スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール旅③ ザ・フラトン・ホテル

ひさしぶりのTシャツ・ソックス。
この夏のあまりの暑さに耐え切れず、裸族でいた…
っつーわけじゃないんです。(あたりまえ)
ずーっとユニクロのブラトップと裸足で過ごしていたのですよ。
そんなわけで、3ヵ月以上ぶり?にちゃんとブラをつけたオバチャンです。
きつく感じるかなぁと思ったら、意外に平気。
夏太りは避けた模様。よかったよかった。
ビミョーなお年頃ですからね。




さて、シンガポール旅。
話はいよいよシンガポール上陸です。

今回の旅はエアがマイル特典で無料だったので
我が家にしてはちょっとリッチなホテルを選んだのだ。
というか、このホテルに泊まってみたかったから
シンガポールステイになった、と言ってもいいくらい。


ザ・フラトン・ホテル


『ザ・フラトン・ホテル』



ザ・フラトン・ホテル


1928年に建てられ、1996年まで郵便局に使用されたという
シンガポールの歴史的建造物を改装したホテル。


ザ・フラトン・ホテル


8階建てなので、できるだけ高層階をとリクエストしたら
7階だけど残念ながらダブルの部屋になってしまった…


ザ・フラトン・ホテル


ルームカテゴリーは下から2番目のキールーム。


ザ・フラトン・ホテル


古い建物を改装して使用しているので、同じグレードでも
部屋によって天井の高さだの部屋の広さだの違うらしい。


ザ・フラトン・ホテル


どうやらはずれ?やや狭い感じ。


ザ・フラトン・ホテル


狭いけれどバルコニーがあって、外に出られるの。
正面に今年できたばかりの『マリーナ・ベイ・サンズ』


ザ・フラトン・ホテル


下のほうにはかの有名な「マーライオン」の後頭部がちらっと。
部屋によってはもう少し見えるんじゃない?
左下の道路はF1のコースになるんだって。
こりゃ特等席、道理で翌週は満室だったわけね。


ザ・フラトン・ホテル


なかは吹き抜け、宿泊した7階からの眺め。
アフタヌーン・ティーがいただける『コートヤード』が見えます。


ザ・フラトン・ホテル


元郵便局、というだけあって、ロビーにポストも。
日本の昔のポストに似てる!(若者にはわからんねー)


ザ・フラトン・ホテル


吹き抜けが明るく、開放的なイメージ。


ザ・フラトン・ホテル


正面の車寄せには超高級車がずらり。
庶民が泊まるホテルじゃなかった…


ザ・フラトン・ホテル


マーライオン側から見たホテルの全景。


ザ・フラトン・ホテル


夜のほうが風情があってキレイ。


ザ・フラトン・ホテル


ほとんど毎日チェックしたんだけど
日の丸は1回も揚がらなかった!
日本人宿泊客は少ないのかしら…


ザ・フラトン・ホテル


朝食ビュッフェは2回食べたらもう飽きた。
幸いというかなんというか、朝食付きじゃなかったので
残りの2回はホーカーズなどで食べました。




というわけで、1回泊まれば満足。
値段の甲斐はないような気がしました。
庶民なので十分利用できていないのかもしれないけれど…
台北の『レススイーツ台北 慶城館』のほうがずっとよかったと思う!




つづく…




スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

■鍵コメさん

メールいたしました。
ご連絡をありがとうございました。
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。