スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローブリュー

じゅんちゃん、さえちゃんと
ひさしぶりぃにごはんを食べることに。




どこにしようかと悩んで、前々から行きたかった
表参道の『ローブリュー』に予約を入れました。




ここも、例の超人気ブログで知ったビストロなんですが
バスク地方の豚肉料理専門店なんだそうです。




■ローブリュー

 港区南青山6-8-18
 03-3498-1314




表参道の交差点からだと、根津美術館方面に歩いて
突き当たったら左折(渋谷方面)して
T字路を左折(西麻布方面)して
1本目の細い路地を右折
さらに1本目のもっと細い路地を左折して
突き当たりの建物になります。

246を渋谷方面に歩いて
1個目の信号を左折(西麻生方面)して
パパス・カフェのところに
1個目の信号があるので
その次の細い路地を右折…でも行かれます。

どっちにしても、ちょっと分かりにくい場所です。


LAUBURU11-08-07-1.jpg



暗くてよく見えませんが、外観はこんな感じ。




ドアを開けて入ると
上段にテーブル席4席
下段にテーブル席4席という
フシギな空間が広がっていました。

下段にキッチンもあるようです。

店内全体の撮影をする勇気がなかったので
とてもわかりにくい説明なんですが
百聞は一見にしかず。
ぜひ訪れてみてください。




まずは食前酒で乾杯。


LAUBURU11-08-07-2.jpg



わたしはキールにしました。




メニューはすべて黒板に書いてあります。


LAUBURU11-08-07-3.jpg



左側が前菜とサイドディッシュ。
右側がメインという構成になっていて
前菜とメインから1種類ずつをオーダーするのが
基本になっているようです。

メニューの料理名だけでは
どんな料理が出てくるのかわからないし
量も想像もつかないので
坊主頭の店員さんにアレコレ説明を聞きます。




まずは食べたいものを告げてみました。

すると、3人で分けにくいものは避けたほうがいいと。

量も多すぎるモノ、少なすぎるモノ
コレを教えてくれました。

逆に分けやすいものを教えてもらって
さらに、その中でも量的に調節しやすいものを
選んでもらって、そのなかからオーダー。

説明が専門的というか
マニアックというか
いまひとつ分かりにくかったのがザンネン。

もっと踏み込んで聞けばよかったのでショーか。




まずは前菜に選んだ、ヤギのチーズのサラダ。


LAUBURU11-08-07-4.jpg



ヤギのチーズがほどよい温かさで
ナイフを入れるとじゅわーーーーーーっと
パンの上にチーズがとろけていくのです。

このぬくさって、ほんとに日本人ならではの
繊細な温度感覚ではないかと思います。




LAUBURU11-08-07-5.jpg



サイドに頼んだ、野菜のマリネ。

野菜のしゃきしゃき感とマリネ液が
ゼツミョーな感じで溶け合っています。

漬かりすぎても×、浅い漬かりでも×。

この辺の具合って難しいんでショーね。




LAUBURU11-08-07-6.jpg



メインの豚肉のロースト。
サイドに乗っているのは
コレもメインメニューの中から選んだ
カスレ(豆)の煮込みです。

ちょっと量的に少ないかも、といわれて
自家製のポークソーセージもつけてもらいました。

これがまた、ぱきっとジューシーで…。

もちろん、豚肉のローストも
噛めば噛むほどに味わいが増すという
豚肉をタンノーできるモノでした。




LAUBURU11-08-07-7.jpg



食後のカプチーノ。

じゅんちゃんとさえちゃんはデザートも食べていましたが
わたしはカプチーノのみ。




食前酒1杯ずつ、ワイン1本(約4,000円)を頼んで
1人あたり約6,000円というところでした。

土地柄を考えると、安めだと思います。




自宅から遠いのが難点かな!

またぜひ食べに行ってみたいです!!




レストランのクチコミサイト 食べログ.com
【個人的評価】




5つ星っていつつければいいんだろう!






バスク地方について学んだり



行った気になったり。




スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。