スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETC1,000円を満喫!名古屋旅行①

ふー、涼しいような、蒸し暑いようなビミョーさ加減。
明日の日食はどうやら望み薄…日食グラスは入手できていません。

この3連休、暑いからブログ更新を怠っていたわけじゃなくて(ホントダヨ)
ETC1,000円を満喫しよう!と名古屋の友人宅へ行ってきたのよん。
しかもこの話が決定したのは1週間前という突然っぷり。
4人で押しかけたのにも関わらず、快く受け入れてくれた友人に感謝感謝。

土曜日の早朝4時半に出発。
前日深夜まで飲んだくれていたという、酒臭い人を1名乗せ
「臭い臭い」と言いながらの旅の出だしになったわよ…。
早朝出発が幸いして、首都高はほとんど渋滞がなく東名へ。
東名も順調に進み、静岡に入ったところでいったん休憩。


07-21-09-1.jpg


富士川サービスエリア。
ここで朝食代わりに「富士宮焼きそば」を食べるつもりだったんだけど
早朝すぎたため、屋台の準備がまだだった!ザンネン!
ショーがないので、スタバで朝食。


07-21-09-2.jpg


ひさしぶりにこんなに大きなカタツムリを見たよー。

このあたりはやや雨模様。


07-21-09-3.jpg


駿河湾を見ながら、BGMはサザンとB’z、ときどきマキシマムザホルモン。





「BAD COMMUNICATION」
この曲を聴きながらのドライブはアブナイ(笑)。


07-21-09-4.jpg


浜名湖SAでも休憩。
名古屋も近付きつつあったので、富士宮焼きそばは帰りまでお預け。

途中、上り坂渋滞があったりもしたけれど
おおむね順調に伊勢湾岸自動車道に入って友人宅へ。
約7時間、1,550円の旅。安い!
4人で往復3,000円(ガソリン代込み)ですんだわよっ!
いやあもう、病み付きになりそうだわ(笑)。
日本全国友人宅宿泊旅行、なんてね。

そんなこんなの激安旅行だと、観光しようとかいう気にもあまりならず
ひたすら友人たちとしゃべりまくっていたとかナントカ
というわけで、おみやげには期待しないでね、めめちゃん(爆)




ちょこっとだけした観光と、名古屋めしについてはまたつづく…






ドライブソングに。




テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag :

ゆったりたっぷりのーんびり伊豆旅行⑥ ~沼津 カフェ・ブール~

暖かい昨日、そして今日も4月くらいの陽気になるらしい。
寒さキライだから暖かくなるのは大歓迎。
冬物よりも春夏物の洋服のほうが多いし…
冬はどうしてもタートルセーター+ジーンズになって
毎日変わり映えしないんだよね、わたしの服装。

でもでも。
暖かくなると花粉が飛ぶ。
花粉なしに春を迎えることができたらなぁ。
今年は今週の月曜日からアレジオンを飲み始めた。
アタマの重痛いのはその影響もあるとか?
飲み薬だけでは心配なので、外出にはコレを使用している。






髭男爵のCMでもおなじみの『花粉鼻でブロック』。
コレはほんとにおすすめ。
症状が出る前から塗り始めていれば、けっこう乗り切れる。
指でも塗れるようだが、わたしは綿棒も持ち歩いて
外出先でもこまめに塗りなおしている。
ちょっと人目が気になるので、トイレの個室で塗ったり。
未体験の方、ぜひ一度お試しください。




さて、伊豆旅行の記録も終盤にさしかかってきた。
毎度のことながら、だらだらと長い記録だぁ。

おいしい鯛丼を食べて、沼津から東名に乗って帰ることに。
でもここでトモダチがデザートを食べたいんだとか。
前夜、おいしいバースデーケーキをたらふく食べたじゃないか…
残りは朝に食べてたじゃないか!
小さな胃袋の持ち主=わたしのそんな抵抗もむなしく
沼津市内でデザートを食べて帰ることになった。
まいっか。




カフェブール

 沼津市大手町5-12-3 アライビル1F
 055-951-5588





沼津駅からそう遠くないと思われるところにあった。
なんたって大手町。
駅に近いに違いない、というのは勝手な思い込み?

お店の目の前の道路にパーキングがあるで便利だ。
駅近なのに気が利いてる(ほんとに駅近なのか?)。


カフェブール02-13-09-1


入ってすぐにケーキのガラスケースがある。
ドリンクにケーキが2種類ついて850円。
なんという太っ腹サービスなんだ!沼津バンザイ!!


カフェブール02-13-09-2


さすがにサイズは小さめだけど、2種類選べるってとこがいいよね。
アレもいいけど、コレも捨てがたい…ってことけっこうあるし。


カフェブール02-13-09-3


固めの焼き上がりのカスタードプリンはきっちりカスタード味。
最近柔らかめのプリンが多いようななかで、逆に新鮮かも。
わたし個人的には上のバニラのソースはいらないかな。
プリンはカスタードとカラメルを楽しんで食べたいのだ。


カフェブール02-13-09-4


ダークチェリーパイ(だったと思う)。
ベリーとかチェリー類の粒粒に弱いと感じる今日ゴロゴロ。
生のフルーツも好きなんだけど、パイに入れられるともっとよい。
パイのクリームの甘さとベリー、チェリー類の甘酸っぱさの
その味のバランスにやられるみたいだ。

ランチセットにもデザートを追加できるようだ。
ランチ価格に+350円でケーキ2種類。
このサービスは地方だから実現する価格なんだろうか?
新宿あたりでも、ぜひ実現してほしい!というのはムリなお願いかなぁ。




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

ゆったりたっぷりのーんびり伊豆旅行⑤ ~西伊豆 てまきずしと磯料理 やま弥~

月曜あたりから不調。
アタマの重痛いのが続いている。
あまり頭痛のするほうではない。
それでも右か左のこめかみあたりが痛む
いわゆる偏頭痛なら今までにも何度もあった。
今回は眉間の奥のほうがぎゅーっと痛い。
手でわしづかみにされているような痛みが続いている。
季節の変わり目だからなぁ、ってことで。
寝込むほどではないし、やるべきことをやろう。




伊豆旅行のつづき。

「三津シーパラダイス」を出てランチに向かう。
伊豆に来ているのに海の幸を食べてない。
というわけで、コチラへ。




てまきずしと磯料理 やま弥

 沼津市西浦平沢92-4
 055-942-2477





国道17号線を海沿いにひたすら南下。
ウチの近所にも通っている国道17号線は
こんなほうまで通っているんだー、なんて思っていた。
よく見たら県道17号線だったよー。
考えてみりゃ、国道17号線=中山道が
伊豆半島まで通っているわけなかった…アハアハ

そんな勘違いのドライブだったけど、やっぱり海沿いの道は気持ちいい!
住むなら海のそばだねぇ、としつこく思う。
キレイな南国のビーチならサイコー。

目指すお店も海の見えるお店だった(満足)。


やま弥02-12-09-1


思いっきり逆光だ。

お店に入って右手がお座敷になっていて、4席ほどあっただろうか。
あとでトイレを借りたときに、右手奥にもお座敷があることを発見。
ご近所宴会も承れるかも(勝手に想像)。

店名からして「手巻き寿司」がウリなんだろう。
でも手巻きなんか食べたら飲みたくなっちゃうよ。
まだ日は高いし…というかクルマだし。
というわけで、鯛丼を注文。


やま弥02-12-09-2


鯛の漬け、ごはん、お味噌汁、シラスの小鉢とお漬物で1,260円。


やま弥02-12-09-3


卵も自家製?地鶏の卵なんだそうだ。
黄身がつやつやと美しい。


やま弥02-12-09-4


かるく漬けになっている鯛はこりこりと新鮮!
鯛のお刺身ってそれほど好きじゃなかったんだけど
こんなにも甘くておいしいものなんだー、とおいしさ再発見。
この甘さは卵の黄身の甘さだけではないはず。
かるーい漬けが甘さを引き出しているのかなぁ。
やっぱり魚介は新鮮さが命だねぇ、と当たり前のことを思う。




今回の伊豆旅行でイチバンおいしくいただけた。
ごちそうさまでした。




お店の前の有料駐車場。


izu02-12-09-1.jpg


有料だケド、無人で料金箱に入れるシステムになっている。
日本人の性善説はまだ生きているのね、としみじみ思う。
ちなみに『やま弥』さん専用スペースありなので
お店でお食事すれば無料でとめられるのでご安心を。






こういう生活(夢)。




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

ゆったりたっぷりのーんびり伊豆旅行④ ~三津シーパラダイス~

思い立って美容院でばっさりカットしてきた。
肩甲骨のあたりまであったのをアゴのラインまで。
20センチは切ったかな?
懐同様、首筋も寒くなった(笑)。

遅めのランチは残っていたパンを食べた。
相方がマーマレードをもらってきていたの思い出したのだ。


02-09-09-1.jpg


缶入りマーマレードって珍しいんじゃないかな?
農協の山口県本部の工場で作られている。
苦味が効いた甘さ控えめのマーマレード。
せっせとパンを食べて消費しないと。




さて、伊豆旅行のつづき。

温泉を堪能した翌朝、部屋まで朝食が運ばれてきた。


izu02-09-09-1.jpg


バスケットに詰められている。


izu02-09-09-2.jpg


ハムと野菜のホットサンド、左はゆで卵とスコーン。


izu02-09-09-3.jpg


ポット入りのコーヒー、ヨーグルト、サラダ、ジュースまである。
お庭がきれいなホテルなので、気候がよければ
バスケットを持ってお庭でいただくのもよさそう。
バスローブのまま、お部屋でいただくのものんびりしていいわぁ。




最後に足湯で温まったあと、チェックアウト。
クルマで一路向かったのは『三津シーパラダイス』。
水族館ってスキなんだよねー。
いつどこの水族館でも癒される。
でも家で熱帯魚を飼う気にはならない。
なんでなんだろうね。フシギ。


三津シーパラダイス02-09-09-1


入館したら、すぐにイルカショーが始まった。ラッキー!
童心にかえってぱちぱち拍手したりして大喜び。


三津シーパラダイス02-09-09-2


外なのにあまり冷えないと思ったら、座席の下にヒーターが通されていた。
これはすごい!
気が利いてるね!!


三津シーパラダイス02-09-09-3


くらげばかりの入った大きな水槽。
黒い幕で覆われているコーナーでとても幻想的。
ぽかんと見とれる。
ここには何時間でもいられそうだ。
なのにトモダチは「気持ち悪い」とかナントカ
こんなに癒される風景なのにぃ。


三津シーパラダイス02-09-09-4


わたしにはカレイの顔のほうが気持ち悪いよ…おいしいけど。


三津シーパラダイス02-09-09-5


ダイスキなチンアナゴ!
わたしのデジカメが思いっきり写りこみしてる(涙)。


三津シーパラダイス02-09-09-6


外は穏やかな冬の海。
ベンチに座ってのんびり寛げる。


三津シーパラダイス02-09-09-7


オットセイたちもボートで寛ぎ中。


三津シーパラダイス02-09-09-8


イルカも大笑い?
あのキュキュキュキュという会話?を聞いていると
何をおしゃべりしているのか知りたくなる。


三津シーパラダイス02-09-09-9


まだ小さなオットセイが「なに?」と言うように振り向いてくれた。
まん丸な黒い瞳がかわいらしい。


三津シーパラダイス02-09-09-10


人面魚じゃないよ、ラッコだよー。
ラッコって仰向けに浮いてるのがフツーだと思っていたら
このコはずーっとうつ伏せで浮かんでた。
呼吸が苦しくなると水面に顔をだしてひと息。
そしてまた水の中に顔を入れている。
なにか悩みでもあるのかしらん。




小規模な水族館だったので、2時間ほどで見終わってしまう。
入場料金は1,900円(大人)と、ちょっと高めだけれど
『伊豆・三津シーパラダイス』公式サイトで割引券をDLできる。
ケータイサイトでも同じ割引券があって、割引はどちらも400円。

やっぱり海はいいわぁ。
海の風にはいつでも癒される。
海辺に住みたいなぁ…。




というわけで、まだつづく。






癒しの世界。




テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

ゆったりたっぷりのーんびり伊豆旅行③ ~伊豆高原 壱語屋~

ひさしぶりに夢を見た気がする。
滅多に夢は見ないのだ。
見ないのか、覚えていないのかはわからないが
覚えていたとしても1年に2、3回あるかないか。
今朝の夢は目を覚ます直前だったので覚えている。
簿記の学校のクラスメートが出ていた(笑)。
なんでそんな夢を見たんだろう。

そろそろ夢から覚めるべきなんだろうか?
どんな楽しい夢も、いつかは覚める。
永遠に続く夢なんかあり得ないんだ。
現実に目を向けて生きないとな。




というわけで(どんなわけなんだ)、伊豆旅行の話のつづき。

夕食までまったりと温泉で過ごしたあとで
湯冷めしないように厳重に暖かい格好で外に出たら
もう18時くらいだというのに手袋もいらないくらいの暖かさ。
さすが伊豆だねぇ、と歩いて予定のお店に行ったら冬季休業。
暖かいのに冬季休業。
なんといっても冬季休業。

とぼとぼとホテルに戻ってクルマで出直すことに。
135号線を下田方面に向かってみる。
5キロ以上走って、赤沢についたあたりで
下田方面を断念してUターン。
今度は伊東方面を目指して走ってみる。
8キロ以上走って、川奈の付近で断念。
お店がないわけじゃない。
でもせっかく伊豆にきたんだから、と思うと
回転寿司やおそばですますのも…ね。
そう思うとどこにも入れない。
そしてもう19時。

伊豆高原駅の駅ビル?ならきっと開いてるだろう。
そう思って伊豆高原駅の「やまもプラザ」へ。

…ほとんどのお店が19時までに閉店。
飲食店は21時22時があたりまえ!というのは
わたしたちの勝手な思い込みだったのねぇ。
反省。

そんなこんなで開いていたコチラのお店へ。




壱語屋

 伊東市八幡野1183 伊豆高原駅やまもプラザ内
 0557-55-0158





伊豆で焼き肉。
しかもクルマだったからビール厳禁。
なんという拷問。

食べてやる、食べてやる!


壱語屋02-08-09-1


ユッケ750円。


壱語屋02-08-09-2


磯サラダ600円。
この値段でこのボリュームはいい感じ。
シーフードがたくさんでおいしい。



壱語屋02-08-09-3


タン塩1,280円。


壱語屋02-08-09-4


にんにくスープ550円。


壱語屋02-08-09-5


ニンニクスライスがたっぷり。
何個分はいっているかわかんないくらい。
でもニンニクの臭みはぜんぜん感じられなかった。
(と思っていたのはわたしたちだけだったかも…)
コクがあってカラダがあたたまっておいしいスープ。


壱語屋02-08-09-6


ワンコインキャンペーンというわけで
カルビとロースがひと皿500円だった。
でもカルビは硬くて、ロースのほうがうまみがあるくらい。
500円だからショーがないのか。


壱語屋02-08-09-7


〆のコムタンスープ550円。
汁物らばーはスープを2種類食べるのだ!
コラーゲンたっぷり、明日のお肌が楽しみなスープ。

焼き肉屋さんなのに、焼き肉がイチバンおいしくなかった…。
とはいえ、22時まで開いているというだけで
伊豆高原では貴重なお店なのかも!?
ハイシーズンはどうなんだろうか…。




おなかいっぱいでホテルに戻って、部屋でカンパイ。


伊豆高原ビール


伊豆の地ビール、伊豆高原ビール。
左が大室、右が天城。
あっさりしたタイプが多い、著名メーカーのものと違って
個性ある味わいのビールだった。
ちょっと高いのが難点。




カンパイのあとにサプライズを用意しておいた。


izu02-08-09-1.jpg


翌週に誕生日を迎えるトモダチのために
『キッチン山田』でケーキを注文しておいたのだ。
旅行に持っていけるくらい丈夫で常温保存が可能なもので
しかもスイーツがダイスキなのでチョコレートタイプを、という
難しい注文をクリアして作ってくださった。
ビターなチョコレートでカバーされたスポンジには
ラズベリーのジャムがはさまっている。
ほろ苦くて甘酸っぱい、まさに大人のためのチョコレートケーキ。
大喜びのトモダチはあっという間に半分完食。
焼き肉でおなかいっぱいって言ってたのにぃ。
自分のためだけに作られたケーキだからといっても
もう少し大事に食べてくださいよ…(嘆)
喜んでくれたんだから、まいっか。

にっきせんせい、ありがとうございました。






明日のぷる肌を夢見て…




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。