スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記録:3月の読書と映画

■読書

「リヨンの料理人 ポール・ボキューズ自伝」 ポール・ボキューズ
「食のほそみち」 酒井順子
「こぐれひでこのおいしい画帳」 こぐれひでこ
「おいしい中国」 楊逸
「内館牧子の艶談・縁談・怨談」 内館牧子
「猛女とよばれた淑女」 斉藤由香
「おいしいおいしい」 大橋歩
「しゃばけ」 畠中恵
「ぬしさまへ」 畠中恵
「ねこのばば」 畠中恵
「世界ぐるっと朝食紀行」 西川治

食べ物関連の本ばっかりになってしまった(笑)
本能に従って選んでいるのがよくわかる!

「猛女~」は斉藤茂吉の妻輝子についての本。
輝子の次男北杜夫の長女斉藤由香が著者。

「しゃばけ」「ぬしさまへ」「ねこのばば」
ドラマにもなった人気シリーズ。
テンポのよいストーリー展開、さすがに面白い。




映画

「南極料理人」
「UDON」
「HACHI」
「トランスフォーマー:リベンジ」
「AVATAR」
「つむじ風食堂の夜」
「ココ・アヴァン・シャネル」
「シャネル・アンド・ストラヴィンスキー」

邦画3つのなかでは「南極~」が面白かった。
「つむじ風~」は途中で寝た。やっしー、ごめん。

「AVATAR」はきっと大画面で3Dで見ないとダメなんだろう。
家の小さいTV画面ではそれほどの感動もなし。
ストーリー自体はいかにもアメリカって感じ。

シャネルを題材にした2つのうちでは
オドレイ・トトゥ主演の「ココ・アヴァン~」の方が好き。




スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 映画

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。