スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインとともに六本木の夜は更ける。 ~六本木 ブーケ・ド・フランス~

先入先出法じゃないと忘れちゃうもん!
そんなことを言った日もあった…(遠い目)。

でも、昨日のことから先にアップしちゃおう。




初夏のような暖かさになる、と言われていた割りに
風が強く、それほど暑さは感じなかった昨日。
夜に楽しい集まりがあったので、ひさしぶりに六本木へ。

NEETなわたしは時間がありあまっているので(威張るな)
コンデジを下げて早めに都会へと繰り出した。

いやあ、人多いわ。
南の島に行くと、すっかり南の島のテンポにカラダがなってしまい
歩く速度がヒジョーに遅くなり、人の波についていけない。
おばーちゃんおじーちゃんにさえ追い越される始末。

人酔いしそうで、ちょっとひとやすみをすることにした。


ディーン&デルーカ


東京ミッドタウンのプラザにある、『ディーン&デルーカ』のカフェ。


ディーン&デルーカ


スコーンとカプチーノでしばし休憩。
行き交う人々を観察するのも楽しいものだ。
最先端の街のざわめきからすると、「未曾有の不景気」は微塵も感じられない。
いつものように活気があって、雑然とした六本木だ。

休憩をして元気を取り戻し、再び六本木散歩。


04-23-09-3.jpg


六本木ヒルズの近くで。
この俳優さん、かっこいいわー。
映画もドラマもほとんど見ないんだけどねっ。


六本木


TV朝日の庭園にはさつきがたくさん。
残念ながら、まだ半分も咲きそろっていなかった。
もう少ししたら、満開のさつきでキレイだろうなぁ。

そんなこんなで、夕暮れ時の六本木散歩を楽しみ、目的地へと出撃。


ブーケ・ド・フランス


お気に入りのフレンチ、『ブーケ・ド・フランス』。

『花暦』のakikoさん、それにワイン通さえちゃんを誘い
ワイン談義に花が咲きそうだわ!と楽しみにしていたのだー♪


ブーケ・ド・フランス


まずは食前酒。
パイナップルの果汁を1年間寝かし、まろやかに熟成させたのを
シャンパンで割ったというもの。
南国スキなのに、キウイ・パパイア・マンゴーアレルギーのわたし(涙)。
スーパーでも手に入る南国フルーツのなかで、唯一食べられるものなのだ。
この食前酒は、パインの香りはふんだんに残しながら
甘さが爽やかで後味がすっきりとしていて…「キケン」。
飲みすぎ要注意だわ。

アミューズはいつもの豚のリエットのシュー詰め。

ここでワイン通さえちゃんとakikoさん、そしてお店のマダムという
3巨頭によるワイン会議が始まった。
飛び交うブドウの品種名に頭がついていきましぇん。
結局、ナントカという品種にブランがあるなんて知らなかった!という
さえちゃん&akikoさんにより、コチラに決定。


ブーケ・ド・フランス


ラングドックの白なんだそーだ。
すべてお任せをして、わたしは聖母マリアのように微笑みながら受け入れるだけ。
(ウソデス、ゴメンナサイ)

いくつかあるコースのなかから、エピキュリアンコースに。

まずは前菜。


ブーケ・ド・フランス


ホワイトアスパラガスと地蛤。


ブーケ・ド・フランス


わたしの親指よりも太いホワイトアスパラガスは春の苦味が詰まってる。
蛤の旨みがぎっしりのスープとからまってうまい!
これはもう1回食べたいわー。
季節が限られているんだろうなぁ。

おしゃべりをしながら食べて飲んで、気がついたら白があいていた。
ワインの話から始まって、おしゃべりが弾む弾む(笑)。
ブログの話にもなり、さえちゃんからはにっきせんせいのカステラの催促が…
せんせい、次回のカステラはいつごろでショーか。

そんな合間にもワイン選びは着々と進み、メインにあわせて赤。


ブーケ・ド・フランス


シラー100%なんだとか。
短い名前だから覚えられたよ!さえちゃん!

そしてメイン。


ブーケ・ド・フランス


豚の三枚肉のたまねぎとろとろソース煮黒胡椒風味。
香りからしてたまらないひと皿。
なんだか懐かしい、おかあさんが作ってくれたような香りと味なんだけど
家庭ではゼッタイに再現できない味。
少なくとも我が家では再現不可能!
とろとろのたまねぎソースがおいしいーー。

小胃袋星人のわたしはけっこう満腹だったんだけど
ここからはまさに別腹タイム。


ブーケ・ド・フランス


熱々の焼きたてチョコレートタルトとコーヒーアイスクリーム添え。
チョコタルトを割ると、なかからとろっとチョコレートが流れてきたのに
食べるのに一生懸命で画像なし。
とろっとチョコレートを見たい方はakikoさんのところへGO!




おいしいワインとお食事がするすると胃袋に収まった。
人数=ワインの本数のおふたりには物足りなかったかな?
次回はフロマージュもはさみまショー!

7時から10時半近くまで3時間半、ガールズ・トークは尽きることなく(笑)。
いくつになっても気持ちはガール!
マダム、お店の皆さま、毎度長くなってスミマセン。

こういういい出会いがあるから人生は楽しいのね。
おふたりともお付き合いいただいて、ありがとうございました。
またおいしいもの&お酒をいただきまショーね。
にっきせんせい、次回は参加できますよーに!




ブーケ・ド・フランス

 港区六本木7-8-19 小林ビル2F
 03-3497-1488
 火曜日・第3水曜日定休日
 11:30~13:30 18:00~21:30





     


シラー100%の赤ワイン。    話題の(?)ミニ三脚。ほかの色もあり。




スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : おいしい

コメント

Secret

大感謝!!

ありがとうございました~
おいしかったし、楽しかったし
ぜひ、ぜひ、またご一緒してくださいませ♪
ご近所仲間ですしね~

さえちゃんにもヨロシク!
もっともっとワインのことや"買い付け"のことも聞きたいわー

画像、さすがですね。
ラブリーな三脚効果は絶大なのだわ。

こちらこそ

ありがとうございましたー!ぜひまたご一緒させてくださいねっ。あの店この店、連れて行っていただきたいですー。

今回は手ブレが1枚もなかったのに驚きです。見た目がかわいいだけじゃなく、きちんと仕事もできるニクイやつです(笑)。

akikoさんチョイスのお料理とまたちがった雰囲気で美味しそうです。
私は空腹のまま、夜間レッスンをしてました!!(泣)(若干しつこい)
またこんど誘ってくださいね。
多分私もレフアさん同様聖母のような微笑を浮かべて、オススメのワインをひたすら飲み続けることと思います。(笑)

ぜひぜひ

今度はご一緒したいですー!エピキュリアンコース以外にもグルマンコース、豚尽くしコースなど魅惑的なお料理がたんまりです。ワインも数多くそろってますし、なんといってもマダムのお人柄がいいんです。
またの機会を楽しみにしてまーす♪
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。