スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワースポットは涼しいのだ。

相方のお盆休みが終わり、わたしも気持ちをリセットして
今日から通常営業気分で家事をアレコレと。
と、思ったは思ったんですよ、ホントダヨ。
掃除が終ってシャワーを浴びた段階での室内の気温31℃。
こういうのって見ちゃいけないよね。
見たとたんにテンションさがるもんね…。
PCを立ち上げたら、本体のファンが恐ろしい勢いで回る回る。
本体後部から噴出す熱気のせいか、室温32.2℃に上昇。

PCが爆発しそうなのもこわいし(しないっつーの)
何よりも温度計のデジタルの数字にKOされて
テンションだだ下がりになってやる気0になってしまったので
エアコンをつけることとなりました。
現在の室温27.8℃。
涼しいのか暑いのかよくわからない数字ではあるけれど
エアコン設定温度が28℃だからショーがない。
何より温度計を見てもビジュアル的に許せる数字だからよし!




そんなこんなの午後。
相方実家へのドタバタ帰省をアップする前に
めめちゃんとの久々お出かけをアップ。

最近、パワースポットめぐりが人気のようで
特に明治神宮の清正井(だっけ?)のあたりは大人気
行列4時間とか言われているみたい。

考えてみれば、お江戸の町なんてぇのは
徳川家康・秀忠・家光の3代の将軍に仕えた天海僧正が
陰陽道や風水に基づいて町を造ったんだから
あっちこっちにパワースポットがあってもおかしくはねぇやね。
なんで江戸っ子口調になっちまったんだろうね。

風水では山に気があって川や山脈などをつたって気が流れる、とするらしい。
天海僧正は山の気を江戸の町に流れ込ませるために
街道を配置し、川の治水を行ったと言われている。
もっともよい気が集まる場所は江戸城、いまの皇居。
悪い気がたまるような場所には神社仏閣を配置した。
江戸時代に建立された神社仏閣などは意味があってその位置にあるわけで
破壊したり移築したりするのは風水的にはとてもよくないことなんだと思う。

山から流れてきた気は江戸市中を通り、海へと流れていく。
ところが現代日本は海の近くに高層ビルが乱立している。
山から流れた気の逃げる場所がない。

300年続いた江戸時代、1800年代の江戸の人口は100万人超。
同じ頃のロンドンの人口は90万人、パリは60万人だったとされる。
戸籍のない時代のことだから正確な数字ではないにしても
繁栄の続いた江戸時代と比べ、現代日本はどうだろう。




そんなこんなの前置きが長くなったけれども
めめちゃんと東京のパワースポットに行ってきたのだ。


浜離宮


「東京都立浜離宮恩賜庭園」
将軍家の鷹狩の場であった地を甲府藩主徳川綱重が拝領
綱重の子、徳川家宣が将軍になったため将軍家の別邸となった。
将軍家の縁の土地がパワースポットなのは間違いない!
↑の画像は中の御門を庭園に入ってから見たところ。


浜離宮


都会のビルのすぐそばに約25万平米の広大な庭園がある風景。


浜離宮


コンラッド・ヒルトンの高層階からは庭園内が一望できそう。


浜離宮


「旧稲生神社」
ここが浜離宮のなかでももっともパワーのある場所
そう思って行ったんだけど、あとからネットで色々と調べてみたら
どうやらここじゃないみたい…めめちゃん、ごめんね!
なんでも「観音堂跡」という場所らしい。
ちなみに案内図には乗っていません。

浜離宮全体がパワースポットなんだよってことでOK!


浜離宮


園内のお花畑はキバナコスモスが真っ盛り。


浜離宮


デジイチを持っていかなかったのが悔やまれるヘタレ。


浜離宮


「潮入の池」に浮かぶ「中島の御茶屋」


浜離宮


この御茶屋ではお抹茶とお菓子がいただけます。


08-16-10-9.jpg


氷入りの冷たいお抹茶とお菓子。
暑さのあまりにアングルなどどうでもよい感じ(笑)。


08-16-10-10.jpg


お菓子はキバナコスモス。

湿度が高くて暑い日だったんだけれど
周りを木に囲まれた池の上の御茶屋を吹きぬける風が涼しいの!
日本の風土には、開放感のある日本家屋が適しているのねー。

考えてみれば箱根神社も厳島神社も浜離宮も
パワースポットとされる場所は涼しいんだね。
これは気があるからかもしれないけれど
土と木と水、自然に囲まれているからなんだと思う。
コンクリートで固められた生活では味わうことのできない快適さだわ。

風が心地よくて、ついつい長々とおしゃべり。
ゆっくりと休んで浜離宮をあとにして銀座へと向かいます。


08-16-10-11.jpg


途中、どう見ても道路に踏切用信号を発見。


08-16-10-12.jpg


昭和62年まで使用されていた踏切用信号でした。
「つい最近まで線路があったんだねー」というふたり。
昭和62年が「つい最近」かどうかは人によって違うと思う…。




銀座に行って、フットマッサージを受けたり
ぶらぶらとウィンドウショッピングをしてから丸の内へ移動。
早めの夕食をコチラで。


きじ丸の内店


『お好み焼き きじ 丸の内店』
はからずも2日連続で大阪お好み焼きアップとなりました(笑)。


きじ丸の内店


大阪の人が来たらびっくりしちゃうんじゃないかと思うくらいに
小奇麗で小洒落ていてジャズなんか流れちゃう店内。
お好み焼きを焼いている人たちも白いシェフ帽に白衣なんか着ちゃって
大阪の本店のTシャツ姿と比べてどうなのよ!と突っ込みたくなるわっ。
おまけにワインリストなんかあったり。
お好み焼きにはやっぱりビールだろっ、ビール。
と、赤ワインを飲んでいる隣のカップルに言いたかった!


きじ丸の内店


手前:「スジモダン焼き」1,280円
奥:「ミックス焼き」1,180円
お値段も高め…丸の内の土地代が入ってるんでしょうな。
おいしいけれど、やっぱり大阪の空気の入った
本場の味のほうがおいしいと思う!
また行きたいなぁ、大阪神戸。

というわけで、明日は東北地方のアップになる予定。




スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。