボディマッサージ20分
■そばレストラン「志楽亭」での「志楽ビーナス膳」
■休憩処でのワンドリンク
以上がセットになって、2名以上だと4,450円とお得な料金設定になっているのよ。

というわけで、セットの「志楽ビーナス膳」


志楽の湯


の、飲みたい…というココロを抑え、お茶にしたわたし。
お風呂に入る前に飲むのはキケンよね!
ああ、なんて気高い心構えなのっ。


志楽の湯

志楽の湯

志楽の湯


前菜からおそばまで、こういう内容でよくガマンしたと思うわー(アホ)。


志楽の湯


食後はちょっとお休みをして、お風呂三昧。
ちょっと赤めでぬるっとしたお湯だった。
内湯から露天まで出たり入ったり、すっかり温まってから
よい気持ちでマッサージを受けて…
最後はアイスコーヒーをいただいて〆ました。




まったり話をしながら、のんびり楽しい時間を過ごせてよかったわー♡
まっちゃん、ありがとねー♪

今回、たみとちっちが都合で参加できなかったのでザンネン。
またチャンスがあったら行こうねー。




志楽の湯

 川崎市幸区塚越4-314-1
 縄文ビーナスプラン予約専用 044-522-0353
 (平日9:00~17:00 受付)
 志楽の湯サイト 
http://www.shiraku.jp/index.html




テーマ : 日記
ジャンル : 日記

梅雨の晴れ間の鎌倉散歩②

書きたいことがたくさんあるのに、それを表現することができない自分が悔しいなぁ。
いま思っていること、それをうまいこと書く自信がないので
このままちょっとお腹のなかにためておくことにしよう。
いつかなんとか文字にすることができる、その日まで。
ってか、すぐに忘れそうな気もするけれど…。





鎌倉散歩の続きですよ。
しらす、あじさいと季節のものをタンノーして鎌倉市内へ。


07-02-09-1.jpg


八幡さまの大鳥居が七夕の飾り付けになっていたのよ。
こんな風に季節ごとの装いをしていたなんて知らなかったわー。
クリスマスツリーは飾らないだろうね…。

蒸し暑くてノドが渇いたので、ひとやすみ。


あかね


『甘処 あかね』


あかね


カウンターだけの小さな店内。
黒電話のよく似合う、風情のある佇まいなのよ。
ここ『甘処 あかね』、3月に鎌倉に来たときに煮あずきを食べておいしかったので
夏に来ることがあったら、ぜひ氷あずきを…と思ったいたのだよー。ウヒヒ


あかね


念願叶って、今年初の抹茶あずきに白玉トッピングー♪


あかね


濃ーく淹れられた抹茶が手がきの氷にしみ込んでうまーーーーい!
白玉がまたむっちりもちもちで、うっとりなおいしさ♡


あかね


よもぎの白玉も香りがよいのよー(涙)。
器の底にはあんこ、というよりもあずき。
煮あずきがそのまま入っているのですよ。

やっぱりカキ氷は氷あずきか抹茶あずきがイチバンだー!
と思わせてくれる氷あずきでした。




氷で涼んだあとは、まみちゃんがタイムアウトに。
楽しかったわー、忙しいのにありがとね!
またぜひ、今度は横浜界隈で集合しまショー。

まみちゃんと別れてからもみさと2人、鎌倉あの道この道をぶらぶら。


07-02-09-2.jpg


スーパーのユニオンの前でエンジェルストランペットが。


07-02-09-3.jpg


ユニオンでは「レデンプトリスチン修道院」のクッキーを購入。
修道院以外ではここでしか手に入らないと思うのよね。
シスターたちの素朴な手作りクッキーです。

裏駅のほうまで足を伸ばし、コチラのお店へ。


ボンジュール


『ボンジュール 鎌倉西口店』
オレンジケーキが買いたかったんだけど売ってなかったわー(涙)。
がっくりしたので、パン1種類だけ買いました(画像なし)。

それからさらにちょっと足を伸ばしてコチラへ。


鎌倉はみちつ園


『鎌倉はちみつ園』
こんなところにはちみつ園があるなんて知らなかったわよ。
けっこう古くからあるらしいのね。
裏駅のほうはあまり来ていなかったし、来ても六地蔵のほうばっかりだったのよね。
もっといっぱり歩いてみるべきだったわねぇ。反省。

いろいろな種類があり、割とお求めやすい価格だったので悩んだわー。


鎌倉はちみつ園


コーヒーのはちみつにしてみたわん。
アイスクリームにかけて食べたりするといいらしいのよ。
ハーゲンダッツみたいに濃いのよりも、レディボーデンのような
あっさり目のほうがいいかもしれないわねっ、ワクワク。




こどもの頃から、何度となく訪れている鎌倉。
まだまだ新しい発見がいっぱいありそう。
また季節が変わった頃に行ってみたいわー。




甘処 あかね

 鎌倉市小町2-10-10 榎本ビル1F
 0467-23-0667
 木曜定休日
 13:00~16:30

■ボンジュール 鎌倉西口店
 
 鎌倉市御成12-11
 0467-25-6455
 10:00~19:00

■鎌倉はちみつ園

 鎌倉市扇ガ谷1-10-10
 0467-22-0729
 水・日曜定休日
 10:00~17:30




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : おいしい

梅雨の晴れ間の鎌倉散策①

今年も半分が終っちゃった。
前半6ヶ月は、ジェットコースターに乗っていたというかなんと言うか
嵐のなかの小舟で漂ってたような気分だったわー。
そりゃ気分的なことなんだケドね。
6月も後半になって小舟が大破して、海岸に打ち上げられたような感じ。
ほんとに気分の問題なんですが。
打ち上げられた海岸が実はこの世の楽園だった、なんて
そんな都合のいい話はあるわけもなく
残り半分となった2009年を少しでも豊かな年にするように
地道に畑を耕し、木の実なんぞを拾って蓄えなきゃならんのですわ。
あくまでも気分上の話で、実生活には何の変化もないんです、ほんとに。

そんなこんなの2009年6月。
最終週にはいろんなお楽しみが詰まってたわけで。
簿記学校の仲間との飲み会もそう。
そして先日、みさとまみちゃんと鎌倉巡りをしてきたのよん。
みさとは1年に数回会っていたんだけれど
湘南地域にお住まいのまみちゃんとは数年ぶり!
江ノ電の腰越駅で待ち合わせ、電車内から見てもすぐにわかったくらいに
変わらない笑顔のまみちゃんでうれしかったー♡




というわけで、まずは腹ごしらえから。
どういうわけで腹ごしらえからかって、そりゃ花より団子だからに決まっとるわい。

この季節、湘南といえば…


しらすや


『しらすや』でしらす。
生しらすの季節だからねー♪
釜揚げもいいけれど、生は産地ならでは。たのしみー♪


しらすや


しらすづくし定食もしらす丼も気になるけれど
右下の手書きメニューのカマスがおすすめだと聞いて決定。


しらすや


の前に、みさの希望でしらすのかき揚げ。


しらすや


アツアツ、サクサク。
開店30分後くらいだったので油が新しいせいか
あまり油っぽくなくておいしー!
けっこうボリュームたっぷりだったけど、パクパク食べちゃったよー。
っていうか、ビールが飲みたかったですぜ…あたしゃ。


しらすや


ぐっとガマンでカマスの刺身としらす。
カマスは塩焼きのイメージがあったけど、鮮度がいいと刺身にもなるのね。
当たり前といえばそうなんだけど、海のない県に住んでいるもんで…(嘆)。


しらすや


こりこりまではいかないながらも歯ごたえがあって
適度な脂のノリ具合でさっぱりいただけたわー。
埼玉県にも海をくださーーーーーーーーーーーーーーい(号泣)。


しらすや


しらす!生しらす!
透明でぴっちぴち、ちゃぷちゃぷらんらんらん♪ちがっ!
オバサンも浮かれちゃうくらいにおいしいのよっ。
しかも、お味噌汁の具までしらす。
これがまた、ほのかに甘味があってうまいのよー。
産地じゃないと食べられない旬の味だわん(幸)。

食べ終わって外を見てみると、けっこうな行列っぷり。
平日でこの行列なんだから休日は…想像したくないわねー。
急いで食べられないオバサンは平日限定だわ。




店を出てまみちゃんのクルマで移動。
この季節、鎌倉といえば…


長谷寺


あじさい。
北鎌倉の明月院が有名だけれど、腰越から近い長谷寺に。
こちらも2500株のあじさいが植えられているらしい。
前日の雨が上がり、みずみずしいあじさいが観られるかもー。


長谷寺


拝観料300円を払って境内へ。
池のほとりで桔梗がお出迎え。
青や紫のお花って涼しげでいいわねー、けっこうスキかも。


長谷寺


観音さまがご本尊の長谷寺ですが、お地蔵さまもたくさん。
亡くなってしまった幼子たちを守ってくれるのね。


長谷寺


白い小さな花弁が連なるアナベル。
とても日本的な感じのするあじさいだけど、こんな品種もあるんだねー。


長谷寺


あじさい散策路には、これ以外にもたくさんの品種があったわ。
こんなに品種があるとは知らなかったわよ。


長谷寺


平日だったので、立ち止まって写真を撮っても問題ないくらい。
拝観者数は多すぎでも少なすぎでもない人数だったわ。
休日は80分以上待ちっていうのもあるみたい。
ゆっくり観られるなんて平日ならでは、なんでショーね。


長谷寺


盛りは過ぎていたといっても、斜面はまだまだ花がたくさん。
花の盛りの時期はどんな感じなんだろ。


長谷寺


これもあじさい。
確かに葉っぱはあじさいなんだけど、お花だけ見せられたらわかんないかも。


長谷寺


あじさいの遥か向こうに見えるのは由比ガ浜。
海のそばっていいわぁ…。


長谷寺


お地蔵さまったらオ・サ・レ♪あじさいの帽子なんてステキ♡




ものっすごく蒸し暑かったけれど、蚊がいなかったのでよかった(笑)。
旬の味、旬のお花をタンノーして鎌倉市内へと向かう3人でした。




しらすや

 鎌倉市腰越2-10-26
 0467-33-0363
 木曜定休日
 11:00~21:30


カルシウムをとって元気になったところでつづく…(いつも長くなってスミマセン)




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : おいしい

とおくーとおくーはなれーゆくえぼしらいん ~江ノ島 たこ島~

今日も晴れたよ、うれしいな♪
ってなわけで今日のベラプル。
まるで育児日記かってくらいのしつこさでスミマセン。


10-16-08-1.jpg


ここだけ南の楽園かとモーソーしたくなるのは
わたしだけですか、ソウデスカ
ベランダで花を見ながらニタニタしてます、かなり危ない。




さて、昨日のお話。

ゆめをーのせてーはしるーしゃどー あしたーへのーたびー
とおりーすぎるーまちのーいろー おもいーでのーひびー

まさに実家のある街を通り過ぎ、新宿湘南ライナーに乗って藤沢へ。
そこから小田急に乗り換え、着いた先は


10-16-08-2.jpg


竜宮城小田急「片瀬江ノ島駅」でした。
昔と変わらないド派手さでありがとう。
もっと色あせてた時期もあるような気がするので、塗り替えているんだろーな。
こどもの頃、親に連れられて来ていたときには
大船からモノレールに乗り換えて来ていたので
この駅を利用するのは初めてだったような気がします。
モノレールの駅は、もうちょっと陸地に入ったところにあります。
小田急の駅が江ノ島にイチバン近い駅。




えのしーまがみえーてきたー おれのーいえもーちかいー

今度はこの歌をBGMにしながら江ノ島内部へ。
よく晴れた日で、ますます日焼けしそう。
「このまま死ぬまで焼き続ければ、シミシワも目立たないはず!」
そんなわけのわからないことを豪語しながら向かった先はコチラ。




たこ島

 藤沢市江ノ島2-1-9
 0466-29-9090





こどもの頃は「江ノ島名物シラス」なんてモノはなかったよねー、と
中学時代からのトモダチ、まつ、ちっち、たみとわたし4人の記憶。
江ノ島名物といえばサザエ、おまんじゅう、エスカーと射的?
サザエが苦手なわたしは、サザエ丼が食べられなくて
いつもざるそばだったような記憶が。
そぉいやエスカーに続く坂道のおみやげもの屋さんの店先には
必ずといってもいいほど蒸し器があって
湯気をあげながらおまんじゅうをふかしていたのに
今ではぜんぜん見かけないようで。
おまんじゅうニーズはないんだろーか。

そしていつのまにやら江ノ島名物になっていたシラス。
そのシラスで有名な「とびっちょ」の2号店が「たこ島」なんですと。
12時半くらいだったのですが、10分ほどの待ち時間で座れました。
10月の平日だったからでショーね。
真夏の土日の混雑ぶりは想像したくありません。


takoshima10-16-08-1.jpg


1階がお持ち帰り売店、水槽、2階がレストランになっています。


takoshima10-16-08-2.jpg


takoshima10-16-08-3.jpg


まずは湘南名物シラスビール650円でカンパイ!
これまた知らない間に名物ができてたよー。

シラス入りらしいですが、まったく生臭くはありません。
スタウトビールっぽい黒い色をしています。
さらっと飲めるタイプではなく、カラメルのような香りとコクがある感じ。


takoshima10-16-08-4.jpg


ぐるなびクーポン(ケータイ)でもらった「しらすパン」。
パンというよりも、ボンデケージョっぽいもちっとした食感。
なかにクリームチーズとしらすが入っています。
しらすが新鮮で生臭くないので、チーズとよくあいます。
油っぽくなくてかりっとしていておいしかった。
しらすビールとも相性がいいと思う。


takoshima10-16-08-5.jpg


「しらすづくし御膳」1,800円。
これは半端なく量が多い!
女性には多すぎるので、大食いの自信がある人以外は
ゼッタイに残すと思う…。

とにかくかき揚げが大きすぎる(泣)。
上にのっている釜揚げしらすだけは食べたケド
かき揚げは1/4くらいしか食べられなかった…。
隣の生しらすの小鉢は当然完食。
これは生か釜揚げか選べました。
たぶんその日の収穫量とか季節によって違うんでショーね。

しらすは新鮮で、甘味があっておいしいー。
スーパーで買うのとは違いますね、当然。
こんなにたくさんのしらすを食べるのは初めて。

「しらすづくし」というだけあって
汁物仕立ての卵とじ、お豆腐、茶碗蒸しまでしらす入り。
もったいないし、必死で食べたんですよ…でもムリ。
おとなしく「釜揚げしらす丼」にでもしておけばよかった。




満腹のおなかをかかえて、4人は目的地へと向かうのであった。
つづく…






Di di di di di di di di di …




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

『はま吉』とHAPAライブ ~はるばる藤沢まで遠征~

だんだんと、けだるさ増していった日のコト。

今から思えば
アレが風邪の引きはじめだったんでショーね。

この日は以前から楽しみにしていた
『HAPA』のライブの日だったので
はるばると藤沢まで出かけていきました。




『HAPA』はハワイではかなりメジャーな
ハワイアンデュオです。

日本ではKONISHIKIさんや
ジェイク・シマブクロさんが有名ですが
ハワイではたぶん、HAPAのほうがメジャー。

たぶん、おそらく。




たみと一緒に行くので
藤沢駅に早めに待ち合わせをして
ランチをすませるコトにしました。




昨日の日記にも書いたように
たみは肉がキライなので
ナニを食べようかと悩んで
うなぎを食べに行くことにしました。

少しパワーアップしないとね!

うなぎを食べてほんとうにパワーがつくかは
かなりギモンなところですが…。




はま吉

 藤沢市南藤沢23-4-103 三愛ビル1F
 0466-26-2030





11時半の開店から10分ほど遅れて入店したのですが
3つあるテーブル席の最後に座ることに。

カウンターにもすでに人が座っていて
けっこうな人気店だと判明。

どうやら地元では有名なお店らしいです。




メニューを眺めて
肝吸い付きの上うな重にしました。

フツーのうな重だと、肝吸いじゃないようなのですねぇ。

やっぱり肝吸いでショー!




店内に充満している
食欲を刺激するよい香りを
肺いっぱいに吸い込みながら待っていると…。


hamakichi12-27-07-1.jpg



上うな重だと、ふっくらうなぎが3枚!

食欲不振気味なので
全部食べられるか心配ですが('A`)



そんな心配は無用のことだったようで
ふっくらと焼きあがったうなぎは
口に入れると噛まなくてもとろけるよう。

タレの甘辛加減もいい感じです。

あまりよくないお店に当たってしまうと
タレの味の向こう側に
川魚の泥臭さを感じてしまうこともあるのですが
ココのうなぎなら
白焼きで一杯とかいきたかった!

さすがにライブをひかえていたのでガマン。




例のブログで絶賛の東京のうなぎ屋さんで
白焼きリベンジでも企もうかな。




レストランのクチコミサイト 食べログ.com
【個人的評価】




食後は藤沢市民会館まで歩いて
いよいよ『HAPA』ライブへと向かいます。


12-27-07-2.jpg





会館について思ったコトは…




年齢層が高い!




けっこうなオバサンのわたしたちでさえ
平均年齢の引き下げ側なんじゃないかと思うくらいに
リタイア世代?がたくさんいます。




ライブを観てから気がついたんだケド
今回のこのライブは
「Music & Hula Concert Hapa Japan Tour 2007」と銘打っていて
日本のハラウの人たち(たぶん地元の)が
ライブに出演していたのです。

それで関係者…というか知人たちが大挙して
ライブを観に来ていたと思われます。

わたしの勝手な想像ですが。




前回の渋谷のライブでは
チャント(詠唱)の人も一緒に来ていて
曲もチャント入りの曲が多かったと思うのですが
今回はチャントがなかった分
ギターのアレンジがCDとは違っていたり
新曲ではないけれど新鮮な気持ちで聴くことができました。




マァアレダ
観客の年齢層が高い分
ノリノリ!というわけにはいかなくて
意外と静かなライブだったんですケドね。




ライブ後には会場で売っていたCDに
HAPAの2人がサインをしてくれたので
CDそのものにサインしてもらいました。

ハワイでノリノリのライブも観てみたいなぁ。









そうそう、話は変わるのですが…
器用なたみはいろんな手作りモノを作ってくれます。

今回はおみやげにパンをもらいました。


12-27-07-3.jpg



アーモンドの耳と、レーズンの目がついたねずみのパン。

忙しい中でも手作りを欠かさないたみに脱帽。






今回のジャパンツアー限定のCD。




テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。