スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラダのために旬の野菜を ~吉祥寺 もんくすふーず~

昨夜のゲリラ豪雨すごかったですね!
自宅周辺に関しては、降雨量はそれほどでもなかったようですが
なにしろ雷がすごかったです。
いくつもの雷が一度に鳴っているのか、いつまでも鳴り響いていましたよー。
おかげで眠りが浅かった…いっぱいお昼寝したけどさぁ。

一夜明けてみたら蒸し暑い日本の夏の朝になっていました。
秋になったような気がしていたのは、やっぱり気のせいだったのねぇ。
涼しくなったら「夏が突然終っちゃったよぅ」と残念がったり
蒸し暑さが戻ってきたら「やっぱり残暑だぁ」と暑がったり
人間なんてわがままなもんだ!アハ!




午前中は汗水たらして片づけをしていました。
最近、身辺整理?を考えるようになったんですよねー。
身辺整理っていうのは表現が悪いかな?

人間が生きていくと、知らず知らずのうちにいろんなモノが溜まっていきます。
本人にとっては大切な思い出のものでも
他人にしてみればただのガラクタ、ゴミにしか見えないものです。
もし、自分が突然この世を去るようなことがあった場合
近親者にガラクタ整理の迷惑をかけるのなぁ…と思うのです。
自分が高齢者になってから整理するのもタイヘンだしね!

そんなこんなで今日の発掘物はコレ。


08-29-08-1.jpg


幼稚園のときに書いた絵ですわー!
ゲージツ的センスがないのがばればれですねぇ。
コレってどーやら節分の豆まき?
オニって赤けりゃいいってもんじゃないだろ!と自分に突っ込みをいれたいです。


08-29-08-2.jpg


お絵かきの定番、おとーさんだっ!
ヒゲをそらないで通勤してたのか?
ウチの父はヒゲがそんなに濃いほうじゃないんですけどねぇ。
しかもスーツの色ナニソレ!センス悪っ!!
マァアレダ
絵のセンスはないけど、ひらがなは書けてたんだ…トホホ




こういうのって捨てちゃいたいような捨てたくないような。
まさに自分と親以外にはゴミ扱いのモノですよね。
全部の写真を撮ってデジタル保存しておけばいいのかなぁ。
でもホンモノを捨てるのも勇気が要りますよね。
しばらく悩みそうな予感です。




とりあえずはガラクタ整理が終るまでは、突然死を遂げないように
健康に気を配って何とか生き延びないと。




もんくすふーず

 武蔵野市御殿山1-2-4
 0422-48-3977


健康的といえば、コチラのお店。(ものすごく強引)

最近気になっている言葉に「身土不二」というものがあります。
このブログにも何回か書いていると思うのですが(いつだかはワスレタ)
「身体と環境は不可分である」という意味だそうです。
言い換えれば「地場の旬の食べ物や伝統的食べ物はカラダによい」ということらしい。
(参考:wikipedia、松瀬医院サイト)

現代では地場のものだけを食べて生きることは不可能です。
でも、食事になるべく旬のものを取り入れて食べる努力はできます。
特に旬の野菜は、季節に合った効能があるのでたくさん食べたい。
そんなときにオススメなのがコチラのお店です。

この日は野菜だけのランチ900円にしてみました。


monksfoods08-29-08-1.jpg

メインはナスと冬瓜のしょうが味。


monksfoods08-29-08-2.jpg


想像したのよりも具沢山。
野菜だけのランチだと、だしも動物性のものは使っていないそうです。
純粋に野菜の味のみ。
しょうがの風味はあまり感じられなかったのがザンネン。
だしがない分、しょうがのアクセントがほしかったような。


monksfoods08-29-08-3.jpg


山芋とオクラの酢味噌和え。
さっぱりとしてておいしいー。
いくらでも食べられそうな感じです。


monksfoods08-29-08-4.jpg


ゴーヤの辛味味噌。
ゴーヤを味噌風味で食べるのは初めてでした。
お味噌とゴーヤの苦味とが意外と合うのでびっくり。
辛味はほとんど感じませんでした。
赤唐辛子でピリリ、というのもおいしいだろうなぁ。





毎日の食事で旬のものだけを取り入れるのはタイヘンだから
外食で取り入れるというのもひとつの手かな、と。
逆なような気もしないでもないですがっ!?

季節ごとにうかがって、旬のパワーをもらいたいです。




      

マクロビも身土不二の一種?  そしてマクロビといえばマドンナ。




スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。