スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅街の小さな和菓子屋さん ~高輪 松島屋~

1週間ほど続いた梅雨の晴れ間も終わりになったようで
今日はまた、じめじめしている関東地方です。

風はあるんだケド、天気予報でよく言うところの
「南の湿った風」まさにソレ。

洗濯物もすっきり乾きません。
もちろん、わたしもぐったりしています。

昨日一昨日と外出した疲れが出てるのでショーか。
こんな体力でよく仕事をしていたなぁと思います。
単なる怠け病なのか…ぅぅ




さて、話はがらっと変わって昨日の続き。

みさと『泉岳寺門前 紋屋』で食事を楽しんだあとは
高輪界隈をぶらぶらと歩いてみました。

まずは泉岳寺の境内を散策してから
伊皿子坂をあがっていきます。

途中、N饗の練習場と思われる建物の前を通りかかり
駐車中のクルマのほとんどが外車なのにビックリ!
NHK交響楽団ですよねぇ…ま、いっか…(´ー`)フッ




伊皿子坂の交差点を左折すると
わたしが勝手に目指していた和菓子屋さんがありました。




松島屋

 港区高輪1-5-25
 03-3411-0539





お店の外観の写真を撮ってこなかったのがザンネン。
ちゃんとお店の写真も撮らないとダメですねぇ。
伊皿子坂の交差点から見ると『松島屋』の赤いのれんが目印です。

ほんとに小さなお店です。
小さなお店なのですが、ひっきりなしにお客さんが来るようです。

お店は、和菓子製作場所の入り口にあります。
工場…といえるほども大きくはないし、製作場所としか言いようのない大きさです。



和菓子を包む作業台の裏にはコンロがあって
いままさに小豆が煮られています。
取っ手のない洗面器のようなお鍋でぐつぐつ。
ずーっと同じスタイルで作っているんだろうなぁ。




売っているのは、切り餅数種、大福、お団子、お赤飯。
他にもあるのかもしれませんが、わたしが行ったときには
このくらいしかありませんでした。

大福は豆大福、草大福、きび大福の3種類。
お団子は焼き団子(みたらし)だけでした。

豆大福140円2個、草大福140円2個、お団子140円1本を購入。


matsusimaya06-19-08.jpg



焼き団子からいただきました。
お団子というよりも、お餅です。
よくある、つるんとした食感ではありません。
お餅がそのまま串に刺さって焼かれているのですね。
スイーツとしてではなく、軽食としていただけそうです。

草大福はよもぎの香りがいい香りです。
たっぷりとあんこが詰まっているのですが
べったりとした甘さではなくて、小豆が生きているあんこ。
皮ももっちりとしています。

豆大福は豆がたっぷり!
こどもの頃はこの豆が苦手でしたが
いまでは大福には豆が入ってないと!と思います。
しかも豆が塩味があるほうが好み。
ココの豆大福の豆も塩味が効いていていいバランスです。
大人になったのねぇ…。




近場にあったら、手土産に多用していただろうなぁ。
近くに行ったらまたぜひ買い求めたいです。




【個人的評価】松島屋 (まつしまや)★★★★☆3.5






高輪散策のお供に。




スポンサーサイト

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。