スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑くて熱くてアツイ台湾てくてく歩記⑬ お待たせしました?故宮博物館

午前中、美容院に行ってきたわ。
家を出るときには小雨程度だったので、自転車で強行突破。
やってもらってる間に雨脚はどんどん強まり、トホホ状態に。
合羽を借りて帰ってきたとさ…チャンチャン!

こういうときは「ルーラ」があればいいと思う…もちろん、どこでもドアでも可。





さてさて。
台湾のつづき、まだまだ先は長いぜ。
というわけで、5日目の話。




5日目はホテルで朝食をとらずに出発。
復興北路から民生東路へ、なるべく通ったことのない道をてくてく。


台湾10-07-09-1


台北の朝の出勤時間。
原付のステップにこどもを立たせている人が多いの。
見ているこっちが怖いからやめてほしい!と思うわー。

民生東路から松江路を通ってコチラのお店へ。


台湾10-07-09-2


『大吉林 涼麺』
店名にあるとおり、涼麺のお店なのだ。


台湾10-07-09-3


ここも小さな食堂なのよ。


台湾10-07-09-4


メニューはこれだけ。
看板料理の涼麺は大で約120円、やっすーい!


台湾10-07-09-5


台湾10-07-09-6


相方が頼んだ炸醤涼麺(大)。


台湾10-07-09-7


わたしが頼んだ涼麺(大)。
大でもそんなに大きくないので、ボリュームにやられることはないのがよいわ(笑)。
冷やし中華の胡麻ダレ、という感じかな?
具はきゅうりのみ。
麺がくっつかないためか、ちょっと油っぽいのが難点。
生のニンニクのみじん切りも入っているので、ニンニクに弱い人は要注意かも。


台湾10-07-09-8


汁物らばーの味噌加蛋湯。
まさにお味噌汁、です。おいしいいいいいいいいいい。


台湾10-07-09-9


相方の蛋花湯。
こっちもおいしいけれど、味噌加蛋白湯のほうが断然好み。
この味噌加蛋湯と『山西刀削麺』のチャーハンの組み合わせができたら最強!
ああもう一度食べたい。

どっちのお店も看板料理じゃないのを選ぶわたしっていったい…ま、いっか。




安くて満足の朝食のあとは、ふたたびてくてく歩いてMRT淡水線「民権西路」駅へ。

歩き回っていると、こういう段差が気になるのよね。


台湾10-07-09-10


歩道なのに、なぜこんな段差が生まれるんだろう?
と、台北市内の都市計画にギモンが生まれるくらいに段差が多い。


台湾10-07-09-11


足の不自由な人やベビーカー、お年寄りはどうしているんだろう。
足腰が達者なうちに台北に来ておいてよかった、なんてちょっと思ってしまったわ。
もう少しバリアフリーな都市になればいいのにね。





そんなことも考えながら「民権西路」駅から淡水線に乗り、「士林」駅で下車。


台湾10-07-09-12


改札口を出て、すぐの大通りでバスに乗り換え。


台湾10-07-09-13


目的地までは紅30、S18、S19、255、302などいくつかの路線が通っているなかで
紅30だけが建物の正面の停留所までバスが行くらしい。
ぜひ紅30で行きたかったんだけど、先に302バスが着ちゃったわ。


台湾10-07-09-14


目的地の手前に大学があるので、大学生がいっぱい。


台湾10-07-09-15


目的地に到着。バス代は15NTドル/1人。


台湾10-07-09-16


「公為下天」
「天下ハ公ノ為ニアリ」孫文の言葉が掲げられた門をくぐり


台湾10-07-09-17


2頭の獅子のお出迎えを受け(ちなみに2頭とも口があいていた)


台湾10-07-09-18


「ラストエンペラー」を思い出したり


台湾10-07-09-19


青空と建物の白のコントラストが目にしみたり…









っつーか、暑い!!!!!

ハンパなくあついいいいいいいいいいいいい。





この青空をこれから台湾に行く人たちにわけてあげたい…。


台湾10-07-09-20


紅30バスに乗りたかったぜ…と、思いながら『故宮博物館』に到着。




暑さと陽射しと照り返しに倒れそうになりながら入館。
入館料は160NTドル/1人。


台湾10-07-09-21


日本語音声ガイドのレンタルもあり。100NTドル/1台。

※注 レンタル時に身分証明書の提示が必要です。
コピー対応ではなく、身分証自体を預けることになります。
外国旅行では身分証明書=パスポートになると思うのですが
わたしはパスポートを預けることにちょっと抵抗を感じたので
日本の運転免許証でもよいと言われ、運転免許証を預けました。




館内はとても広く、ランチタイムをはさんで約5時間の滞在になったわ。
長いこといると寒くて凍傷になりそーなくらいに冷えてます。
長居する予定の人は上着を忘れずに…。

あと、団体客(どこの国とは言わないが)のマナーが非常に悪く
ツアー客同士で賑やかに話し合ったり、携帯で話したり
時にはガイドさんが大声で説明したりしている場面にたびたび出くわすのよ。
博物館や美術館の、あの張り詰めたような空気はまったくないのね。
もうそれはお国柄ってことであきらめて、彼らがその場を立ち去るまで
じっと待つしかないって感じだったわ…。

それでも有名な白菜や豚の角煮、繊細な技術が施された陶器類や
小さな芸術品は素晴らしかった。
ゆっくりじっくり時間をかけて見ることをオススメします。




『故宮博物館』でのランチの模様はつづきで…




スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

tag : おいしい

コメント

Secret

これぞ、旅!!

私もかなりの旅好きですが、ほとんどが娘や女友達との女性旅なので、バスや電車を使っての移動は
不安でなかなか出来ません・・・。(^_^;)
本当はこんな風に移動するのが旅の醍醐味ですよね。(*^^)v

■HEEさん

今までは旅というとハワイが多かったので、レンタカーがほとんど、せいぜいバスに乗るくらいでした。今回は地下鉄、バス、列車といろいろとチャレンジをして、ちょっとだけ冒険したような気持ちになりました(笑)。
ウチの相方は「旅のレベルがあがったような気がする」と言ってます(爆)。

女性だけだと不安ですよねー。でも台北市内の地下鉄はとても清潔で安全、ぜひチャレンジしてみてくださいね!
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。