スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチン山田試食会!

春のコートで問屋めぐりをした金曜日とは打って変わって
セーターにダウン、手袋をしないと寒かった日曜日。
寒いんだかあったかいんだか、さっぱりワケがわからんちん。
カラダがおかしくなりそうです。
すでに相当ガタがきてるっつーのにさぁ、もう。





そんなこんなで、雨の日曜日は
たみ改め「ごーじゃす★たみ」(命名:にっきせんせい)と待ち合わせ。
待ち合わせた時点ではまだ、「たみ」だったのだけれど(笑)

あんなところやこんなところへ立ち寄ってから(また後日)
『キッチン山田』のケーキ試食会に行ってまいりました。
前回の試食会に参加したのは2008年の秋のことだったのね。
あれからもう1年半。早いものです。
2008年のときは、たまプラーザにある『ブレーメンの音楽隊』というスクールで開催された試食会。
今回は根岸にある『カフェハンズ』さんを貸し切っての開催となりました。
コーヒー専門店での開催なので、今回は「コーヒーにあうケーキ」がテーマなんだそうだ。
うふふ、コーヒー好きの人間としては、はずせない試食会だわ。

ですが、『カフェハンズ』さんのお店の外観画像はありません。
だって雨が降って寒かったんだもん…スミマセン




気を取り直して、暖かい店内での試食会の模様。


キッチン山田03-08-10-1


司会は前回に引き続き、本牧マダムことシュール・リーさん
マダムの司会ぶりもすっかり板についています。ホントダヨ!
にっきせんせいのご紹介のあとはせんせいのごあいさつ。
試食会当日にもケーキの注文があったそうで、激務をこなし、ややお疲れの模様。
お忙しいなか、こういう会を催してくださって感謝感謝です。

そしてまずは最初の二品登場。


キッチン山田03-08-10-2


奥が①「トルテ・シュペッアル」手前が②「トルテ・マリア・テレジア」
あわせていただくコーヒーは「ペルー」。

①トルテ・シュペッアル 発音すると舌を噛んでしまいそうな(わたしだけ?)名前のチーズケーキ。
実はチーズケーキはあまり得意ではないのですわ。チーズはダイスキなのに。
チーズケーキっていうと、ねっとりまったりやたら味が濃い
そんなイメージを持っていたのです。たぶん、出会いがよくなかったのね。
このトルテはチーズのコクを十分に生かしながら、レモンの酸味が効いていて
今まで食べたチーズケーキとはちょっと違う感じ。
今回6種類のケーキをいただいたんだけど、わたし的には
このトルテが一番コーヒーにあうケーキだったと思う。
②トルテ・マリア・テレジア 小麦粉を使わないココア生地にムースがはさんであるトルテ。
小麦粉を使わずにスポンジを焼くむずかしさを説明するせんせいを横目に
あーでもないこーでもない、とホワイトバランスを変えたり構図を変えたり
まったく説明を聞かずに撮影をしまくりました。このケーキ2種類だけで20枚弱。
マリア・テレジアという女帝の名前を冠したケーキに描かれた、ト音記号がかわいい♪


キッチン山田03-08-10-3


③「トランシュ・ア・ロランジェ」④「マカロン」
コーヒーは引き続き「ペルー」

③トランシュ・ア・ロランジュ オレンジ風味の焼き菓子。
このお菓子が柑橘系お菓子に弱いわたしのハートをわしづかみ!
全6種類のスイーツを食べきるため、小胃袋星人は①②は半分食べただけ。
でもこのトランシュ・ア・ロランジェは完食。
フォークを止められなかった、というのが正しいかも。


キッチン山田03-08-10-4


パイというには硬く、タルトというにはさっくりした生地の間のケーキクラムは
②のトルテ・マリア・テレジアの試作の端っこを使っているんだそうだ。
その端っこをマリエンホーフ社のオレンジリキュールに浸してあって…おいしくないわけがない!
6種類のなかで、一番好き♡


キッチン山田03-08-10-5


ここで胃袋小休憩?
せんせいと『カフェハンズ』のマダムによる、ケーキデモンストレーション。
皆さんがせんせいの手元を食い入るように見つめ、メモを取る様子を
後ろから撮影しているわたしっていったい…。

思うにわたしは根っからの「消費する」側の人間であって「作る」人間ではないのですね。
食べ物然り、縫い物然り。「創造する」能力が欠如しているらしい。
自分にあったらいいな、と思う能力は「表現する」能力なんだけど
文章力もなければ弁論力もない、写真や絵で表現する力もなさそうだわ。残念ながら。

長い間自分には何の能力があるのか?と問い続けた結果、最近になって自分の秘めた能力に気がついた。
「能力のある人間と知り合う」能力。
スイーツを作る力も気もないわたしが、スイーツ作りのダイスキな人たちに混じって
こんな試食会にのこのこと参加していることがその証拠。
家庭科なんてダイキライ!なわたしがネットショップで手作り品の販売をしているんだもん。
それもこれも全部周りの人のおかげ。自分の能力、バンザイ!




そんなことをぼんやり考えていたら、デモンストレーションは終了。
最後の2種類のケーキの登場です。

2種類のうちのひとつはホールで残っている、というので
見た目も華やかなケーキの撮影会開始!


キッチン山田03-08-10-6


あらら、横からマダムの白魚のような手がぁ(爆)。
撮影のタイミングがばっちりあってしまったみたい。


キッチン山田03-08-10-7


⑤「バラとライチのムース」 こちらもマリエンホーフ社のローゼンリキュールを使っているんですって。


キッチン山田03-08-10-9


上にのっているバラも食べられるバラ。わたしのには乗ってないよー!と騒いでいたら
ごーじゃす★たみと、隣に座っていたるる♪さんが乗っけてくれた(笑)。
いい年したオバチャンがこどもみたいにスミマセン。
ライチとバラの組み合わせ、合わさると桃のような香りになるのね。
ラデュレのバラのマカロンはすごく香りがきつくて苦手だったけれど
ほのかに香るこのローゼンリキュールならいける!
日本人には控えめなくらいがいいのかも、なんて思ったわ。


キッチン山田03-08-10-8


左のが⑥「ヒムベーレ・トルテ」 ラズベリーとヘーゼルナッツのトルテです。
ヘーゼルナッツが入ってるから重たい感じになるのかと思ったら
ラズベリーの甘酸っぱさが引き立って、かるーく食べられる。
⑤と⑥にあわせたコーヒーは「パナマ」。
わたし的には「ペルー」のコクと苦味のほうが好みだったなぁ。


キッチン山田03-08-10-10


デモンストレーションで作っていた「ガトー・オ・バナーヌ」
ココナッツのよい香りを振りまきながら焼きあがってきたんだけど
室温で4~5日寝かせてから食べるものなんだって!
香りだけタンノーさせていただきました。
この「ガトー・オ・バナーヌ」は『カフェハンズ』で
3月15日から15名様限定でいただけるそうです。
なんで近所じゃないんだー!


キッチン山田03-08-10-11


帰りがけに『カフェハンズ』のマスターに選んでいただいたコーヒー豆。
両方とも深煎りでコクがあるものなんですって。楽しみー♪


キッチン山田03-08-10-12


おみやげにはにっきせんせいの焼き菓子2種類と
せんせいのケーキ教室の生徒さん「午後のSさん」手作りの
こんなにステキなプレースマットをいただいちゃった!
プレースマットは1枚1枚柄も違うみたい。すごい。
ますますわたしの能力バンザイ!だわ(違)!!




おいしくて楽しくて、あっという間の2時間半でした。
るる♪さん、ブレーメンのお教室の皆さん、ありがとうございました。
ちーさんとちーさんのお友達の方とは色々お話できて楽しかったです♪
マダム(もうマダムってインプットされちゃった!)ともお話できてよかったですー。
ほかの方々とはあまりお話ができなかったのですが、ありがとうございました。




ネット社会の悪い面ばかりがクローズアップされて報道されたりしているけれど
こういうステキな出会いもあるんです。大人の集まりっていいな、と思いました。
にっきせんせい、お疲れさまでした&こういう場を作ってくださってありがとうございました。




カフェハンズ

 横浜市中区根岸3-143
 045-625-3922
 木曜第3水曜定休日
 11:00~20:00





スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : おいしい

コメント

Secret

ゴージャスタミさんとのご参加、ありがとうございました!
バラの紙ナプキン、効果的に写真に使っていて、さすがだ!
今回私は自分では写真を撮っているヒマがなかったので、みなさんの写真がとても嬉しいです。るるさんともおしゃべりできたようで、良かった。私は本当にゴージャスタミさんが初対面とは思えなかったです(笑)

あーー!なんざましょこの自己主張の固まり的割り込み(脂汗)!
ごめんなさいごめんなさい、あのバラとライチのムース、どう頑張っても
きれいに撮れなくて周りが目に入っていませんでした。
そして、テンパっていた私が全く気づいていなかった
沢山のレポート、とても楽しく拝読しました。
(ソウカ、ト音記号ガ描イテアッタンダー)
レフアさんの記事を読んですっかり満足して、
自分のアップはもういいかな~と…ダメ?
ゴージャス★タミさん(ぴったりなネーミングです)、
私もお会い出来て感激でした。
著名な女流版画家さんを連想致しました。
どうぞよろしくお伝え下さい。
本当に、こういう大人の集いって素敵ですね。

■にっきせんせい

職人山さん、お疲れさまでした!

バラの紙ナプキンは、お皿に残ったケーキの食べカス隠しに使っただけで…(汗) とにかく午後のSさんのプレースマットを汚しはしないかと、それが一番の気がかりでした。万が一汚しちゃったら、誰かがトイレに行った隙に取り替えよう…なんて不届きなこともアタマをよぎったとか。細心の注意をはらったおかげで、無事持ち帰ることができました。お礼を言えなかったので、よろしくお伝えくださいませ。
そうそう、わたしには午後のSさんが旧知の間柄のように思えました(笑) いつかはSさんのキルトを拝見してみたいなぁ。

■シュール・リーさん

あのケーキを目の前にしたら、テンションあがっちゃいますよー。
白熱灯下の撮影、わたしも苦手です。目で見えるとおりに撮影できればいいのに、っていつも思います。

ごーじゃす★たみも「創造する」側の人間なのです。アーティスティックな雰囲気がその版画家さんと共通するのかしらん?
「消費する」しか能のないわたしには、ごーじゃす★たみやにっきせんせいのような人たちと知り合えたことが大きな大きな財産に感じます。こういうご縁は大切にしたいです。マダムももちろん、これからもよろしくお願いします!

では、ブログアップを楽しみにしてまーす!うひひひひ。
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。