スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆったりたっぷりのーんびり伊豆旅行③ ~伊豆高原 壱語屋~

ひさしぶりに夢を見た気がする。
滅多に夢は見ないのだ。
見ないのか、覚えていないのかはわからないが
覚えていたとしても1年に2、3回あるかないか。
今朝の夢は目を覚ます直前だったので覚えている。
簿記の学校のクラスメートが出ていた(笑)。
なんでそんな夢を見たんだろう。

そろそろ夢から覚めるべきなんだろうか?
どんな楽しい夢も、いつかは覚める。
永遠に続く夢なんかあり得ないんだ。
現実に目を向けて生きないとな。




というわけで(どんなわけなんだ)、伊豆旅行の話のつづき。

夕食までまったりと温泉で過ごしたあとで
湯冷めしないように厳重に暖かい格好で外に出たら
もう18時くらいだというのに手袋もいらないくらいの暖かさ。
さすが伊豆だねぇ、と歩いて予定のお店に行ったら冬季休業。
暖かいのに冬季休業。
なんといっても冬季休業。

とぼとぼとホテルに戻ってクルマで出直すことに。
135号線を下田方面に向かってみる。
5キロ以上走って、赤沢についたあたりで
下田方面を断念してUターン。
今度は伊東方面を目指して走ってみる。
8キロ以上走って、川奈の付近で断念。
お店がないわけじゃない。
でもせっかく伊豆にきたんだから、と思うと
回転寿司やおそばですますのも…ね。
そう思うとどこにも入れない。
そしてもう19時。

伊豆高原駅の駅ビル?ならきっと開いてるだろう。
そう思って伊豆高原駅の「やまもプラザ」へ。

…ほとんどのお店が19時までに閉店。
飲食店は21時22時があたりまえ!というのは
わたしたちの勝手な思い込みだったのねぇ。
反省。

そんなこんなで開いていたコチラのお店へ。




壱語屋

 伊東市八幡野1183 伊豆高原駅やまもプラザ内
 0557-55-0158





伊豆で焼き肉。
しかもクルマだったからビール厳禁。
なんという拷問。

食べてやる、食べてやる!


壱語屋02-08-09-1


ユッケ750円。


壱語屋02-08-09-2


磯サラダ600円。
この値段でこのボリュームはいい感じ。
シーフードがたくさんでおいしい。



壱語屋02-08-09-3


タン塩1,280円。


壱語屋02-08-09-4


にんにくスープ550円。


壱語屋02-08-09-5


ニンニクスライスがたっぷり。
何個分はいっているかわかんないくらい。
でもニンニクの臭みはぜんぜん感じられなかった。
(と思っていたのはわたしたちだけだったかも…)
コクがあってカラダがあたたまっておいしいスープ。


壱語屋02-08-09-6


ワンコインキャンペーンというわけで
カルビとロースがひと皿500円だった。
でもカルビは硬くて、ロースのほうがうまみがあるくらい。
500円だからショーがないのか。


壱語屋02-08-09-7


〆のコムタンスープ550円。
汁物らばーはスープを2種類食べるのだ!
コラーゲンたっぷり、明日のお肌が楽しみなスープ。

焼き肉屋さんなのに、焼き肉がイチバンおいしくなかった…。
とはいえ、22時まで開いているというだけで
伊豆高原では貴重なお店なのかも!?
ハイシーズンはどうなんだろうか…。




おなかいっぱいでホテルに戻って、部屋でカンパイ。


伊豆高原ビール


伊豆の地ビール、伊豆高原ビール。
左が大室、右が天城。
あっさりしたタイプが多い、著名メーカーのものと違って
個性ある味わいのビールだった。
ちょっと高いのが難点。




カンパイのあとにサプライズを用意しておいた。


izu02-08-09-1.jpg


翌週に誕生日を迎えるトモダチのために
『キッチン山田』でケーキを注文しておいたのだ。
旅行に持っていけるくらい丈夫で常温保存が可能なもので
しかもスイーツがダイスキなのでチョコレートタイプを、という
難しい注文をクリアして作ってくださった。
ビターなチョコレートでカバーされたスポンジには
ラズベリーのジャムがはさまっている。
ほろ苦くて甘酸っぱい、まさに大人のためのチョコレートケーキ。
大喜びのトモダチはあっという間に半分完食。
焼き肉でおなかいっぱいって言ってたのにぃ。
自分のためだけに作られたケーキだからといっても
もう少し大事に食べてくださいよ…(嘆)
喜んでくれたんだから、まいっか。

にっきせんせい、ありがとうございました。






明日のぷる肌を夢見て…




スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

ケーキの無事な姿が確認できて、とても安心いたしました。いつもご紹介ありがとうございます。

壱語屋・・・実はたまプラーザにも市ヶ尾のうちの近所にもある。そうか、伊豆にまで店を出していましたか。オフシーズンの観光地の食事処、意外と難しいですよね。「旅館やホテルで夕食」が当たり前の地域だとさらに厳しいのかも!

にっきせんせい

アップが遅くなって申し訳ありませんでしたー。
トモダチもとても喜んでくれて、わたしもうれしかったです。ありがとうございました。

壱語屋はチェーン店だったのですね!知らなかった…。
そうですねぇ、リゾート地の宿泊は2食付が基本ですものね。せっかくの旅行だから、いろいろと食べ歩きたいんですけどねぇ。
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。