スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月と9月前半の映画

お昼過ぎに携帯から修正をかけたら、内容がすっかりおかしくなってる!
ので思い出しながらまた書いたのだ…。





ねむねむ状態が続いている。
きっと昼寝も気持ちいい季節になったってことよね!
と、こういうときだけミョーに前向きなんですがががががが。




8月は外出が多かったりなんだりで、映画もロクに見ず
本は1冊も読まずじまいという結果になってしまった…。

マァアレダ
秋がくーればおもいだすー♪ってことでよし!
さらに前向きでいいぞいいぞ!(ホントカ?)




そんなこんなで、8月と9月前半に観た映画。


2008年アメリカ映画 幸せになるための27のドレス
■2008年日本映画   ハンサム★スーツ
■1985年アメリカ映画 コーラスライン





幸せになるための27のドレス
主演のキャサリン・ハイグルを観るのは『ロズウェル』以来だったので
イザベル役をやっていたあのコが大きくなったわねぇ…
というのが、オバチャンの感想第1弾。
ドラマ『グレイズ・アナトミー』は観ていないのですわ。

妹をはじめとした他人に尽くすことばかりの人生を送ってきたヒロインが
自分の本当の幸せをつかむために変わっていく、というストーリー。

アメリカの映画とかドラマを観ていて思うこと。
仲良しグループ(姉妹もあり)の間で、彼氏をとったりとられたり
別なことで裏切ったり裏切られたり、罵り合って殴りあったりして
よくまぁ、そんなことがあったあとでもトモダチでいられるよ!って思う。
最後には泣きながら「アイシテル」ってハグしちゃったり。
自分にはとてもできないわ、と思うわたしは根っからのネガティブ人間なんだろうか?
『ビバリーヒルズ』以来の謎ですわ。

『X-MEN』のジェームズ・マーズデン。
『ヘアスプレー』から『魔法にかけられて』を経て、はっちゃけっぱなし!
これからもロマンティックコメディの出演が続いているらしいし、楽しみー♪


ハンサム★スーツ
鈴木おさむ脚本の映画。
ドランクドラゴンの塚地演じるブサイクな主人公が、ハンサムスーツを着ると
谷原章介演じる超二枚目の光山杏仁に変身できる、というあり得ないストーリー。
『スター・ウォーズ』でも『20世紀少年』でも、現実にはあり得ない話なので
この映画もあり得ない話、と割り切って観て面白い。

ぶっちゃけ話のオチは途中でわかってしまったけれど
出演者自身たちが演技を楽しんでいるようで、それが伝わってきて楽しいの。
谷原章介のオーバーなりアクションも笑える。

杏仁の大きなシアワセと、本当の自分の小さなシアワセ。
主人公の琢郎はどちらを選ぶのか?
琢郎と本江が小さなシアワセを探して歩くシーンを観ていたら
こどもの頃に読んだ本『少女パレアナ(ポリアンナ)』を思い出したわ。
この本のなかに出てくる「何でも喜ぶゲーム」が
あのシーンのふたりの姿に重なったのね。
毎日不平不満だらけだなぁ、わたし(反省)。


コーラスライン
1985年、今から24年も前の映画なのね。

80年代のファッションってあんな感じだっけ!?
赤と紫の組み合わせとかありえないんですけどー!
と、関係ないことでまずビックリ。

シーンのほとんどがブロードウェイミュージカルの
オーディション会場である、劇場の舞台上になっているのよね。
当然、出演者たちの衣装もほとんどレオタードのような稽古着。
だから製作費用はかかんなかったんだろうな、なんて勝手に思っていたら
意外や意外2700万ドルもかかっていて、これまたビックリ。

オーディションのダンスシーンもさることながら
ラストシーンのラインダンスがいい!何度観てもいい!





それにしても、80年代の人たちって老けすぎ!
シーラ役の人が29歳って、そりゃないわ(爆)。




            
『幸せになるための27のドレス』  『ハンサム★スーツ』     『ブロードウェイ♪ブロードウェイ』




お昼過ぎから17時過ぎくらいまでにご訪問いただいた皆さま
ハンパな内容ですみませんでした!もう携帯では修正かけませんっ。




スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : 映画

コメント

Secret

ドレスといえば

高校の同窓会に着ていく服で悩んでおりまする。
ああ、乙女だわ~

Re: ドレスといえば

■akikoさん

ハンパな内容にコメントいただいてスミマセン。

わたしも近々、あるパーティに行くかもしれないので悩んでます・・・。
「あの人、ロクな服も持っていないのねー」って思われるのも悔しいし
「あの人、どんだけはりきってるのかしらねー」って思われるのもいやだし
要は「浮かない」程度の服にするのってタイヘンよねー。
いくつになっても乙女なのね、オンナって!!!
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。