スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の映画

お日さまに誘われて、デジイチぶら下げてぶらぶらしてみた。


03-31-10-1.jpg


ウチの近所じゃまだ五分咲きといったところでショーか。


03-31-10-2.jpg


露出を変えたりなんだり、あっちこっちいじりながら写していたら
1時間近くたっていて、まるで怪しい人みたいだった気も…ま、いっか。




3月も今日で終わり。なんちゅー速さだ。
スーパーマンみたいに地球の自転を逆回転させたいくらいだわ。

っつーわけで、スーパーマンの話題が出たところで3月の映画。
(ごめんね、スーパーマン)


1993年フランス・ニュージーランド・オーストラリア映画 ピアノレッスン
■2008年イギリス映画 ブーリン家の姉妹
■2008年アメリカ映画 WALL・E ウォーリー
■2008年イギリス映画 スラムドッグ$ミリオネア



ピアノレッスン
正直言ってこのタイプの映画は苦手。
「で、何?」って思っちゃう。
観終わったあとで、どーんと考え込まされるのは好きじゃないらしい。
というわけで、フランス映画とはどうも相性がよくないようなのね…。
精神的な人間じゃないんだろうなぁ(苦)。

とはいえ、メインテーマ曲「楽しみを希う心」のメロディは切なくていい。
映画を観ていない人でも一度は聞いたことがあるんじゃないかと思う。





ブーリン家の姉妹
離婚するためにカトリック教会から離れ、英国国教会を開いた王として
西洋史の授業ではヘンリー8世の名前は知っていた。
まぁまぁ歴史好きだし、アン・ブーリンやキャサリン・オブ・アラゴン
ジェーン・シーモアの名前も知っていた。
でも、知っていたのは点として名前を知っていただけで
この映画を観て初めてこの時代の流れがつながった、という感じ。

歴史上の人物も生きていたんだ、という実感がわくのは
俳優たちの名演技があったからだろうなぁ。
この映画を観たあとで『エリザベス』の2部作を観るとなおよいかも。


WALL・E ウォーリー
2本立て続けにおもーいのを観たので、ハートウォーミングストーリーを(笑)。

さすがのディズニー。CGがべらぼうにすごい。
ロボットの質感とかね。そりゃすごいもんですわ。
看板とかチラシとか、ところどころで出てくる文字が
すべて日本語ってのも細かいよね。
公開した国の全部を網羅して作ったのかしらん。
と思ったら、ピクサー作品って吹き替え版は全部そうなっているみたいね。
わたしが観たのは吹き替え版じゃなかったんだけどねぇ。ま、いっか。
毒のない上質な笑いってのはいいもんですな。


スラムドッグ$ミリオネア
感動するどうこうの前に、どうしてもぬぐえない違和感があった。
襲われるイスラム教徒の部分、タージ・マハルでの通訳ガイドの部分などなど。
なんでそんなに流暢に英語が話せるんだ?とかね。
原作があって、原作では描かれている描写がかなりカットされているみたいね。
必要な部分がカットされているからつながらなくなっちゃうわけだ。
3時間映画も普通にあるんだから、もうちょい長くなってもいいので
話に必要なストーリーは描いてほしかったと思う。

あとね、最後のシーンね…
ストーリー的にあれはどうなんだろ?
突然始まったからビックリしたわよ。まぁいいけどさ。
文句言いついでにもうひとつ。
サリームの最後のセリフ。
あれはやっぱり「アッラー・アクバル」にしてほしかった。
英語で言わせるのはどうかねぇ。

文句ばっかりスンマヘン。
経済発展で大国へと進もうとしているインドの抱える問題をきちんと描き
世界へ発信するという姿勢はすばらしいと思いますです。ハイ




         




追記は昨日の宅ヨガ覚書。

昨日の宅ヨガ
【午前中】
バッダ・コーナ
キャット&カウ
スリヤナマスカーラ3セット
ウィラバッドゥラ2
パルヴリッタ・トゥリコーナ
パルヴリッタ・パールシュヴァコーナ
壁を使ったアルダ・チャンドラ
壁を使ったウィラバッドゥラ3
ブルクシャ
ウッティタ・ハスタ・パダーングシュタ
針の穴のポーズ
ストレッチ
シャヴァ・アーサナ

軽く汗ばむくらいの約40分。

【夜】
ゴームカ・アーサナ
バッダ・コーナ




スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 映画

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。