スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月前半の読書

辻井さん、すごい。
昨日のニュースなんだけどね。
今朝もニュース番組で観て、改めてすばらしいって思った。





全盲というハンデを背負っての才能の開花ももちろんすばらしいけど
わたしがイチバンすばらしいと思ったのは
カレの「できる」という姿勢というか、生きかたそのもの。
なんでも「できない」というネガティブな受け止めかたをして
すぐにあきらめ、投げ出してしまうわたしにとって
カレの生きる姿勢はとてもすばらしいものに感じたのよ。
まったく、カレの親くらいの年齢なのにって思うと、自分が恥ずかしいわー。
ぐにゃぐにゃないまのわたしに喝!って感じだった。
がんばらねば、ですわ。





梅雨入りしたのかしていないのか、はっきりしないお天気。
降る前に新しい本を借りてこようと図書館に行ってきた。
明日は完全に雨の予報だもんね、ひきこもらないと。


06-10-09-1.jpg


6月前半に読んだ本はこの4冊。
■異国に嫁した姫君たち
■プリンセス・オブ・ウェールズ
■随筆 一食入魂
■ミス・メルヴィルの後悔


異国に嫁した姫君たち
著者自身もイギリス貴族夫人。
「大きくなったらお姫様になるー」なんて夢を見るオンナノコは今もいるはず。
お姫様=きれいなドレスを着て優雅に暮らす…
それだけで生きているわけではないってわかってはいたけれど
ヨーロッパ各王国の政略に従って、異国に嫁がされた姫たちの苦労は
言葉や生活習慣の違いだけにとどまらないものがあるようで。
わが国の皇室をみていても察するに余りある、とつくづく思った次第。
お姫様に生まれなくてよかった、と思いました(ヲイ)。

プリンセス・オブ・ウェールズ
日本人として、比較的馴染みのある英国王室。
その英国王室の皇太子のみが「プリンス・オブ・ウェールズ」で
当然、その妃は「プリンセス・オブ・ウェールズ」。
だーけーどー、離婚後もレディ・ダイアナはプリンセス・オブ・ウェールズと名乗っていたんですと。
そして、現夫人は「コーンウォール公爵夫人」と名乗っているらしい。
フクザツですわなー。
考えてみれば、わたしたちは「イギリス」とひとまとめに呼んでいるけれど
サッカーやラグビーのワールドカップの参加国としては
「イングランド」「スコットランド」「北アイルランド」「ウェールズ」の4チームがあるわけで。
イギリスの正式名称が「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」だと
いまさら知ったなんて、これまた恥ずかしいわぁ。
こういう歴史的背景があればこそ、プリンセス・オブ・ウェールズを名乗るとか
名乗れないとかいろいろあるんではないかと思ったわ。
レディ・ダイアナ以前の歴史については、エドワードだのキャサリンだの
同じ名前が何回も出てくるので、ダレがダレだかさっぱりわからなかった(苦笑)。
そういえば、カタカナの長い名前が覚えられなくて世界史が苦手だったんだと
苦い記憶まで蘇ってきた…イヤなおまけつきだったわ。

随筆 一食入魂
映画『おくりびと』の脚本家の小山薫堂著。
人生の食卓を一食たりともムダにしたくない人の日々の食の記録。
いいところでいいもの食べてるのよねー、この人。
この本を書いたころはまだ30代。
30代でこんなにいいものばっかり食べていたらメタボになっちゃうよ!と
よけいな突っ込み(やっかみともいう)を入れたくなるくらい。
現在も雑誌『dancyu』で連載中の模様。
毎日じゃなくてもいいから、週1回、いや月2回でも一食入魂したいわぁ。

ミス・メルヴィルの後悔
ニューヨークの上流階級育ちの独身女性(40代?)が
ひょんなきっかけで殺し屋になる、という奇怪なミステリー。
いくら絶望しても殺人ってどうよ?というストーリーの成立を妨げるような
ツッコミを入れたくなるような気もするけれど
ストーリー全体としては面白かったのでよしとしよう。
人の才能ってどこでどう開花するかわかんないねー、と
まだ才能のかけらも見当たらない自分に希望を抱かせてくれた…
っていうのは言いすぎだと思う。ウン




暗黒の無教養時代を埋める闘いはまだ始まったばかりなのであーる。




スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。