スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはがっつり肉!肉! ~闇市 池袋西口公園前店~

春一番だかなんだか知らないケド
すごい強風でしたねぇ!

自宅から職場まで、door to doorで
約45分ほどかかるのですが
今日は2時間半もかかりましたよ!

出勤しただけでくたくたです('A`)

もうカンベンしてください!
(ダレに言っているんだか不明)



そんなこんなとはまったく無関係ですが
最近、「牛肉」を食べていないことを思い出したのです。

肉を食べていなかったわけじゃないんだケド
食べていたものといえば、野菜や魚がメイン。
たまに鶏肉や豚肉を食べる程度。
とても「がっつり」とはほど遠い食生活でした。




疲れもたまっているし、たまにはがっつりいこうかと
ネット悪友Yと行ってまいりました。




闇市 池袋西口公園前店

 豊島区西池袋1-13-5 シーガルハウス6F
 03-3981-5778





ほんとは池袋の別な焼き肉屋さんに行く予定だったんだケド
お互いに残業が入ったらまずい、と事前予約を入れないでいたら
21時まで全席満席!と断られてしまったのです。

気分は焼き肉で満々だったので
近場で探して行ってみたのが『闇市』だったわけです。

週末だったし、こっちも満席だったらどうしよう…
と恐る恐る入ってみたら、半分も埋まっていなかったので
ほっとするやら別な意味で心配やら…。




とりあえず、生ビールで乾杯をして食べ始めます。


yamiichi02-24-08-1.jpg



ガスじゃなくて、炭火なのがいい感じ。

炭火の煙を吸ってくれる煙突がちらっと写っているんですが
思ったよりもうるさくないのですね。




yamiichi02-24-08-2.jpg



右側キムチ3種盛り合わせ。
左側奥がチャンジャ、手前がユッケ。

キムチは思ったよりも辛くもおいしくもなかった…。
チャンジャはいたってフツー。
ユッケは肉の甘味が感じられておいしかったです。




yamiichi02-24-08-3.jpg



特製ねぎ塩タン。

タンを裏表(どっちが裏か表かわからないけど)焼いてから
別皿で出てくる特製のねぎ塩をのせて
レモン汁でいただきます。
このねぎ塩が意外においしくて
塩焼き3点セット(ピートロ、鶏肉、牛大トロ)にも
使って食べてしまった( ´_ゝ`)




焼くのと飲むのとしゃべるのに一生懸命で
画像はまったくないのですが('A`)
上記のタンと塩焼き3点セットのほかにも
ゲタカルビと特製牛ハラミも頼みました。

「塩焼き」などと味が限定されていないものは
塩、味噌、辛味、激辛から味を選ぶことができます。

カルビは辛味で、ハラミは激辛でお願いしたんだケド
どっちも大して辛くはなかった気が…。

野菜焼きはキャベツ、長ねぎ、たまねぎ
ピーマン、かぼちゃ、にんじん。
味付けとしては、自分で味噌をつけるくらい。
野菜全般が乾燥していたのが物悲しい…。




yamiichi02-24-08-4.jpg



満腹状態でもはずせない汁物。

コレはハーフサイズです。
あっさりしていて〆にはちょうどいい感じ。




yamiichi02-24-08-5.jpg



Yがどうしても、とゆずアイス。
アイス自体にはゆず味はないんだケド
ゆずのジャムがかけられている、とちょっと変わってるかな?




生ビール1杯ずつ、焼酎ロック2杯ずつを飲んで
ぐるなびクーポン(10%OFF)使用で約5,000円/1人。




肉はまぁまぁやわらかかったんだケド
もうちょっと味を工夫してほしかったかも。

でも、従業員さんたちは感じよかったし
もうちょっと安かったらもっとよかったなぁ!
(19時までに入店すればクーポン20%OFFなんでした)




レストランのクチコミサイト 食べログ.com
【個人的評価】






脳内メーカーで調べると『肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉…』




スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。