スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑のなかの文化遺産めぐり旅⑥(関西編その2)

お盆になってもまだ猛暑。
エアコンを入れてもシャッキリしない。
ひょっとして夏バテなのか、それとも年中無休の怠け病なのか。
お盆をすぎた来週もまだ暑さがつづくのねー。
もういい加減涼しくなってほしいだわさ。




というわけで、今日は広島家族旅行の完結編。
前回は神戸でスイーツを食べてショッピングをしたところまで。

高架下をぶらぶらと歩いて三宮駅まで戻り、阪急電車に乗って夙川へ。
ほんとは甲陽園のツマガリ本店で生ケーキを食べたかったんだけど
その日は定休日だったので涙を飲んで断念。
夙川駅のわりと近くにあるコチラのお店へ。


エルベラン


いかにも「町の洋菓子店」といった店構えのお店『エルベラン』
イートインコーナーはなく、ショーケースに生菓子と焼き菓子が並ぶだけという
決して広くはないお店には、ご近所の方と思われる人たちが次から次へとやってくる。


エルベラン


ここの焼き菓子のなにがすごいかというと
脱酸素剤や乾燥剤などを一切入れていないというところらしい。
パン焼き趣味職人ごーじゃす★たみからの受け売りなんですが。
冬でも夏でも脱酸素剤を入れないことを前提に
1年中同じ加減で焼き上げるのは大変なことなんだそうだ。
菓子プロ職人のこの方ならば、このすごさはわかるのかもしれないけれど
食べる専門のわたしゃ「いつ食べてもおいしーよっ」としか思いましぇん。
クッキーおいしかったー♪しあわせ♡




『エルベラン』で焼き菓子購入のあとは
夙川界隈のもう1軒の有名店『ミッシェルバッハ』に行ってみたんだけど
コチラも定休日だった…まったくついてない(涙)。

仕方がないので阪急電車で梅田まで戻り
水分補給をしようとハービス大阪まで歩いてコチラのお店へ。
梅田駅からハービス大阪までが遠かった…。


大阪08-15-10-1


『サロン・ド・テ ルピシア』
逆光なので暗く見えるけれど、全面ガラス張りの明るい店内。
「サロン・ド・テ」の隣にはお茶のレッスンを受けられるスクールも併設。
調べてみたら、東京は自由が丘にもスクールがあるんだね。ほー。


大阪08-15-10-2


暑いので冷たいものをくーっと飲みたい欲求を抑えて、マサラ・チャイ・ティーを。
カルダモンと黒胡椒が効いている、初めての味。
暑い夏、エアコンで冷えたカラダを芯から温めるには
こういう飲み物もいいのかもしれないね。熱いけど。




お茶をしてゆっくり休んでから、家族と合流。
早めの夕食をいただこうと梅田地下街ホワイティへ。


ゆかり


この旅の最初の食事が広島風お好み焼きならば
〆の食事は大阪風お好み焼きなのだっ!『ゆかり』


ゆかり


焼いて持ってきてくれるのではなく、テーブルの鉄板上で焼いてくれます。
自分で焼くと味が5割減になるような気がするので
焼いてくれるお店バンザイ!なのだ。


ゆかり


ふっくらとした厚いお好み焼きなので、けっこう時間がかかります。
焼ける匂い、隣のテーブルからのソースの焦げる匂い
これが大阪粉もん文化の醍醐味ってやつですなぁ。


ゆかり


出来上がり!パチパチ!!
猫舌なのでコテではいただけません。
旅行前から「広島と大阪でお好み焼きを食べたい」と言っていた姪っ子
マヨネーズを増量し、夢中で食べてました。
ついでに体重もかなり増量したんじゃないかと…。




旅行最後の食事を堪能し、食後は梅田阪急のデパ地下でスイーツを
そして新大阪駅では恒例のコレを購入。


大阪08-15-10-3


『551蓬莱』の豚まん。
新幹線車内に豚まん臭が充満するという、大阪の定番みやげですな。

豚まんの香りに包まれながら食べたスイーツは


大阪08-15-10-4


『五感』の和風スイーツ。
揺れる車内で撮影したのでピンボケ…でもおいしーの。
生の無花果が乗った「宇治抹茶プリン」はあっさり夏向きスイーツ♡
白玉のもっちりとプリンのとろとろした食感の合わせ方が絶妙。
旅の締めくくりにふさわしいスイーツでした。




そんなこんなの家族旅行。
文化遺産めぐりは前半のみ、後半は食い倒れだったわ(笑)。
これから難しい年齢になっていく姪っ子甥っ子
みんな揃っての(ダンナたちはいなかったけれど)旅行など
そうそうできることではないんだろうな。
高齢の両親にまたひとつ親孝行ができた(と思う)ってことで。




スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。