スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑のなかの文化遺産めぐり旅②

なんだかグッタリ、疲れが抜けない気がする…
気のせいだとしたら、ただの怠け病だな、こりゃ。
季節労働終了の翌々日から猛暑のなかの旅行だったし
たぶん気のせいじゃないでしょう、たぶん。

そう思うと、高齢の父がちょっと心配になって電話してみた。
母曰く、父は旅行の翌日の昼間はかかりつけの整体に行って
夜は学生時代のクラスメートとの飲み会で中華街へ行ったそうな。
いまの世の中、高齢者は元気ですなー。

しっかし、80歳のおじーちゃんばかりの飲み会ってどうよ?
想像しようにも想像の限界を超えてるなー。
まぁ元気で何よりです。




というわけで、山陽旅行の話のつづき。

『広島アンデルセン』でひと休みのあとは
どこに行こうかとぶらぶら歩きながら考えて
また市電に乗って「縮景園」に向かうことに。


広島07-31-10-1


ぶらぶら歩きすぎて「原爆ドーム前」まで来ちゃってた。
アーケード街ならけっこう涼しいもんね。

「八丁堀」で白島線に乗り換えて「縮景園」へ。
市電1日乗車券600円で乗り放題なのです。


広島07-31-10-2


1620年、時の広島藩主浅野長晟が造らせたという「縮景園」
広さ約5万㎡回遊式庭園も原爆の投下で壊滅状態になったという。
原爆投下の4年後から復旧をはじめ、昭和51年にいまの形に復元された。


広島07-31-10-3


あまりの暑さに人影もまばら。


広島07-31-10-4


でもこんな竹やぶを吹き抜ける風は意外と涼しいの。
樹木の天然の冷却能力ってすごい。
町にも人にも樹木は必要だと痛感します。




「縮景園」鑑賞後はホテルで家族と合流。
夕食はネットで探したコチラのお店で。


あんべぇ


市電「八丁堀」駅から徒歩3分ほどのところにある『和食酒家 あんべぇ』
お昼の広島お好み焼きでハズレを引いてしまったわたし
この夕食で名誉挽回だわさっ。


あんべぇ


まずは生ビールでカンパーイ!
暑い中を歩きつかれたカラダに染み渡ります…

お通しの枝豆豆腐、それと小さいお椀に入っているのは
一番ダシに塩をちょっと入れたもの。
このお椀が絶妙の塩加減、よいダシでうまーーーーーい!
カラダの求める味、という感じ。
「お母さんの作るお味噌汁よりおいしいね」
よけいな一言を言ってにらまれるワンパク坊主。
このおいしさがわかるなら1人前だね(笑)。


あんべぇ


「トマトと湯葉の塩和え」
撮影のジャマをして満足そうなのは姪っ子…
じゃありません、妹です。アホかー。


あんべぇ


「お刺身盛り合わせ」これは3人前。6種類。
マグロやイカ、といったどこでも出されるようなのではなく
真鯛や黒鯛などの地場産の魚なのがうれしい♪
鯛の昆布〆もおいしかったー。


あんべぇ


「夏野菜の鯛味噌添え」
夏野菜はきゅうりと水茄子。
この鯛味噌の塩梅がまたちょうどよくて、一家揃って奪い合い。
こうなると長幼の順など、まったく無視する血が流れているようです。
ジジババも孫への気遣いなどまったくなし。


あんべぇ


こんなラインアップともなれば冷酒。
きりりと冷えた辛口がすすみまーす。うひひ♪


あんべぇ


「南蛮漬けとヌタ」
どれもきっちり手をかけて作っているものばかり。
お酒のアテばかりなのに、こどもも夢中で食べるおいしさです。


あんべぇ


「たこのから揚げ」
うまい!文句なくうまい!


あんべぇ


「とうきびのかき揚げ」
これがまた、もう1回食べたい一品。
とうころこしの甘さが絶妙なんですわー。




このほかにも食べたんだけど、画像はなし。
食べて飲むことに専念しちゃった。
ご飯も土鍋で炊かれていておいしかったー。

月曜日の夜なのに、8時過ぎには満席。
人気のほどをうかがわせるお店です。
また広島に行くことがあったら、また行きたいなぁ。




和食酒家 あんべぇ

 広島市中区八丁堀12-14 木村ビル2F
 082-222-7545
 日曜・祝日定休





スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

ごはんおいしそ~~~~
暑いのは苦手だけど、広島いきたくなりました~^(どんだけ食いしん坊なんだ、わたし)

■るる♪さん

おいしかったですよー!
お酒は飲まないけど、お酒のアテが好きそうなるる♪さんにもオススメのお店です。
広島に行く機会があったらぜひ行ってみてほしいわー。
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。