スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の映画

12月はなにかと時間の余裕がなくて、録画しておいた映画もたまる一方。
1月はがんばって映画消化月間にするぞー。


■2007年アメリカ映画 JUNO
■2008年アメリカ映画 カンフーパンダ
■2008年日本映画 グーグーだって猫である
■2006年中国映画 王妃の紋章
■2008年アメリカ映画 センター・オブ・ジ・アース





■JUNO
16歳の女子高校生が妊娠したことにより
人間として大きく成長していく姿を描いている映画。

この映画に勇気をもらい、アメリカでは女子高校生が
妊娠するという現象がたくさんあったっていうのは本当なのか?
世間は映画のなかのように甘くはないだろうがっ。
といのが、日本のオバチャンの最初の感想。

中絶と出産のどちらかを選ぶか、という是非については
なんとも結論出しがたい問題だと思う。
特に宗教観、倫理観の違う国の話だしね。
ただ、これはあくまでも映画。
両親や周りの理解が得られるか
赤ちゃんにとって理想の養子縁組ができるか
現実にはそううまい話があるわけではない。
この映画を観て、妊娠について真剣に考えるきっかけになるならばよいと思う。
いらん勇気をもらって暴挙には出てほしくはないよなぁ。

里親役のジェニファー・ガーナー。
ドラマ『エイリアス』でスパイ役を体当たりで演じていた彼女が
こういう一般人の役を演じているのがなんだかフシギだったわー。


■カンフー・パンダ
主役のパンダ・ポーにジャック・ブラック
シーフー老師にダスティン・ホフマン
マスター・タイガーにアンジェリーナ・ジョリー
マスター・モンキーにジャッキー・チェン
マスター・ヘビにルーシー・リュー
もういい!ってくらいに豪華な声優陣。

ストーリーはこども向けにわかりやすく、
主人公=パンダがカンフーの達人として成長していく姿を描いている。
でも「あれ?どこかで観たぞ」的なエピソードがちりばめられていて面白い。
どうみても『スター・ウォーズ』だよなぁ、とか
『スネーキーモンキー 蛇拳』みたいだなぁ、とか。
そういう隠し味の効かせ方がうまいよね、ドリームワークス。

こういう水戸黄門的勧善懲悪ストーリーは
毒もなく、安心して観ていられるのでホッするわー。


グーグーだって猫である
小泉今日子演じる漫画家小島麻子が描くマンガが
やけに大島弓子の絵に似ているなぁ、と思ったら
この映画の原作そのものが大島弓子のエッセイマンガだったのね。

「住みたい街ナンバー1」に輝く吉祥寺が舞台。
大島弓子の原作だけあって、現実と夢の世界がごちゃ混ぜになったような
フシギな雰囲気に満ちている。
『綿の国星』のちび猫が猫でありながら、人間の少女の形をしているように。
今思えば、あの猫耳ってコスプレの原点なんじゃないかっ!?

「わたしはあなたより年上だったのよ」という猫サヴァの言葉が印象的。
ペットって人間よりも早く年をとってしまうんだよね…。


王妃の紋章
唐代の中国の宮廷ってあんなにゴージャスだったんでショーか?
絢爛豪華という言葉を今までむやみに使ってました、スミマセン。
謝りたくなるくらいのきらびやかさですわ。
しかも宮廷に仕える人の人数、あれはいったい!?
どこにあれだけの人数が住んでいるんだろう…中国4千年のフシギ。

『HERO』のチャン・イーモウ監督。
彼の色使いがすごい。
色鉛筆をばらまいたような多色使いなんだけれど
バラバラではなくまとまって見えるんだもん。
あとスローモーションの使い方がジョン・ウーっぽい。
あれは中国映画の伝統的手法なんですかねー。


センター・オブ・ジ・アース
「海底二万マイル」のジュール・ベルヌの「海底旅行」が原作。
『ハムナプトラ』のブレンダン・フレイザー主演。
東京ディズニーシーの「センター・オブ・ジ・アース」のように
トロッコで地底をジェットコースターばりに移動するシーンももちろんあります。
ハラハラドキドキ満載、でも誰も傷つかず、無事生還。
こどもと一緒でも安心の1本。




    

結局、5本しか観てないから消化月間にはならず…。




スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : 映画

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。