スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼータクな時間の過ごしかた。 ~コンラッド東京 後編~

暖かいので日中は、恐る恐る窓を開けて過ごしている。
念のために「花粉鼻でブロック」を朝一番に塗るけれど
塗りなおすこともしなくても夜まで平気。
近所にはヒノキ花粉が少ないのかしらん。
いずれにしても花粉症状が軽くすんでいるのはありがたいことだ。


04-12-09-1.jpg


そんな話とは関係なく、昨夜の夕食。
手前の正体不明のモノがチキンのトマト煮込み、向こう側がほうれん草のサラダ。



04-12-09-2.jpg


すっきりと飲みやすい、中辛口の赤ワインだ。
先週月曜日に失敗をしてから、火・水・木と休肝をして(えらい!)
金・土は軽めに飲んでみた(軽めに!)。
明日月曜日からいろいろと予定がつまっているので
今日もおそらく休肝日になるだろう(たぶん、あくまでもたぶん)。




さて、コンラッド東京のつづき。
さえちゃんのご尽力により、エグゼクティブフロア滞在になった。
おまけにウェルカム・ドリンクまでいただけた。


トウェンティ・エイト


いただいたのは28階にある、フロント横の『TWENTY EIGHT』。


トウェンティ・エイト


もっとお天気が良かったら見晴らしがすばらしいだろうなぁ。


トウェンティ・エイト


ちょっとした段差をあがった向こう側はバーラウンジ。
天井が高くて開放感があるスペースだ。
と、周りばかりに気を取られてドリンクの画像がなかった。
コーヒー、紅茶のほかにグラスワインやグラスシャンパンまで選べたので
さえちゃんはシャンパン、わたしとじゅんちゃんは白ワインをいただいた。
ナッツ類のおつまみまでサービスされる。
さすが高級ホテルだわー。


コンラッド東京


奥はミシュラン1つ星を2年連続獲得の『チャイナ・ブルー』。
ミシュランに選ばれるよりも前にランチで利用したけれど
サービス面で非常に不愉快な思いをしたので、二度と利用したくない!
そう思っていたら、ミシュランに選ばれたのでびっくり。
ミシュランがあてにならないのか、人を見てサービスする店なのか。
どっちもあたりはずれがあるってことなんだろうか。

今回はエグゼクティブフロア滞在だったので(しつこい)
エグゼクティブラウンジの利用もできた(嬉)。
もちろん、チェックインもエグゼクティブラウンジだった。


コンラッド東京 エグゼクティブラウンジ


コンラッド東京 エグゼクティブラウンジ


暖炉風にガラスケースの中で火が焚かれている。
まだ肌寒い3月の夜、視覚的にも暖かくてよいわー。


コンラッド東京 エグゼクティブラウンジ


夜も朝もコーヒーをいただいた。
朝6:30~夜22:00までソフトドリンクやスナックをいただける。
朝食サービスは7:00~10:30まで。
カクテルアワーは18:00~20:00。




エグゼクティブラウンジでも朝食はいただけるけれど
今回は朝食付きのプランだったので、28階にある
『セリーズ byゴードン・ラムゼイ』でいただくことに。


セリーズ  byゴードン・ラムゼイ


ゴードン・ラムゼイ。
ヨーロッパでももっとも人気のあるシェフのうちの1人。
ロンドンの最高級ホテル、クラリッジズ、サヴォイなどに店を構えている。
イギリス国内4店舗以外では、ドバイ1店舗とコンラッド東京に2店舗のみ。
ロンドンの3店舗でミシュラン計7つ星獲得…あくまでも目安で。


セリーズ byゴードン・ラムゼイ


イングリッシュ・ブレックファストをいただけるプランだった。
メインの料理+バフェスタイルになっている。
イギリス人ってアメリカ人以上に食べるのねー。


セリーズ byゴードン・ラムゼイ


メインがいくつかあるんだけれど、どれも魅力的!
有名なエッグベネディクトも食べてみたい、でも相当ボリューミーな感じ。
パンケーキもフレンチトーストにも惹かれるんだけど
ここのバフェはブレッド類が豊富なのでも有名だし。


セリーズ byゴードン・ラムゼイ


これはほんの一部。
さすがに撮影しにくかったので…。
ペストリー以外にも数多くのブレッドがあって迷う迷う。


セリーズ byゴードン・ラムゼイ


白い四角い容器のなかには、はちみつが巣ごとおかれている。
ハニー・コンブハニーカムというのだろーか。
とても硬くてはちみつというよりも、はちみつ100%のキャンディのよう。
濃厚な味なのかと思いきや、意外にあっさりとしていた。


セリーズ byゴードン・ラムゼイ


メインの量を考えて、とても控えめ。
お皿の手前の黄色い物体がハニー・コンブハニーカム。
ブリオッシュも黒パンもおいしかったー。

夜中にお風呂に入っていて急に思い出した。
ハニーカムじゃん!
なんか違和感あると思ったんだよね…はずかし。



セリーズ byゴードン・ラムゼイ


そして、相当悩んで決めたメイン。


セリーズ byゴードン・ラムゼイ


巨大さに食欲が失われるくらいのボリューミーなオムレツ。
最初の5口目くらいまではおいしくいただいた…よ。
結局、半分くらいしか食べられなかった。スミマセン。




そんなこんなのコンラッド東京。
新しいので、すべてがキレイで快適に過ごせたかな。
世界的不況と言われている中、朝食のレストランの8割は外国人。
席はすべて満席で、不況など微塵も感じさせない空間だった。
不況不況と言われると、ますます景気が悪くなるような気もするし
たまにはぱぁーっと楽しく遊んで景気回復ってのはどうだろね!?






映画『理想の結婚』でジュリアン・ムーア扮するチーブリー夫人の滞在先がクラリッジズホテル。




スポンサーサイト

テーマ : 高級ホテル
ジャンル : 旅行

tag : ホテル

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。