スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火の要素

1ヵ月半ヨガから離れていた反動なのか
時間ができたのがうれしくて、一生懸命通っちゃう。

リー先生のリラックスとケイコ先生のアヌサラ・インスパイアド

リー先生のリラックスはリラックスながらも
汗をかくほどにカラダを隅々まで伸ばすことができるからいいなー。
肩甲骨周りをしっかり動かすことができてよかった。
次のケイコ先生のレッスンと続けて受けるとすごくいい感じ。





ケイコ先生のアヌサラ・インスパイアドのテーマは「火の要素」

「火の要素」
アーユルヴェーダのドーシャには3つの要素があるとされている。
カパ(土)、ヴァータ(風)、ピッタ(火)
ドーシャというのはヨガでいうプラーナみたいなものなんだろうか?
カラダのバランスを司る、生命エネルギーを指すらしい。
わたしはヴァータ体質、風の要素が強かったような気がする。
(アーユルヴェーダについて学んだことはないので
理解していないことも多々あると思われます、ご容赦ください。)

「火の要素」
火の持つイメージは
●明るさ
●暖かさ
●力強さ
そして火の使い方を誤ったり暴走したりすると
火は熱さに変わったり、物や心をを燃やしてしまったりする。

火が暴走して燃え盛っているとき
あるいは人の心のなかの火が炎に変わったとき
(怒りが燃えているときなど)
そんなときは逆らったり、むやみに近寄ったりするのではなく
熱さを感じないところまで離れて見てみるとよい。
そうすれば熱さは光に変わるかもしれない。

うーん。
うーん。
うーん。





このことをヨガにおきかえると
ハンドスタンドなどで恐怖を感じたとき
恐怖から一歩離れてみるとよい、ということだ。
離れてみれば恐怖は別な感情に変わるかもしれない。

うーん。
うーん。
うーん。




ひさしぶりにやったアルダ・チャンドゥラ
まったくできなくて笑ってしまった…
あげたほうの足の高さ、方向とも
いままでまったく間違ってたということに気がついた。

というわけで、昨日はアルダ・チャンドゥラの新しい一歩を踏み出した日。




スポンサーサイト

テーマ : ヨガ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : ヨガ

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。