スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼きたてはお初でした。

予行練習ってなわけで、朝からシャキシャキ動くようにした。
予定のない日は相方を送り出したあとは
どっかり座って新聞を読みながらコーヒーを飲んだり
「はなまるマーケット」を見たり
だらだらしているうちにすぐに30分くらいたっちゃうのよね。
しばらくはそんな時間の浪費は許されませーん。
というわけで、本日の予行練習は意外とうまくいった感じ。
いよいよ明日から季節労働の本番開始
シャキシャキ動けますように!(すでに神頼み)





そんなこんなで赤坂ランチのつづき。

赤坂といえば


06-21-10-1.jpg


やっぱりTBSかな?
こんなに立派なビルだとは。
左の上の丸いのはヘリポートですかねー。
安住アナなんかがその辺を歩いているわけでもないので
赤坂Bizタワーという商業ビルの地下のカフェへ。


06-21-10-2.jpg


12時台にはオフィスで働く人々でいっぱいだったカフェも
13時を過ぎるとがらーーんとしてしまったわ。
さすがオフィス街のカフェ。

関西出身めめちゃん、今回は東京の観光地図を持参で
ここにも行ったことない、あそこも行ってみたいとアレコレ調査中。
あそこでもここでもどこでもお供しまっせー!
あちこち遊びに行きましょう。

そしてこの日、向かった先は


06-21-10-3.jpg


麻布十番。
どこでもお供しまっせー!なんて言ってはみたけれど
実は生まれて2度目の麻布十番。
前回来たのは、まだ大江戸線が開通する前のことでした。
ま、ほとんど初めてってことです。スンマヘン。

そんなこんなでおのぼり状態、地図を片手に歩いていたら
老舗っぽいお店の前を通りかかったのでお立ち寄り。


06-21-10-4.jpg


『たぬき煎餅』
宮内庁御用達のお店なんですと。
老舗っぽいじゃなくて、老舗ですっ。
お煎餅がおいしそうだったので2袋買いました。


06-21-10-5.jpg


「青のり狸」と「しょうゆ狸」
まだ青のり方しか食べていないんだけど
さっくり軽い食感、ちょっと濃い目の塩味に青のりの香りがおいしいの。
おしょうゆ味のほうも楽しみー♪

せんべいは「煎餅」じゃなくて「千兵衛」なのね。
「Dr.スランプ」を思い出す…。




「たぬき煎餅」のすぐそばにはコチラの有名店も。


浪花家総本店


『浪花家総本店』
麻布十番といえばコチラのお店ってくらいに有名なたい焼き屋さんですね。


浪花家総本店


ここ『浪花家総本店』も鎌倉の『なみへい』と同じく
いまどき珍しい、1匹ずつ焼くタイプ。
立て続けに1匹焼きにめぐりあうとは、もしかして珍しくないとか?

皮がやや厚めながらさっくりした食感の『なみへい』とは違って
『浪花家総本店』は薄めの皮がパリパリとしています。

実はコチラのたい焼き、おみやげにいただいたことはあったのですが
おみやげだと時間がたっているので、皮が柔らかくなってしまうんですよねー。
だからどうしても焼きたてが食べたい。
なのに晴れオンナのパワー空しく、雨がぽつぽつ。
こうなったら駅に戻ってベンチで食べるっきゃない!

というわけで、大江戸線のホームで初めての焼き立てをいただきました。
パリッとしたこの食感、たい焼きはやっぱり焼きたてが一番だー!

麻布十番滞在時間はわずか30分もなかったかも。
また晴れた日にそぞろ歩きをしようねー。






スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

麻布十番、行ってみたいカフェなどあれど、どうも遠くて
なかなか行かないところです。。。
なみへいさんは、こちらのお店で修業もされたようですよ☆

『なみへい』さん、コチラで修行なさってたんですかぁ!どうりで1匹焼きスタイルなわけだ…納得です。

麻布十番は大江戸線開通までは、ある意味陸の孤島でしたしね…。お祭りは有名だったけど、わざわざ行く場所ではなかったかも。
大江戸線開通後は新宿からすぐだし、行ってみれば意外と近いって感じでした。
次回はゆっくりお散歩したいです。
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。