スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール旅⑦ マリーナ・スクエア&サンテックシティ・モール

■今日のよかったこと
山のような洗濯物が帰国して、昨夜から洗濯機がフル稼働。
カラッとしたこの晴天がありがたい!
明日には崩れるみたいだもんねぇ。ほんとによかったわ。

■今日のトホホなこと
冷蔵庫があやしい。
冷えなくなったわけでも、音が大きくなったわけでもなく
ただ、ドアが開きにくくなった!
相方が出発したその夜からどうもおかしい。
3日間留守にしていた間、一度もあけなかったら
また一段と開きにくくなったみたい。
どうやらパッキンがべたついている模様。
冷蔵室だけじゃなくて、野菜室も冷凍庫も
いっぺんに開きにくくなってしまった。
これも今年の猛暑の影響なのか…
クルマを買い替えたばかりなのにぃ(涙)




そしてシンガポール。
ここらへんで2日目を終らせよう。
ちっともエコじゃないわ。

『亞坤(ヤ・クン)』でお茶休憩をして
いったんホテルに戻ってから夕食に出かけることに。

今度はチャイナタウンと反対側
エスプラネード橋を渡って『マリーナ・スクエア』方面へ。
『マリーナ・スクエア』はマリーナ・マンダリンや
ザ・リッツ・カールトン・ミレニアムも含んだ巨大モール。


シンガポール10-02-10-14


この一帯です。
右側に見えるのがマリーナ・マンダリン。
その奥に見えるのがザ・リッツ・カールトン(たぶん)。




『マリーナ・スクエア』で食事をするのではなく
『サンテック・シティ・モール』に行くつもりだったので
通りすがりにあれやこれやウィンドウ・ショッピング。


シンガポール10-02-10-1


おー、吉野家。


シンガポール10-02-10-2


台湾でも見かけた、香港のドラッグストア『ワトソンズ』
なんか日本でもよく見かけるようなものがあるような…


シンガポール10-02-10-3


J系人気、恐るべし。


シンガポール10-02-10-6


シンガポールにも無印良品あり。
無印のコンセプトって現代のロハスブームにのっかれるもんね。




ふむふむ言いながら、パン・パシフィック・シンガポールを通って
目的地の『サンテック・シティ・モール』へ。

『フード・リパブリック』というフードコートのなかの1店舗に目を奪われた!


シンガポール10-02-10-4


『ジャパニーズ・レストラン ハモる』
「タベル」「ノム」のほうがいいんじゃないかと…。
ちなみに、ハモりながら食べてる人はいませんでした。


シンガポール10-02-10-5


北海道ご当地お菓子がこんなところにっ!
しかもけっこうお客さんが入ってるのよ。
すごいもんだ!とビックリ。


シンガポール10-02-10-7


なんと、ペッパーランチ。


シンガポール10-02-10-8


ぎゃぼ!大戸屋!




もう日本のファストフード系で出店していないところはないのかも?
そう思えるくらいに日本企業満載の『サンテック・シティ・モール』
その店揃えなかからわたしが選んだのはコチラ。


シンガポール10-02-10-9


『三盅雨件(スープ・レストラン)』
スープ・レストランですよ、スープ♡レストラン
わたしが行かずしてどうする!?ってな感じです。


シンガポール10-02-10-10


しかし…ここのお店はビールの注ぎ方がヘタだ…実にヘタだ…
薬膳スープのお店に来てビール飲むな!っつーことなのかしらん。


シンガポール10-02-10-11


スープ2種類とジンジャー・チキン(Sサイズ)。

スープは「Detoxicatin」「Relaxation」など
オンナ心をくすぐるようなネーミング構成になってるの。
相方は「Insomnia」つまり不眠解消のスープを
わたしはもちろん「Detoxication」を。
様々な漢方の素材を煮出したスープなんだけど
思ったよりも薬臭くはなく、スープって感じに仕上がってる。
それぞれのスープに合わせて、肉が入ってはいるけれど
エキスがスープに全部出ちゃっているので
食べなくてもいいくらいのガラになってます。


シンガポール10-02-10-12


そしてこのジンジャー・チキン、これが激うまっ!
チキンはどこも大当たりなうまさなので
シンガポールではチキンを食べるのがいいみたい。
中央に盛られたジンジャーソース、これがまたうまい!
ウチの相方はしきりに「レシピ知りてーなー」と言ってましたが
自分から聞く勇気はなかったみたい(笑)
わたしは作る気がないので聞かなかったのだ。うひ
レタスの葉っぱにくるくる巻いていただきます。


シンガポール10-02-10-13


忘れちゃいけない、青菜はカイラン菜。

画像はないけどチャーハン(Sサイズ)と中国茶も頼んで
Tax7%、サービス料10%とタオル料2S$込みで76.75S$≒4,600円。
タオルは使わないから、と返すと請求されないとわかったので
あとのお店はタオルを返品することにしました。
安くても使わないものにお金は払いたくないから。

とはいえ、これだけ食べてもふたりで5,000円以下だから
日本に比べれば安いのかもしれないなー。




そんなこんなで、長い2日目が終わり…




スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

日本みたい

吉野屋・ROYCE・大戸屋…海外言って日本のお店がこんなにずらりなんて、おもしろいけどつまんなーーーい。

この国はビールはたっぷり注げるように泡を立てないのかしら? 泡は3:7もしくは3.5くらいあってもよってよ、私。

■akikoさん

そうなんです。
見た目にはおもしろいんですが、レストラン的にはさっぱりおもしろくないをです。
駐在の方たちにはおもしろいのかもしれないけど。

冷たい飲み物は飲まないらしいですからね…
どうやったらうまいか、なんて考えないんじゃないかしら。
食べ物はおいしいのに、残念なことです。
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。