スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三渓園のんびり散歩

やっとGWらしくなってきました。
お天気も安定してきたようで、よかったよかった。
野菜の高騰も治まってくれるといいねぇ。




そんなこんなで昭和の日。
いつからみどりの日は昭和の日になったんだか
気がついたら昭和の日になっていた4月29日のこと。
ごーじゃす★たみとまっちゃんと3人で
横浜の三渓園まで散歩に行ってきました。

三渓園は明治時代の実業家原三渓が
横浜本牧にある175,000㎡の自宅の土地を公開したもの。
自宅を公開ってのもすごいけど、自宅の土地が175,000㎡って!
明治時代の資産家の資産ってのは途方もないもんですな。
原三渓はその資産を使って芸術家の育成と支援を図ったり
関東大震災のあとには横浜市復興の援助をしたりしたんです。
昔の資産家ってのはお金の生かし方もうまかったんですね。
ああ、明治ははるか遠くになりにけり。
三渓園についての詳細はコチラへ。




入園料500円を払って入園。


三渓園


午前中の雨もやみ、風はやや強めながらも晴れてよかった。


三渓園


入園してすぐにある大池のほとりの藤棚。
例年なら満開の時期なのに、今年はまだ五分咲きくらい。
気候の不安定さがここにも影響していたわー。残念。


三渓園


賑やかなお囃子の調子に誘われて見に行ってみると獅子舞の最中でした。
小さいこどもが興味津々といった様子で近くで見ていたのがカワイイ♪


三渓園


休憩したがる人が1名(=わたし)いたので抹茶処「望塔亭」へ。
当日のお抹茶は江戸千家さんでした。


三渓園


餡入り落雁も三渓園デザイン。
白いのが塩落雁でピンクのは桜落雁。
落雁はおみやげでも売ってるのだ。

お抹茶でしばし休憩のあとは4月29日~5月5日期間限定公開の
重要文化財の古建築、臨春閣へ。


三渓園


自分で掃除するんだったら…と考えるとイヤになっちゃうくらいに広いお宅。
重要文化財を見ながらそんなことを考えるなんて、わたしったらつくづく市民ですな。


三渓園


白くて花弁が大きい藤は満開。
ツツジはまだまだ三分咲きといったところでしょうか。


三渓園


竹林には巨大な筍が。
こんなに成長しちゃったのはとてもとても食べられないだろうなぁ
と、食い意地ばっかりの小市民。


三渓園


内苑を南門から出て外苑へ。


三渓園


三渓園の象徴、旧燈明寺三重塔。
新緑に映えてとてもきれい。


三渓園


燈明寺だけれど、瓦には「東明寺」と書かれているのね。
鬼瓦には「昭和二十九年八月吉日」と書かれています。


三渓園


飛騨から移築された旧矢箆原家住宅。
萱葺きの見事な建築は常時中を見ることができます。


三渓園


休憩したがる人が1名(=わたし)がいたので「待春軒」でコーヒーを。


三渓園


藤やツツジにはちょっと早かったけれど
新緑のなかをゆっくりと散歩した約3時間。
たまにはこんな過ごしかたも楽しいね。
まっちゃん、たみ、ありがとー!また行こうね♪




スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

写真、よく撮れてますね
大昔に行ったことがあります。確か機関車が飾られていたけど
まだ、あるのかな?

■minaさん

ありがとうございます!
わたしが歩いた範囲内には機関車はなかったですねー。でも広い園内なので、もしかするとあったかもしれません。不確かな情報でゴメンナサイ。

横レス失礼致します、minaさん、D51の機関車と回転台(機関車の向きを変えるためのものですね)は三渓園を南門から出たところの、本牧市民公園の芝生広場の片隅にあります。三渓園と本牧市民公園は隣接しているので、ちょっとわからなくなるかもしれませんね。
レフア★さん、とてもご近所にいらしていたのですねv-344、嬉しく思います。同じ日私は初(!!!)江ノ島詣でをしておりました。今日はお散歩のついでに原三渓さんの子孫の原さんのお屋敷の門の前から金網越しに三渓園を眺めました。藤、もうそろそろお仕舞いですねー。

■シュール・リーさん

情報をありがとうございました。さすが、ご近所マダムですわん。そしてご近所に四季折々に楽しめる公園があるのがうらやましい限りです。藤の盛りも見逃したし残念。

あの日、江の島でも相当風が強かったのでは?そういえば水族館マニアなのに、いまだに新しくなった江の水に行ってません。近いうちに行ってこなきゃ!これから鎌倉はアジサイの季節ですね。
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。