スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール旅⑫ アラブストリート

午前中に更新するのに「今日のよかったこと」ってどうなの?
そう思ったので、翌日に「昨日のよかったこと」を記すに変更。
こう考えると1日は意外と長い。
1年単位で考えるとびっくりするくらい短いけどね。




短い1年、早くシンガポール日記を終えないと。
茨城旅行の話もあるし、11月には次のお楽しみがスタンバイなのだ。

さて、シンガポール3日目。
ホテルの朝食バフェが見た目ほどよくないってことがわかったので
3日目からは外で朝食を取ることに。

この日はMRTラッフルズ・プレイス駅の地下街にあるコピティアムへ。
朝のコピティアムは出勤前のビジネスマンたちでいっぱい!


シンガポール10-18-10-1


トーストサンドとドリンクのセット。
セットのトーストには必ず温泉玉子がつくみたい。
何も言わなくてもソイソースとコショウつき(笑)


シンガポール10-18-10-2


ひとつはカヤトースト。もうひとつはハムとチーズ。
ハムとチーズでも温泉玉子をつけて食べるのには違和感が…
と、別々に食べる日本人なのでした。




食後はMRTに乗ってアラブストリートへ。
EAST-WEST LINE(東西線)のブギス駅下車です。


シンガポール10-18-10-3


券売機の全体画像を発見しました。
左側のSelect optionでSTANDARD TICKETを押してから
目的の駅の部分を押すと金額が出るシステム。
わかりやすいといえばわかりやすいかも。

ブギス駅で地上に出たら


シンガポール10-18-10-4


ホテル周辺では降っていなかったのにスコール(涙)
しかもけっこう激しく降ってるの。
『スルタン・モスク』まで歩いていくつもりだったけど
この降りじゃ着くまでにびしょびしょになっちゃうね、と予定変更。
ブギス駅周辺を観光することに。


シンガポール10-18-10-5


東南アジアらしいディープで怪しい雰囲気のする『ブギス・ヴィレッジ』
オトナのオ○チャ販売店などもあり、ほんとに怪しい…
建築基準法的にもかなり怪しい空間です。


シンガポール10-18-10-6


向かいの『ブギス・ジャンクション』
デパートもある、大型ショッピングモール。
明るくて近代的で安心感たっぷり(笑)


シンガポール10-18-10-7


「紀伊国屋書店」も入ってます。
決して新宿ではありません、シンガポールのブギスです。


シンガポール10-18-10-8


「黒執事」発見!
あの終わり方はいただけなかったわ。シエル…




『ブギス・ジャンクション』をぶらぶらしていたら
ようやくスコールも通り過ぎたようなので『スルタン・モスク』へ移動開始。


シンガポール10-18-10-9


『ブギス・ジャンクション』を出たところで
TVクルーのような人たちが2組くらいリポートをして撮影中。
通り過ぎる人たちもみんな、なぜか写メしてたので
これはわたしも負けらんねー!と激写。

んで、これはいったいナニ?
どうやら「ERP」というのは日本でいうところの
「ETC」みたいなものらしい。
このボードの下をくぐると自動で料金が加算されるんだとか。
トラック1S$≒60円、乗用車0.5S$≒30円
安いようだケド、ここって一般道だったような?
自動車専用道の入り口だったのかしらん…。




てくてく歩いて『スルタン・モスク』へ。


シンガポール10-18-10-10


シンガポール最大最古のモスク、さすがの風格です。
だがしかぁし!


シンガポール10-18-10-11


ガイドブックには午前中の拝観は12:30まで、とあったけど
どう見ても12:00までに変更されているみたい…しかも手書きで…
わたしたちが到着したのは12:15くらい。
スコールさえ降らなければ拝観できたのにぃ(泣)

しかもこの日は金曜日。
金曜日といえばイスラム教の一番大切なお祈りの日なので
お祈りにくる人たちの邪魔にならないように
とっとと退散するわたしたちなのでした。

スコールなんかキライだぁ(号泣)




というところでつづく…




スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。