スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新緑の箱根路①

たらの芽は天ぷらにして塩をふって
キリンラガーの大瓶とともにうめーうめーといただきました。
この頃我が家では缶ビールをやめて大瓶にしたのだ。
市内のディスカウント酒屋さんで大瓶が278円。
安いもんじゃないですかー。
外で瓶ビールを飲むのがアホらしくなるわな。

野菜も送ってくれたので、ただいま冷蔵庫が満杯状態。
そのうえ大瓶も入っているからタイヘンだわよ。




宅急便が届いたという報告とお礼を兼ねて相方から電話をさせて
ついでに母の日に何か希望があるか、と遅まきながら聞いてみた。
「気持ちだけで十分だよー」と言っていたそうだ。
世の中のフツーの母親はほんとにそう言うんだな、と改めて実感。
ウチのフツーじゃない母親にメールをしたところ
「ほしいモノはないので現金をください」だそうだ。

わたしが多感な高校生時代、妹が多感な中学生時代に
母の日のプレゼントはなにがほしいか聞いたところ
「あなたたちのお小遣いで買える範囲内にほしいモノはない」
そうきっぱり言い切った、フツーじゃない母親なので…。
ものすごく前向きに解釈すれば、正直者なのね、ウチの母は!





忘れないうちに箱根の記録。


箱根05-09-10-1


新宿駅からロマンスカーに乗り、箱根湯本まで。
最新型車両ではなかったみたいなんだけど
新宿ー箱根湯本まで特急料金870円。
文句を言える料金じゃありません。


箱根05-09-10-2


ビールを飲みながら旅行気分満喫!
欲を言えば、キリンかヱビスを売ってほしい。ぜひ。




箱根湯本から箱根登山線に乗り換え。
GW最終日にも関わらず、ものすごい人人人。
登山鉄道だか通勤電車だかわからんちんの混み具合でビックリ!


箱根05-09-10-3


スイッチバックに山道を感じつつ、宮ノ下で下車。
今回は「箱根フリーパス」で周遊旅行なのだ。
●小田急線(発駅~小田原駅)往復1回
●箱根登山線
●箱根登山バス(指定区間)
●箱根登山ケーブルカー
●箱根ロープウェイ
●箱根海賊船
●小田急箱根高速バス(指定区間)
などが2日間または3日間乗り放題というおトクなパス。
2日間だとおとな5,000円、3日間でも5,500円。
コレをフルに活用しますよ!今回は!

というわけで、宮ノ下で下車。


箱根05-09-10-4


慣れない坂道に足をがくがく言わせながら
今回の宿泊先、富士屋ホテルへ。ウソデス、ゴメンナサイ。

富士屋ホテルの前をしゅっと通り過ぎ、コチラへ。


渡邊ベーカリー


1891年創業『渡邊ベーカリー』
1891年、明治24年、大津事件の起こった年。
ロシア皇太子、後のニコライ2世が大津で暗殺されそうになったという事件です。
いまから約120年前からある老舗のパン屋さんなのだ。


渡邊ベーカリー


パン屋さんの狭い店内に4席ほどのイートインコーナーが。
ランチタイムだったので、すでに満席。
しかもお店の外に待っている人までいる人気っぷり。
先に店内で会計を済ませ、番号をもらって外で待つシステムです。
会計を済ませないと行列に並んでも食べられないので要注意。


渡邊ベーカリー


10分ほど待って、順番がきて店内へ。


渡邊ベーカリー


まずはパンのフタにつけていただきます。
パンはカリッと焼き上げられていてうまーい♪
シチューも具がゴロゴロ入っていておいちぃ♪
汁物らばーにはたまらない、洋食屋さん風のビーフシチューですわん♡

次から次へとお客さんがやってきて、常に行列するけれど
回転が早いので待ち時間はそれほど長くはないと思われます。
持ち帰りもできるようなので、時間のない人は持ち帰りにチャレンジしてみては?
でもパンのカリッと感を楽しむには店内で食べるのがベスト!かな?




というところで次回へつづく…。




渡邊ベーカリー (パン / 宮ノ下、小涌谷、彫刻の森)
☆☆☆☆ 0.0






スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : おいしい

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。