スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガ備忘録

「人生の5つの苦しみ」と乗り越えるための「3つのこと」
ケイコ先生から補足のメールをいただいたので備忘録。

人生の5つの苦しみ
●無知
●エゴ
●執着
●憎悪
●生への執着

乗り越えるための3つ
●修行・訓練
●自己探究心
●手放すこと

「いろいろな方法があるものの、今のところ、私の中で出た答えは
そこに意味が見出せるかどうか?ではないかと思いました。」

自分にとってどんな意味があるのか
そう問い続けることに意味がある。

例えば、エゴが自分にとってどんな意味があるのか
捨てなければならないもの、ではなく
そのエゴはいま自分にとって必要なものかどうか
そう問い続けることに意味がある。

手放せない思いがあったり
手放せないことがあるということ
そこにも意味がある。




うーん。
深いね、あまりにも深い。
だからこそずっと問い続けるべきなのかも。




話は変わって、スリヤナマスカラをやるときに
左手に違和感を感じるときがあった。

アヌサラのスリヤナマスカラの場合
基本的に手は最初の位置から動かすことはない。
ウッターナから手をつけてダウンドッグに入るときは
手のアラインメントをしっかり確認してから入るので
両手を安定した位置におくことが出来る。

アヌサラ以外のレッスン、例えばリラックスの場合
バラ・アーサナからプランク→ブジャンガ
このブジャンガのときに左手の親指側の筋に
ものすごく痛みを感じるときがあった。

マリコ先生のリラックスのときにも
途中でかなりの痛みを感じたので
レッスンあとにマリコ先生にお願いして
スリヤナマスカラを見てもらった。
そしたら、両手の幅が広すぎるんだって。

アヌサラでは両手の幅を
「プランクで自分の胴体が入る余裕のある幅で」と言われる。
マリコ先生もアヌサラ・インストラクターなので
「胴体の幅って思っているんですけど」と言うと
「たぶんね、思ってるより自分の胴体は細いよ」
って笑われてしまった…。

両手の幅をいままでよりも狭くすると
ダウンドッグのときに楽に肩甲骨を寄せられる。
肩甲骨を寄せると首が楽になる。
自分のアーサナを自分で見ることはほとんどないので
先生に見てもらうといろんな欠点がわかるもんだ。
マリコ先生、ありがとうございました。




先週のミサト先生のアヌサラIBで
壁を使ったハンドスタンドができなかった…
なんでだかわかんないけど不調だったんだよね。

ちょっと凹み気味のまま
今週のミサト先生のアヌサラIでは
ペアになった人が的確なアドバイスをしてくれて
ほとんど自立のハンドスタンドができた!
しかもすごく楽しい気持ちでできたのが
なによりも心地よかったー。

アヌサラのGURUの言葉
「偶然はひとつもない。すべて必然なんだ。」
人生のこの時期にヨガにめぐり合ったのも必然なのね。




いまだにバカ・アーサナができないっ
できないって思っているからなのかなぁ。




スポンサーサイト

テーマ : ヨガ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : ヨガ

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。