スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ新年会 ~ブーケ・ド・フランス~

ハイ、土日勤務が終了しましたー。
疲れた疲れた('A`)




そんなこんなで、六本木の続き。

六本木散歩を終え、すっかり冷え切ったカラダで
目的のお店へと向かいます。

ディナーで1回、ランチでは4回ほどうかがっている
めっさお気に入りのお店です。




ブーケ・ド・フランス

 港区六本木7-8-19 小林ビル2F
 03-3497-1488





六本木交差点からミッドタウン方向へ
ホテル・アイビス側の道を通って
ファミマを過ぎて、叙々苑の看板が見えたら
そこの斜めの細い道を入ります。

左手にセブンが見えてきたらもうすぐ。
セブンの向かいのビルの2階にあります。




豚肉料理が名物らしいお店のあちこちには
こんなかわいらしいブタの飾り物が。


bouquet01-27-08-1.jpg



さほど広くない店内なんだケド
フロアはマダム1人が取り仕切っているので
じゅんちゃんが15分ほど遅れてきたのが
ちょうどよかったというくらい。




bouquet01-27-08-2.jpg



まずは食前酒で乾杯。

コレは紅玉りんごを丸ごと蒸したエキスを
シャンパンで割ったもの。

はっさくのエキスをシャンパンで割ったものにも
惹かれたんだケド、紅玉スキなのでこっちにしました。

りんごのエキスだけとは思えないくらいに
複雑にからみあった甘味のお酒でした。

はっさくのもひと口飲ませてもらったら
シンプルにはっさくの味がしました。




bouquet01-27-08-3.jpg



ワインの勉強をしているさえちゃんが
冬の特別コースでベルジュラック地方の料理と
ベルジュラック地方名産の6種類のワインの組み合わせにしたので
じゅんちゃんと2人で飲むことになった白ワイン。
フルーティな酸味が特徴のワインでした。




bouquet01-27-08-4.jpg



定番のアミューズ、ブタのリエットのシュー詰め。




bouquet01-27-08-5.jpg



エピキュリアンコース(約6900円)を選んだ、じゅんちゃんとわたしは
前菜が2種類からスタートです。

1種類目は、トレヴィスと帆立、カキのサラダ。
前回はグレープフルーツだった気がします。

わたしは実はカキが苦手だったんだケド
この胡桃風味のドレッシングでいただくと
カキの甘さがひきたって、おいしくいただけました。




bouquet01-27-08-6.jpg



前菜2種類目、ムール貝のグラタン。

ムール貝のエキスがぎゅーっと詰まったミルク味のグラタンです。
海の恵みがそのまま溶け込んでいるような、滋味豊かな味。

パンでお皿をぬぐって、最後までぺろっといただきました!




bouquet01-27-08-7.jpg



お口直しのハーブのシャーベット。

なんのハーブだか質問したのに忘れました…('A`)




bouquet01-27-08-8.jpg



メインのシュクルートのザワークラウト添え。

ほろほろと崩れるくらいに煮込まれた豚肉と
豚肉の味がしみこんだじゃがいも、うまみのつまったソーセージ。

そのまま食べても、もちろんおいしいのですが
マスタードをつけて食べるのもおいしい。

手間ひまのかかったお料理っていいですねぇ。




bouquet01-27-08-9.jpg



デザートの盛り合わせ。

残念なことに、わたしはマンゴーが食べられないので
(アレルギーでとめられています('A`)
まるごとさえちゃんにあげました。

左のはフォンダンショコラ、上のはプリンです。
ココのプリンはほんとに卵の味が濃厚で
一度食べたら忘れられない味ですわー。




bouquet01-27-08-10.jpg



最後のコーヒーなどと一緒に出されるプチデザート。

食べ過ぎたと思ったので
コーヒーではなくて、消化によいハーブティにしてもらいました。

カモミール系のハーブティだったんだケド
とてもすっきりと飲みやすいお茶でした。

自家製ブレンドなのかしらん。




この日のお支払いは、12,000円/1人。

高いかもしれないけど、わたしにはナットクのお値段です。

ここのお料理は、すべてが忘れられない味なのです。

ミシュランガイドの1つ星のレストランになら
2軒ほど食べに行ったことがあるのですが
ナニを食べたのかさっぱり覚えていません。

ほんとにおいしい!と思う料理ならば
記憶に残るはずなのに。

マァアレダ
わたし的に、という意味ですが。

これからも記憶に残る料理を食べにうかがいたいですね。




レストランのクチコミサイト 食べログ.com







豚毛のボディブラシです。




スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。