スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餃子はやっぱりあのお店に限る、と再認識した前夜祭 in 蒲田 ~蒲田 ニーハオ・射虎留~

家の中はちょっと冷え冷えとした空気が漂って
ベランダに出て陽射しを浴びたほうが暖かく感じる季節になってきた。
まだヒノキ花粉はこわいけれど、思い切って窓を開けて換気。
冬~スギ花粉の季節には、ほとんど窓を開けないので
よどんだ空気と悪い「気」みたいなものがたまっているような気がする。
空気の入れ替えとともに、気分もシャッキリさせて
だらだら生活にもケジメをつけないとなー。

毎日思うんだけど、ね。




さて、今日は夜のお楽しみが待っている。
お楽しみといっても、あやしいことではないのよ、念のため。
夜に向けてパワーを蓄えておかなきゃ。ムフフ




そんなこんなとは関係なく、宮古島出発前夜のこと。
早朝の便に乗るために前泊をしなければならなかったので
どこに泊まろうか悩んだ挙句、「餃子が食べられる」
そんな理由で蒲田のホテルを予約したわたしたち。
まぁそんなもんだ、人生なんて(オオゲサ)。

蒲田で餃子を食べたのは3回くらいしかないけれど
『歓迎』という有名店でしか食べたことがなかったので
今回はちょっと冒険をして、ほかのお店で食べることに。

蒲田では『歓迎』と人気を二分するのが『ニーハオ』というお店らしい。
調べてみれば『ニーハオ』は「羽根つき餃子」の元祖とか。
というわけで、今回は元祖羽根つき餃子に決定。
『歓迎』同様、蒲田に数店舗あるなかから
イチバンJR蒲田駅に近くにある(と思われる)西口店に行ってみた。


ニーハオ


まずは自慢の餃子から。


ニーハオ


2人前。
うすーい羽根がパリパリしていておいしそー!

と思ったら…なんか違う…のだ。
餃子をほおばると、油っぽさが広がる。
『歓迎』の餃子はほおばると肉と野菜のジューシーなつゆがあふれるのに
コチラの餃子は、どちらかというとパサパサしている上に油っぽい。
いっぱい食べると胸焼けしそうな感じさえする。


ニーハオ


空芯菜の炒め物。
炒めすぎでぐんにゃりしてる。
おまけにしょっぱい…空芯菜好きなのにぃ。


ニーハオ


春巻き。


ニーハオ


大根もち。

ここまでオーダーはしたんだけど、あまりの油っぽさにギブ。
餃子も残して退散することになってしまった…無念。
人気が高いことを思うと、コチラの料理が好きという人も多数いるんだろう。
ただ、わたしたちには合わなかった…残念だけど。




というわけで、早々に店を出たのはいいけれど
まだなんとなく物足りなかったので、途中で見かけたお店に入ることに。


射虎留


最初は焼き鳥屋さんかと思っていたら、炭火串焼きのお店だった『射虎留』。
「ちゃこーる」と読むらしい。


射虎留


カウンターで相談しながら注文をした。


射虎留


和牛のユッケ。
肉がとろっと甘くておいしかったー。
これで油っぽい料理で受けたダメージはゼロになった(と思う)。


射虎留


鳥串。
けっこう大き目の ぶつ切り肉が焼き鳥の串3本使って焼かれている。
鳥の旨みがぎゅーっと詰まった固めの肉に、塩加減がほどよく効いている。
こういうのを求めていたんだよ…あたしゃ。

終わりよければすべてよし。
やっぱり蒲田の餃子は『歓迎』で決まり!だ。
(わたしの個人的意見なので、あしからず)




ニーハオ 西口店

 大田区西田7-66-3
 03-3739-2180
 無休
 月~土 11:00~15:00 17:00~23:00
 日    11:00~21:00
 祝    11:00~23:00


射虎留

 大田区西蒲田7-69-1
 03-3731-8589
 第1・第2・第3日曜定休日
 16:00~23:00







おうちで餃子。




スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。