スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪花節だよ、人生は戦場のメリークリスマス!

メダル2個げっと★で燃えるバンクーバーオリンピック。
テレビで見てると、桜も五分咲きというウワサのバンクーバーよりも
東京界隈のほうが寒いんじゃないかって思える!

今日はひきこもり予定日。
ネックウォーマーをしてレッグウォーマーをつけて、しっかり防寒。
稼ぎのないヤツは昼間の暖房を節約するのさっ!ははははは。





昨日もそんな寒い1日だったけど、ひさしぶりのお集まりで品川へ。
会社のほぼ同期、みゆきちゃん、まみちゃん&みさの4人会は
湘南やら埼玉やらあっちこっちからの集合になるので
移動時間もムダにしたくない、と品川駅近のお店をセレクト。

ハイ、外観は撮り忘れましたよ『Oyster Bar ジャックポット 品川』
品川駅港南口にどどーんとそびえ立つ、グランドタワーの地下にあります。
ランチタイムはサラリーマンやOLでごった返すと思われるので
開店時間に合わせて待ち合わせ、すんなり座ることができました。


Oyster Bar ジャックポット 品川


ランチセットのサラダはボリューミー。
「近頃野菜が高いんだから残しちゃダメよ!」賢い主婦、みさから檄が飛ぶ!
小胃袋星人は品川サラリーマンの胃袋の大きさについていけるだろうかと不安。


Oyster Bar ジャックポット 品川


汁物らばーは「カキと野菜ゴロゴロのクリームシチュー」♡
家でシチュー系を作るとしたらカレーになっちゃって
めったにクリームシチューは食べないのでうれしいわん♪
っつーかこのシチュー、野菜ゴロゴロしすぎじゃないすか?
量も味も家庭のシチュー、という感じ。大満足デス。

12時を過ぎるとお店は満席、外には行列。
いくらオバチャンでも長居はできない状態なので
高輪口に移動して、高輪Wingのアフタヌーンティーへ。


02-17-10-1.jpg


ぐぇーくるしいーとか言いながら、スコーンを頼んじゃった。
でもここのスコーンはわたし好みの味じゃない。
ちょっと粉っぽくて、しっとり感が少ないのね。
1年くらい前に吉祥寺の『TEA MARKET Gclef』で食べたスコーンがおいしかったなぁ。
あそこは生クリームじゃなくてクローテッドクリームだったし。
チェーン店でクローテッドクリームは求めすぎですかねぇ。
というわけで、ちょいとお残し。スミマセン。




Oyster Bar ジャックポット 品川

 港区港南2-16-3 品川グランドセントラルビルB1F
 03-5780-6955





短い時間だったけど、たくさんしゃべって大笑い!
いっぱいパワーをもらえました、ありがとう。
おかげで気の進まない用事を果たしに行く気になったのだ。

ここから先、ちょいと長くなります。





ことの起こりは12月の健康診断。
結果が来たのが1月第2週だった。
マンモ中に貧血を起こしたり、体調が悪いのは自覚ありだった。
とはいえ、どこかが痛いなどの症状があるわけではなく、骨粗しょう症の結果が気になるくらい。
しかし報告書に記載されている結果は想定外のものだった。

身体計測:C これはやせすぎによる、いつものこと
上部消化管:E 3年ほど前から胃にポリープがあるので、これもいつものこと
子宮癌検査:D 要再検査

問題は子宮癌だった。
細胞診判定 クラスⅢa:悪性を少し疑う。軽度・中程度異形成を想定。このクラスから5%程度癌が検出される。

1月の月経終了後に再検査をしなければならなくなって
気の進まない用事だと言いながら再検査をしてきたのが1月下旬。
ポジティブ(ガンに進行する可能性があるタイプ)かネガティブ(進行しないタイプ)か
それを調べる検査だった。

モヤモヤとしたキモチを押さえ込むようにして博多に行って
(そういえば博多の話もまだ途中だった!)
悪いことはなるべく考えないようにしてきた3週間。
トモダチからパワーをもらって検査結果を聞いてきた。

ポジティブ。
というわけで、今後最低2年間は4ヶ月おきくらいに要検査、となった。

「ポジティブ」ってのはいい言葉だと思っていたら
「ネガティブ」なほうがいい場合もあるんだね。




わたしが発病するかもしれない子宮頸がんは、亡くなった坂井泉さんと同じ癌。
発症する患者の多くは20~30代らしい。
逆に50代~になると子宮体がんが多くなるんだそうだ。
そして子宮頸がんは、癌のなかで唯一原因が明らかになっている癌
その原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルス。
このウイルスはわたしたちの身の回りにあふれているウイルスで
経験のある(何の経験だかはお察しください)女性のうち
80%が一生に一度は感染するものなんだそうだ。

ただ、HPVに感染しても90%以上は体内から自然と排出されるので、発症することはあまりない。
免疫機能が弱っているなどの原因により、HPVが排出されず感染が長期間続くと
子宮頚部の細胞の異形化やガン化につながるらしい。

ここでもう一度繰り返すと、子宮頸がんは癌のなかで唯一原因が明らかになっている癌なのだ。
発がん性HPVのなかでも16型、18型が最も発がん性が高いウイルスだとされている。
そしてこの16型18型予防のワクチンがあるのだ。
このワクチンを打てば、最も発がん性の高い16型18型による感染を
ほぼ100%予防することができる。
海外では100カ国以上で使用されているこのワクチン
日本では2009年9月にやっと承認され
2009年12月から接種可能になった
んだそうだ。
なんという遅れっぷり…もっと早く認可されていれば、坂井さんはまだ歌っていたかもしれないのに。
わたしだってよけいな心配をしないですんだかもしれないのに。

そしてこのワクチン、欧米先進国では国費負担で接種できるらしい。
なぜならワクチンを打てば、ガン患者が必ず減る=医療費削減できるから。
けれど日本ではまだ全額個人負担。
1、2回の接種では十分な抗体ができないため
半年間に3回の接種が必要で、1回にかかる費用は約15,000円。
約50,000円の出費が必要だ。
ガンの治療費には数百万円かかるらしい。
保険で補えたとしても、家族の負担などを考えると
50,000円は安いものなんだろう。そう考えなければ。

まだ若い女性の方はもちろん、わたしのように半世紀近くを生きてきた女性でもワクチン接種は必要。
なぜなら、60歳になっても70歳になってもガンは発病するものだから!

もちろんワクチンは予防するもので治療にはならない。
でも、わたしのように発症してしまった人間でも
ラッキーにもウイルスが排出されてネガティブに戻ることもある。
その場合、ワクチンを接種しておけば次の発症を防ぐことができるのだ。

生まれて初めて自分自身に「ガン」の可能性があることを知り
こんなに重大なプライベートなことをブログで書くのはどうか
1月の診断結果から約1ヵ月、すごく悩みました。
親しいトモダチにも話そうと決めたのは、ここ数日のこと。
最終的に書こうと踏み切ったのは、ひとりでも多くの女性に
HPVのことやワクチンの存在を知ってほしかったから。
特に女の子をお持ちのお母さん。
10代前半のうちに受けさせてあげてください。
このブログを読んでいただいたすべての女性の皆さん。
ワクチン接種と、毎年の検査を忘れないでください。
現在、自治体では20歳以上の女性すべてを対象に
子宮頸がんの検診を行っているはずです。
費用一部負担の自治体もあるかもしれない。
婦人科健診には抵抗があるかもしれない。
でも、自分のカラダを守るのは結局は自分の判断です。
ワクチンは高いけど、できれば接種したほうがいいと思います。
わたしも接種しようと思っています。
男性の皆さんは家族や恋人や大切な女性に勧めてあげてください。

子宮頸がんの情報サイトのURLはコチラ。
allwomen.jp

まだガンに進行していないので、けっこう冷静な自分。
でも高齢の両親のことを考えるとねぇ…。
台湾では50歳を過ぎてから財産ができるって占い結果だったし
こんなところでくたばってる場合じゃない!
まだまだ憎まれっ子世にはばかりますヨー。




っつーわけで最後に。
健診もワクチンも国費負担にしてくれよー!




スポンサーサイト

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 子宮頸がん

コメント

Secret

このワクチンのニュースは時折耳にしておりました。
子ども手当てもいいけれど、日本政府の取り組むべき課題、
こちらの方(ワクチン国家負担)が急務ですよ。
レフアさんはこれからワクチンを接種されるのですね。
やはり検査は大切ですね。
レフアさんのその状態が今分かって本当に良かった。
良くなりましょう。絶対に回復しましょう。
実は私も1月の主婦検診で子宮頚がん検診を受け
D12でClass2という評価で異型細胞が見つかりました。
1年後に婦人科を受診するようにという指示が出ています。
その後ちょいと停滞しているのですが。。。
(横浜で自分の納得いく婦人科が見つからないのです)
このように書いて下さって私もまた改めて自覚しました。
本当、こんなことで今死ぬわけにはいきませんよね。
絶対ふたりで、くそばばあ(レフアさんはキュートなおばあちゃまね♪)になるまで頑張りましょう。
とにかくお大事にして下さい。

■シュール・リーさん

体調不良の自覚はあったといえども、軽く考えていたのでまさに青天の霹靂状態。情けない話ですが、1ヵ月がたち、やっときちんと受け止めようという気持ちになったというところです。
シュール・リーさんのおっしゃるとおり、検査を受けたおかげで現段階での状態がわかったのだからラッキーだったのでしょう。今ならもしガンに進行しても初期段階での処置ができるのですから。
ワクチンに関しては、「受けなきゃよかった」と思うことは生涯ないだろうけれど、「受けておけばよかった」という後悔をする可能性はあるかもしれないので受けようと思っています。5万円は大金で、5万円あれば台湾に行かれる、韓国でエステ三昧できる…という換算をしてしまう自分もいるのですが…。

シュール・リーさんもご自分が納得のいく対応をしてくれる病院が見つかりますように。病院選びって大変ですものね。わたしも万が一の場合に備えてセカンド・オピニオンのための病院を探そうと思っています。
年金をもらわずに死ぬわけにはいきません!掛け捨てになっちゃうじゃないですかっ。
くそばばあになったシュール・リーさんなんてイメージできないわ(笑)。わたしはイジワルばあさんになってしぶとく生きなくちゃ。お互いがんばって生き抜きましょう。
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。