スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チリを積もらせて山とする。

春の肌荒れ週間が始まりました☆
やっと肌荒れの季節って感じよねー、あはあは。
例年なら花粉症とともに訪れる肌荒れなのに
今年は不安定な気候の影響をモロに受けて
肌荒れの季節までずれこみやがったぜ。ぶぅ。





ひさしぶりに?ヨガの話。1週間ぶりだわね。

ミサト先生のアヌサラ・インスパイアド・ビギナーズ。
テーマは「チリを積もらせて山にする」

チリも固めればダイヤモンドになる。
ダイヤモンドは炭素の塊だもんね。

日々のヨガのレッスンで自分のなかに積もるものは
チリほどの小さなものかもしれない。
積もる小さなものをチリとして拭いてしまうのか
表面にうすく積もらせるのか
時間をかけてダイヤモンドの塊にするのか
すべては自分次第。

ナヴァ・アーサナ。
いわゆる「V字バランス」の形のアーサナ。
ヨガ・ジャナールでは「坐骨だけでバランスをとる」と書いてあった。
ところが、坐骨だけでバランスをとろうとすると
体重をかなり前のほうにおかなきゃならない→足があがらない。
そんな疑問があったので、ミサト先生に質問してみた。
先生が言うには、「坐骨だけ」ではなく「坐骨周辺で」と考えたほうがよいらしい。
バランスをとるよりも足をあげるよりも重要なのは
●骨盤を立てること(ニュートラル状態にする)
●体側を長く、肩甲骨を後ろへ
どの立位のアーサナにも共通なことですわな。
inner body brightはもっとも大切な意識なんだな。
アタマではわかっちゃいるんですがぁ(と毎回言っているような、トホホ)。




マリコ先生のリラックス。
テーマは「アッビャーサとバイラーギャのバランスをとること」
「アッビャーサ」=「修練」、「バイラーギャ」=「離欲」

アッビャーサの意味する修練とは、目的を持たずに進むこと。
どれくらいの期間をかけて、どのくらい頑張れば
どれだけの結果を得られるか。それはわからない。
つまり、目的も到達点もわからないことにたいして
がんばり続けること=修練=心の強化につながる。

バイラーギャの意味する離欲とは、無心であること。
執着は束縛であり、無心は自由。
何物とも比較をせず、欲から離れること。

がんばり続けて向上したいと思っても欲を抱いちゃいけない。
離欲なくしての修練はあり得ないんだそうだ…。

っつーわけで、初心者ヨギーにできるのは
●呼吸をし続けること
●ほかの人と自分を比べないこと
それ以上を目指したら欲張ったことになっちゃうから(汗)。




わたしゃ欲深いし、いろんなことに執着するし
くだらないことだけ競争心が芽生えるし
あらゆる意味でヨギーからもっとも遠いところにいるなぁ。
だからヨガをやり始めたんだな、たぶん。




スポンサーサイト

テーマ : ヨガ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : ヨガ

コメント

Secret

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。