スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼熱の名古屋・関西旅行④ ~鳥羽水族館&松阪牛 まつむら~

北京オリンピックまであと少し!
テレビをプラズマか液晶の地デジ対応のものに変えようかと
今年の初めから悩んでいるんですが、いまだに買っていません…。

いざ買うとなると悩みますよねぇ。
安い買い物ではないので、よけいに考えちゃいます。

DVDハードの調子もよくないようなので
こっちも買い換えなきゃならなさそうだし
炊飯器も買い替え時なんですよー。

炊飯器は、お釜のテフロンがはげてきたのと
時々ごはんがうまく炊けてないことがあるので寿命かな、と。
チキンライス風のごはん(ケチャップなどを入れて炊き込む)は
前からうまく炊けなかったんだケド
これはわたしが調味料の量などを間違ったせいだと思っていたら
白米もうまく炊けないときがあって…
これはもう、炊飯器が寿命だという結論に。

テレビを買ったポイントで炊飯器は買えそうなんですが
実は、もうひとつほしいものが。





高圧&高温でキッチンの換気扇などの油汚れやお風呂の細かい部分を
すかっと洗ってしまいたい!




でもまぁ、テレビの買い替えがイチバンなんだよねー。
なんつたって12年モノですから…。




そんなこんなとは関係なく、伊勢神宮に行ったあとのお話。




とにかく「伊勢うどん」で腹ごしらえをしたあとは
内宮前の神宮会館前からバスに乗って、近鉄五十鈴川駅へ160円。

やっぱり外宮→内宮の400円って高いよぉ!(しつこい)

五十鈴川駅から近鉄で中之郷駅へ300円。

わたし的メインイベント、鳥羽水族館へ行きました。

水族館って癒されるんですよね…
特に海の生物を眺めていると、時間のたつのを忘れます。


toba07-21-08-1.jpg


イチバン大きな水槽の中を泳ぐウミガメ。
ほんとにいつまでも眺めていたいくらい。


toba07-21-08-2.jpg


こんな愛嬌のあるかおをしたコもいるし


toba07-21-08-3.jpg


こんな悪そうなかおをしたコもいます。


toba07-21-08-4.jpg


アシカくんたちの熱演に感謝!


toba07-21-08-5.jpg


鳥羽水族館には、マナティとジュゴンという2種類の珍獣がいます。
コチラはマナティ。

同じようなイメージのあるマナティとジュゴンですが
よく見ると、尾びれのかたちとかビミョーに違うのですね。

まるっとぬめっとした感じのジュゴンと
つるっとさらっとした感じのマナティ。
どちらも触ったわけではないので、あくまでもイメージですが。




最後のほうは時間がなくなって、駆け足で回らなければならなかったのがザンネン。
チャンスがあったらぜひ再訪したいです。
やっぱり水族館では最低3時間は時間をとりたいなぁ。




さて、中之郷駅に戻ってふたたび近鉄で志摩赤崎駅へ200円。
志摩赤崎駅から歩いて約15分?でお店に到着です。


matsumura07-21-08-1.jpg


まつむら

 鳥羽市大明東町20-4
 0599-25-2515




松阪牛をあみ焼きなどでいただけるお店です。
コチラのお店の予約時間があったので
水族館でゆっくりできなかったのでした。

小学生の姪っ子も一緒だったので
ある程度の時間制限ができるのはショーがないですね。

松阪牛ではないお肉もいただけるようですが
せっかくココまで来たんだから、と松阪牛をいただくことに。


matsumura07-21-08-2.jpg


まずは冷たいビールでノドを潤さなきゃ!
このスーパードライ、中身はフツーのスーパードライなんでショーが
ラベルはご当地、伊勢志摩国立公園の絵になっています。
わかりにくいですが、右側に伊勢海老が描かれています。


matsumura07-21-08-3.jpg


お肉に+1,200円で付きだし、ごはん、赤だし、香の物、フルーツがつきます。
これが付きだしの牛のたたき。

ニンニクがかりかりになったチップが乗っているのですが
この風味がたたきによく合いますねー。
家でもまねしたいと思いました。
もちろん、牛のたたきではなくて、カツオのたたきになるでショーが( ´_ゝ`)


matsumura07-21-08-4.jpg


野菜焼きと大根おろし。


matsumura07-21-08-5.jpg


松阪牛のあみ焼き。
タレにくぐらせてから焼くそうです。

脂身の少ないヒレはタレをつけてから焼くのがおすすめで
ロースは両面に塩コショウをしてから焼いて
大根おろしで食べるのもおすすめだと教えてもらいました。

最初のお肉だけお店の人が焼いてくれて
あとは自分たちのペースで焼くことになります。

お肉の柔らかさは言うまでもないと思います。
あんまり柔らかいので、毎日食べていたら
アゴが退化してしまうんじゃないかと思うくらいです。
まぁ毎日松阪牛なんてことはありえませんがっ!

お値段ですが…あみ焼きの場合
・ロース 5,000円
・特上ロース 6,500円
・ヒレ 5,800円
・特上ヒレ 7,000円
これに+1,200円で付きだしなどがつくわけですが…

・松阪牛 時価

と書いてありました!

ちなみに7月21日の時価は9,500円。
クレジットカード利用不可です。




大人と同じ量を食べた小学生が恨めしいです、ハイ。




【個人的評価】まつむら★★★☆☆3.0

ランチ利用がいいと思う!




食後はタクシーを呼んでもらって、近鉄鳥羽駅へ。
約5分で到着、迎車料金100円プラスで1,050円でした。
車内で「お客さん、松阪牛くさいね!」と言われました…。




帰りの近鉄はビスタカー。


toba07-21-08-6.jpg


スペイン村のキャラクターらしきモノが。

ビスタカーなんですが、2階席は別料金らしいので
一般の車両に乗っていきました。

JR東日本は2階席でも同じ料金なんだけどぉ。


toba07-21-08-7.jpg


ダレもいない2階席で記念撮影だけしました。




そんなこんなの長い1日は終了。
灼熱の旅行はまだまだ続きます!




スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。