スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の西新宿 デリカテッセン・ランチ

坐骨まわりの筋肉痛という、珍しい現象に悩まされ中。
ものすごいインナーマッスルなので
どこが痛いのか自分では触って確認もできやしない。
パスチモッターナが効いたんだってことにしておこう。

インストラクター養成コースでどんなことを習っているか
いかなる形でも公開してはいけないらしいのですわ。
中途半端な理解のもとに書いたり言ったりしたことが広まったらいかん
とかそんな理由なんですかね。わからんちん。
そう考えると、いままで書いてきたことも
ほんとはダメだってことなのかしらん。うーん。






冷たい雨の降る日のこと。
『鷲沢玲子のキルトフェスタ2010』見学の前に
コチラでランチをいただいたのだ。


パークハイアット東京 デリカテッセン


『パークハイアット東京 デリカテッセン』
これはお店の外観じゃなくて、お店のなかから見える景色。
黒を基調にした、シックでモダンなインテリアでまとまっている
高級感あふれるデリカテッセンです。


パークハイアット東京 デリカテッセン


ステキなランチ数種類のなかから、スープセットをフォカッチャサンドで。
やっふー、高級コーンポタージュ!


パークハイアット東京 デリカテッセン


毎日いただいてもいい!というくらいに濃いコーンポタージュ。
ごーじゃす★たみの「おいしいね、このスープ」という問いかけにも
汁物らばーはスプーンも止めず、無言でうなずくばかり。
あっちゅー間に食べ終わっちゃうのが悲しいくらい。


パークハイアット東京 デリカテッセン


ツナが入っているフォカッチャサンド(だったと思う)。
温めてもらえばよかった…そのほうがゼッタイにチーズがうまい。
悔いが残ります。


パークハイアット東京 デリカテッセン


サンドイッチを食べ終わっても泡が残っていたカプチーノ。
その泡がフタの役目を果たしているのか、冷めていなくてうまーい。
機内食で出てくるような容器に入った、機内食サイズのケーキ。
でも機内食とは比べ物にならないおいしさなのよ。
同じ米系企業として、某UAには見習ってほしいもんだ!




食後はコチラをお買い上げ。


パークハイアット東京 デリカテッセン


携帯で撮ったから飛んじゃってますが
『パークハイアット東京 デリカテッセン』オリジナルのクーラーバッグ。
左側の立方体型のは以前から持っていたもので
右側の直方体型のを新しく買い足しました。
立方体のほうが大きくてたくさん入るんだけど
直方体ならワインのようなビン類も入れられる。
冷えたワインを持ってでかける予定はないんだけどね(笑)。
お買物には重宝しそう。




パークハイアット東京 デリカテッセン (デリカテッセン / 都庁前、初台、南新宿)
☆☆☆☆ 0.0






スポンサーサイト

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : おいしい

コメント

Secret

レフアさんはインストラクターコースに通っているのですか??
そうか、内容は明かしてはいけないのですね・・・。
私が通っているのはスポーツクラブのヨガですが、曜日が違う二人の先生の言うことが
全く違うので、初心者としては大混乱です~~。
一人は「ヨガは簡単なものではないのよ!楽ではないのよ!」・・・ちょっと解る。
もう一人は「自分の身体と向き合いながら、無理のないところ、気持ちのいいところを探して
みましょう!!」・・・もうちょっと解る。

ヨガの行者になるつもりはないのだけれど、楽なことばかりしていたら心と身体に真正面から
向き合えないのかなあ・・・とへっぽこヨギーの私にはまだまだ難しいですぅ。

■HEEさん

インストラクターの養成プレコースっていう、基礎の基礎を教わる3日間コースの1日目が終わったところです。1日3時間、哲学・アーサナ・解剖学をさわりだけ教わる、っていう感じでしょうか。
なぜか公開してはいけないんですって。なんか平和な心持じゃないような気がするんだけど…経営する側も立場がありますもんねぇ(といいつつ納得いっていないわたし)。

スポーツクラブだと、一定の流派のインストラクターさんが教えているわけじゃないんでしょうね。そこがむずかしいところなんでしょうか?
ヨガでは「修練」と「離欲」のバランスをとらなきゃならないんだそうですが、「楽じゃない」=「修練」、「ムリをしない」=「離欲」?わたしもへっぽこヨギーなので、さっぱりわからんちんですわぁ。
Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。