スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール旅⑭ ナイトサファリ

今日のよかったこと
なんてったって晴れ!洗濯ババァうっきうき~♪

今日のトホホなこと
意識がヒジョーに内側に向いている…外にいかない。
あまりいい状態じゃないような。
これはもしかすると精神的冬眠なのか?




また間があいた、シンガポール旅。
なんだかもういいか…的な気持ちになってきた。
これも精神的冬眠だから?
とにかく記録ってことで、さくっとあっさりと。

リトル・インディアの『ムスタファ・センター』でウハウハな時間を過ごしてから
いったんホテルに戻って、買ったモノをおいてから再び外へ。
有名な『ナイトサファリ』に行くので、その前に夕食を食べることに。


シンガポール10-27-10-1


ホテルのそばにあったビジネスビルの1階の
小さなホーカーズのなかのチキンカレービーフン麺屋さん。


シンガポール10-27-10-2


給食みたいな大きな釜からざばりとよそってくれます。


シンガポール10-27-10-3


しつこいようだけど、チキンがうまい!
ココナッツの効いたカレーにはじゃがいもも入って
小胃袋星人には食べ応えたっぷり。

相方はコチラ。


シンガポール10-27-10-4


ハワイの『ヤミー』のようなコリアンBBQ屋さん。


シンガポール10-27-10-5


キムチチャーハンの上にフライドエッグがのってる。
想像通りの味。シンガポール人はほんとに玉子がスキだねー。
チキンを大量に食べるから玉子もなんだろうか?ナゾだわ。




食べ終わったらMRT南北線(NORTH-SOUTH LINE)でアンモキオ駅へ。
オーチャードロード周辺のホテルに宿泊だったら
「SAEX(SINGAPORE ATTRACTIONS EXPRESS)」というバスで
『ナイトサファリ』まで直通で行かれるらしいんだけど
マリーナ地区周辺滞在ならアンモキオ駅からバスのほうが便利みたい。

アンモキオ駅の道の反対側にあるバス・ターミナルから
138番バスに乗るつもりでいたんだけど
駅の改札口を出たところで「ナイトサファリ、フリーシャトルアルヨ」
そんなことを言う女性に遭遇…信じていいのかっ?
「タダより高いものはない」って言うし、なんといってもここは海外。
よーく話を聞いてみると「『ナイトサファリ』入場券22S$と
トラム券10S$を買えばシャトルで現地まで送ってあげる」
とのこと。
入場券とトラムの正規料金と同じ値段だし路線バスで行くよりは早いだろうと
「フリーシャトル」に乗ってみることにしたらシャトルのなかには
ほかの外国人観光客もいてホッとひと安心(笑)。

シャトルが満席になったら出発。約30分ほどかかったかな?
無事に『ナイトサファリ』に到着。やれやれよかった。


シンガポール10-27-10-6


シンガポールに『ナイトサファリ』ができた、と知ってから
ずっとずっと来たかった『ナイトサファリ』。
ようやく来ることができた…と感動!


シンガポール10-27-10-7


動物園で「ハロウィーン・ホラー」とはこれいかに。
こどももいっぱい来るでしょうに、怖いことするのはヘンじゃない?

蚊対策に蚊よけスプレーをして、シャトルで買ったチケットで無事入園(まだ疑ってた)。
東南アジアはデング熱などの伝染病の心配があるので、蚊よけスプレーは必須です。




『ナイトサファリ』にはトラムに乗ってパーク内を巡るコースと
「ウォーキング・トレイル」の3つのコースを歩いて巡るコース
があるので、まずは日本語トラムを予約。

日本語トラムは19:30、20:20、21:20の3本のみ。
(時間は変更されることもあるので、事前確認してください)
19:30のトラムには間に合わなかったので
20:20を予約して、時間までは歩いて巡ることに。

ウォーキング・トレイルの3つのコース
■フィッシング・キャット・トレイル
■フォレスト・ジャイアント・トレイル
■レオパード・トレイル
そのうち、日本語トラムに間に合うように
「フィッシング・キャット・トレイル」へ。


シンガポール10-27-10-8


重いのに三脚持って、ISOも1600まであげて
でも動く物とかいて動物です…ぶれますぶれます。


シンガポール10-27-10-9


一番うれしかったのは


シンガポール10-27-10-10


フィッシング・キャット=スナドリネコ
漫画『ぼのぼの』でスナフキンのような存在感を放っていた
クールでオトナのスナドリネコさん。
こんなところでお会いできるとは…と大感激!




時間ぎりぎりまでトレイルを歩いて
ダッシュでトラム乗り場まで戻ります。


シンガポール10-27-10-11


日本語トラムは英語トラムよりも奥に乗り場があるので
あまりぎりぎりまでトレイルするのはオススメできないかも…。

トラムは日本人ガイドの生アナウンス付き。

動くトラムから動く動物を撮影するのは不可能!
というわけで、撮影は断念してひたすら動物観察
夢を食べると言われているバクがすっごく近くにいてびっくりしたり
ばりばりと枝を食べるインド象を間近に見たり
動物園とは違い、野生に近い状態の動物に大コーフン!!
長年の夢が叶ったって感じだわ…(感涙)




1周約30分?のトラムで園内を巡ってから
人気というウワサの「クリーチャー・ショー」を観るかトレイルを続けるか悩んで
小動物よりも猛獣を見よう!とトレイルを続けることに。


シンガポール10-27-10-12


夢の『ナイトサファリ』ではこういう演出は不要!
ほんとにやめていただきたい。暗いんだからこわいんだよ!


シンガポール10-27-10-13


猛獣はさすがにガラス越し。
そのへん歩かれてエサにされてもイヤだもんね。
でもすぐ目の前に青く光る眼があるという大迫力。
こりゃ3DTVでも味わえないナマの迫力だね。


シンガポール10-27-10-14


エサを食べるのに必死で首から上がぶれてます。
珍獣だって言ってたような…イモトアヤコなら知ってるかしらん。


シンガポール10-27-10-15


美しい熱帯雨林の夜景。
自然の熱帯雨林のなかにある『ナイトサファリ』。
この地域の熱帯雨林も年々減少しているそうです。
日本語トラムでは環境についての説明はなかったけれど
トレイルの途中で乗った英語のトラムでは
熱帯雨林の保護とわたしたちができる環境保護運動「3R」
「リユース・リデュース・リサイクル」のお願いをしていました。
(日本語トラムは乗り降り不可、英語トラムのみ可)
この美しい熱帯雨林がいつまでも残りますように。




スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。