スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでも楽しまないと、ね。

男子フィギュア、面白かったわぁ。
高橋大輔の演技にはオバチャン、思わず目頭を押さえたわ。
十字靱帯断裂なんていう困難を乗り越えて
よくがんばったわよねぇ…ってね。
その苦労が実っての銅メダル、ほんとによかった!オメデトウ!

織田くん(なぜか「くん」をつけてしまう)はザンネンだったねぇ。
でもすごく立派だったと思う。
オリンピックという大舞台であんなアクシデントがありながら
やり直して最後まで滑りきったことは
きっとこの先の織田くんを強くするだろうね。
よくがんばったよ、アリガトウ。

小塚選手(なんで呼び捨て・くん付け・選手とバラバラなんだ?)も含めて
日本の3選手はみんなとてものびのびと楽しそうに滑っていて
それが観ていてとても気持ちよかったと思う。
メダルを!できるだけ上位を!って期待しちゃうからね。
わたしもそうだけどさ。
そんな国民の期待を背負っていながらも萎縮せず
自分のために本来の力を出し切るのはタイヘンなことだと思う。
ほんとお疲れさまでした。

それにしても。
プルシェンコってサイボーグみたいだよね。
いや、決して悪口じゃないんです。
むしろ好意的に言っていると思っていただきたい。
なんていうか、あの大舞台で4回転+トリプルのコンビネーションを
ああもきっちり決めてくるあたりがどうも人間味が薄い。
そういう意味なんです。
ランビエールはディズニーの王子さまのモデルって感じ。
ヨーロッパあたりの王子さまを漠然と想像したとき
あんなタイプの男性を思い浮かべるのはわたしだけでショーか?
実に華のあるスケーターだわ。




そんな感じで男子フィギュアを楽しませていただいたわけだ。
日々の暮らしも楽しむように生きていけるといいんだけどね。

たとえば「大草原の小さな家」の家族の暮らし方。
毎日同じような日々の繰り返しは、現代と比べるとさぞ単調だったのではないか思う。
それでもローラは生き生きと楽しんで暮らしていたようだ。
やっぱり日々の暮らしのなかに「小さな」楽しみ「小さな」しあわせ
そういった小さなものを見つけることが大切なんだろうなぁ。
今日はひさしぶりに晴れてうれしいな、とかね。
陽が射すのは当たり前のことだけど、それを当たり前と受け止めないこと。
うーん、むずかしい。

日々の暮らしのなかで、わたしが一番簡単にしあわせになれるのは
今日もおいしく食べられてうれしいなってことかもしれない。
健康で、おいしい食事を食べられること
これが楽しくなれる手っ取り早い方法かも。

2010年の目標に「①シンプル②ヘルシー③チャレンジ」を掲げ
最近ではなるべく外食を控え、ウチメシをしているわたし。
そういえばここのところ食べ歩き記事も少ないはず!
ああ、だからあんまりしあわせを感じないんだ…(笑)

でもね。
食事がおいしれければ、あとはどうでもいいってワケじゃない。
楽しい雰囲気で食べること。これも重要。





健康診断の結果が出て、再検査に向かった日のこと。
気の進まない用事だったので、せめておいしいものを食べて景気付けをしようと
コチラのお店でひとりメシをすることに。


新宿割烹中嶋


『新宿割烹 中嶋』
新宿駅から徒歩5分圏内にある、タイヤ会社から★をもらっているお店。

11:30の開店にあわせて11:27頃に到着したら、すでに10人近くの行列がっ!
ほとんどの方がひとり客。
カウンターにずんずんずんと順番に座らされて
最後のほうにカウンターの端っこに座ることができました。

注文をしておとなしく待っていると、11:40には全席満席!すごい!
2人以上で来るならランチでも予約しないと
かなり待つことになるかもしれないなぁ。

ランチ、いやお昼のお献立はすべて鰯料理。
刺身定食、フライ定食、煮魚定食、塩焼き定食各800円。
柳川鍋定食は900円。
たとえばフライ定食にプラスしてお刺身をつけたいな、ってときには
600円でお刺身をつけたりしてくれるらしい。
まぁ小胃袋星人にはそんな芸当はできませんが。


新宿割烹中嶋


これが刺身定食。
注文してから鰯をさばいてたたき風にしてくれます。
作り置きじゃないってところがさすが、★ひとつです!


新宿割烹中嶋


冬でもおいしいんだから、鰯の旬=夏にはもっとおいしいんだろうと思う。
隣の人の柳川鍋もおいしそうだったぁ。

またぜひうかがいたいです!




と、書きたいところですが。
ちょっと気になったのが、板さん。
わたしの目の前で仕事をしていた板さんが、なんと言いますか
板前社会の見えるはずのないヒエラルキーを感じさせる人でねぇ。
もうひとりの若い板さんに対しての態度とか言葉の投げかけ方とか
もちろん大声で怒鳴ったり、あからさまに怒ったりしてるわけじゃないんです。
それでも「オレは機嫌悪いんだよ」って空気がムンムンで。
ただでさえ食べるのが遅いわたし、板さんがこわくて
一生懸命急いで食べなきゃって気持ちになりました。

どんなにおいしい食事でも、気分が楽しくなけりゃ×。
楽しい気分で食べたいわ。
逆に、それほどおいしいものでなくても、気分が楽しければ何割増かになるはず。

苦言ついでにもうひとつ。
白木のカウンターに透明にビニールクロス。あれはないわ。
あのクロスをしたまま夜の割烹タイムに入るとは思えないし
ランチタイムだけのものなんでしょうかねぇ?
白木のカウンターにお醤油をこぼされたりしちゃたまんない
そういう意味でクロスをしているんでしょうが、実に興ざめ。
800円を900円に値上げしてもいいからやめていただきたい。




新宿割烹 中嶋

 新宿区新宿3-32-5 日原ビルB1F
 03-3356-4534
 日曜・祝日定休日
 11:30~14:00 17:30~22:00





次回は夜の部にチャレンジしてみたいデス。




スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : おいしい

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。