スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行も家に帰るまでが旅行です。 ~横浜 ハングリータイガー

火曜日はヨガのレッスンに行く日なんだケド
今日はひきこもって勉強勉強!!
外は風が強くて寒そうだし、花粉も飛んでそうだしね。
寒くて花粉…考えただけでもゾッとする状況だ。




そんなこんなでネタもないので、伊豆旅行のつづき。
まだ終ってなかったのだ。
遠足が家に帰るまでを遠足と言うのならば
旅行も家に帰るまでが旅行だよね!

東名沼津インターから乗って東京へ…のはずだったケド
夕食をコチラのお店で食べるために横浜町田インターで降りた。




ハングリータイガー センター南店

 横浜市都筑区中川中央2-5-12
 0066-967-483719(予約専用、通話無料)
 045-591-0095(問い合わせ専用)




ポンパドウル、勝列庵とともに、わたしのDNAに刷り込まれている
「ヨコハマの味」、『ハングリータイガー』。
おいしいとかおいしくない、という問題では片づけられない、故郷の味。

O-157が話題になったころ。
レアなハンバーグが売りだった『ハングリータイガー』でも
患者を出してしまったらしい。

調理段階では中まで火を通さずサーブされて
テーブルに出されてから鉄板のプレートの上で中まで火を通す。
そういうタイプのハンバーグだったんだけど
O-157以降は、しっかりと焼かれて出すようになった。
「レアタイプ」が好きだったわたし。
それ以来、『ハングリータイガー』から足が遠のいていた。

その後、BSE問題もあり、神奈川県内に30店舗以上あったのを
3店舗に縮小して経営していたらしい。
知らなかった…なんだか申し訳ない気分。

あれから数年。
ひさしぶりにコチラのハンバーグを食べたくなって訪問。
最後に食べたのは何年前だろうか。
確か本牧あたりにあったお店だったと思う。
あのお店もいまはもうない。


ハングリータイガー02-17-09-1


懐かしい看板だ。
いまも横浜新道を通って本店の看板を見るたびに
故郷に帰ってきた、という気持ちになる。


ハングリータイガー02-17-09-2


なんだか高級感あふれるお店になっていた。
月日の流れを感じる。


ハングリータイガー02-17-09-3


オリジナルハンバーグのスペシャルセットにしてみた。
食べきれないとわかってはいても、スープに弱い。
エコじゃないね、わたし。


ハングリータイガー02-17-09-4


懐かしい姿のハンバーグ。
同窓会にでも来たような、そんな感慨に囚われる。
いや、まぢで。


ハングリータイガー02-17-09-5


撮影の腕が悪いのであまりおいしそうには見えないけれど、本人は感涙モノ。
下のほうにちょろっと写る、じゅうじゅう感が涙を誘うー。
このじゅうじゅうがあまりにもすごいので
大き目の紙ナプキンを胸まであげて待つのが基本姿勢。

記憶にあるよりもウェルダンだった。
コレは焼いてくれるシェフ?のさじ加減かもしれない。
肉!という味がしっかりとするビーフ100%のハンバーグは
こどもの頃から青春時代までを思い出させる味。
もう少しレアな感じで食べたかったなぁ…。






トラはぐるぐる回ってバターになりましたとさ(関係ない)。




スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

私もここのハンバーグが好き!以前は家から歩いていけるところにもあって、お休みの日には散歩がてら行ったもんだけれど、今は店舗数が本当に減りましたよね。がんばって欲しいお店のひとつです。

そして「がんばる」といえば、いよいよですね!最後の最後まであきらめないで答えを書く、という姿勢が大事だと言われて、私も粘りに粘ったら、終わり近くになって歯が立たない、と思っていた問題がするりと解けてぎりぎり合格ラインまでもっていくことができました。落ち着いて粘っていきましょう!ファイト!!

ありがとうございます!

にっきせんせい

せんせいもここのハンバーグがお好きでしたかー。以前は相鉄ジョイナスにもあったし、日野のほうにもあったかな?横浜霊園に行く途中にもあったような…あれ鎌倉霊園だっけか。とにかく神奈川県内にはたくさんありましたよね。東京出店なんてことはゼータクは言わないまでも、存続し続けてほしいものです。また食べたいわぁ。

激励をありがとうございます!学校の先生も「あきらめちゃダメだ」とおっしゃってました。最後の瞬間までがんばります!
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。