スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月前半の映画

5月11日に書いた内容で、トモダチの焼肉屋さんの名前を忘れるという
トモダチ甲斐のなさを発揮したわたしに救いの手がっ!

山宝苑

 横浜市磯子区岡村6-17-1
 045-751-9404


上大岡駅からだとちょっと遠いかも。
YAHOO!グルメに載ってました。
クチコミにもあるけれど、中学のときから変わらない愛らしい女将がいます。
ちなみにこのブログ名を出しても、通じないと思うので…

まっちゃん、情報提供をありがとー♪




掃除をしているだけで汗ばむ蒸し暑さ、なんだかなー。
まだエアコンをかけるほどではないけれど、お風呂上りにドライヤーを使っていると
もう一度お風呂に入りなおしたくなるくらいに汗をかく。

あんまり汗をかいていると、太ったのかも…とか
ホットフラッシュかも…とか、その両方かも…とか
いろんなことが頭に浮かぶー。
キニシナイキニシナイ




さて、ゴールデンウィークの話はまだあるんだけれど
それはまたネタ切れのときにでもアップすることにして
5月前半に観た映画の話。

2005年アメリカ映画 『バットマン ビギンズ』
■2007年アメリカアニメ 『サーフズ・アップ』
■2007年イギリス映画 『エリザベス ゴールデンエイジ』



■バットマン ビギンズ
『ラスト・サムライ』のあと、渡辺謙がハリウッドの有名映画に出演!と
かなり話題になったような気がする。
が…あれでいいのか、渡辺さん?と思ったのはわたしだけじゃないはず。
いろんな意味で、別に日本人俳優じゃなくてもいいじゃん!と。

いままでの映画「バットマン」シリーズよりもコミックス寄りの内容になっているらしく
ブルースの成長過程や、両親が殺されるシーンが盛り込まれている。
コミックスを読んだことがなかったので、バットマンの映画全体がなぜ暗いのか
ゴッサムシティがなぜ犯罪の街なのかなど、話の背景が理解できた。
ラストには次作『ダークナイト』を思わせるシーンもあり
さすがアメリカ映画、そういうところは卒ないわー、という感じ。

アメリカンヒーローを主役にした映画、アニメは数々ある。
スーパーマン、スパイダーマン、バットマンなどなど。
みんな苦悩するヒーローなのね。
ヒーローでも悩む、でも克服してさらに強くなる。
青少年へのメッセージなのかしらん。


■サーフズ・アップ
人生には勝つことよりも大切なことがある
大切なのは楽しんで乗り越えることである

ああわかってるさ…というような内容だケド
日々生きていると忘れがちなことだったりするかもねー。

まぁストーリーはこの際おいておくとして
海、というか波のCGがすごい!
実写なんじゃないかと思うくらいのきれいさなのだ。
その実写ばりの波のチューブのなかを
アニメのペンギンがすーっと横切っていくのさ…フ。
しかも、チューブの中の壁を触りながらね。

もしいまからサーフィンをやるとしたら
ゼッタイに一度はあのチューブの壁を触りたいわ。

主役コーディの声をやっていたのはシャイア・ラブーフだった。
『トランスフォーマー』『インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国』。
ここ数年引っ張りだこですね、カレ。


■エリザベス ゴールデン・エイジ
1998年の『エリザベス』の続編のような映画だった、と観てから知った…トホホ
『エリザベス』はまだ観てなかったよー、失敗。

ケイト・ブランシェットがエリザベスⅠ世を演じている。
女王として政治のトップとしての苦悩
女性としての感情
王族に生まれてしまったために、自由に生きられない
女王としての義務と責任を果たそうと生きる
それらを見事に演じていた。

『ロード・オブ・ザ・リング』の「森の奥方」といい
『インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国』のロシア人サイキックといい
存在感のある女優だなぁ。

そういえば最近公開した『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』では
ブラピの相手役もやっていたんだっけ。
なんだか観たくなってきちゃった。




夕方近くになって、やっとお天気になってきた。
空気も乾いてきたかなぁ。

今日は相方が飲み会だというし、ひとりで飲みに行ってこようかな。
こういうとき、近所に気のおけないバーでもあるといいのに。




      




スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。