スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉アレコレ。

最近「アレコレ」で片づけていることが多いような…
まとめてアップだからショーがないってことで(言い訳)。




先日の鎌倉でのお店編のアレコレ。

いままで知らなかったんだけど、鎌倉って
定休日が水曜日っていうお店が多いのね。
そして運悪く水曜日に鎌倉に行ったわたしたち。

まずは1軒目の○○なご主人がいるというウワサのお蕎麦屋さん。
営業はしていたんだけれど、残念ながら予約で満席。
でも○○なご主人にはお目にかかれたので満足!(笑)

2軒目のピザ屋さんは水曜定休日。無念。

そして3軒目がコチラ。


雪ノ茶屋04-17-11-1


岐れ道交差点のそばにある『鎌倉 雪ノ茶屋』
黒毛和牛ハンバーグのお店。


雪ノ茶屋04-17-11-2


ヨギーなのに肉食でスミマセン。
最近、ヴィーガンの方も当ブログに来ていただいている模様。
肉食人間ですが、見捨てないでーーー!


雪ノ茶屋04-17-11-3


鎌倉野菜のサラダもおいしいっす!
東京あたりで鎌倉野菜って言われても
ちょいと疑ってしまう心狭いわたしだけど
鎌倉で食べるなら鎌倉野菜だわよ、きっと。


雪ノ茶屋04-17-11-4


目玉焼きがデフォでついてくる鎌倉ハンバーグステーキ。
セットだとライスとドリンク付き。
サラダは+200円。


雪ノ茶屋04-17-11-5


肉食人間にはこの断面がたまらん。
肉汁がじゅわわーーってなったりしてしあわせ♡




お茶タイムはごーじゃす★たみのお気に入りの和菓子屋さんへ。
そしてもれなく水曜定休日だったので、鎌倉でお茶難民状態。
アタマのなかは「あんこ」になっていてケーキじゃダメなの!
というわけで、小町通のコチラへ。


あかね04-17-11-1


『甘処 あかね』


あかね04-17-11-2


懐かしい黒電話がしっくり溶け込む風情
カウンター8席くらいの小さなお店。


あかね04-17-11-3


「抹茶寒天煮あずき」(ほうじ茶か玄米茶付き)


あかね04-17-11-4


北海道十勝産の大納言あずきを三音黒糖で炊いた煮あずきは
豆の味と食感がしっかり残ったおいしいあずき。
そしてわたしはコチラの白玉が大好き♡
表面はつるっと滑らかな舌触りなんだけど
噛むともっちりもちもちしててうまうまー♪
神楽坂の『花』の白玉と甲乙つけがたいおいしさなのだ。




花を愛でて眼福、おいしいもので口福。
そして長谷から鎌倉駅へと向かう道すがらで見つけたコチラ。


04-14-11-7.jpg


神奈川女子なら知っている人も多いはず!


04-17-11-1.jpg


『ギルド』
遠足とか女子同士のお出かけとかデートとか。
小学生のときは200円くらい握り締めて
キーホルダーに自分の名前を彫ってもらい
中高生ともなれば好きな男子の名前を
300円くらいの指輪に掘ってもらったり。
たみとわたしはそういう中高生でした(爆)


04-17-11-2.jpg


店主さんは2代目になっていたけれど
いまでも同じような佇まい。

キーホルダー2個を買って名前を彫ってもらって
『ギルド』で1,000円以上使うなんて
ずいぶんとオトナになったもんだ(嘆息)。




スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

鎌倉・キツネの嫁入り・秋の空

今日のよかったこと
気にかかっていた、こまかーーーーい部分の掃除に着手できた。
まだ1/4くらいしか終っていないけど、来週までには全部終らせたい!
ひさしぶりの昼寝、気持ちよかったー♪

今日のトホホなこと
昼寝しちゃったので図書館に行かなかった。明日!




シンガポール話はお休みして昨日の話。

夏前にみさと湯河原に行った帰りに寄ったきり
ひさしぶりーーーの鎌倉に行ってきた。

電車のなかでごーじゃす★たみと合流して
まずはランチで腹ごしらえ。


OSHINO


気軽なビストロ『OSHINO』


OSHINO


三崎・佐島からの新鮮な魚介類と鎌倉野菜使用のお店。
ロハスブームの昨今、東京でも鎌倉野菜のお店はあるけれど
やっぱり鎌倉で鎌倉野菜。地産地消。

ランチは2,000円からのプリフィクスコース。
前菜1品、メイン1品+パン・コーヒーのAコースに。


OSHINO


前菜、野菜たっぷりのスープ
野菜のしゃっきり感が生かされている感じ。
レンズ豆などのお豆も入り、チーズもたっぷり
食べ応えのあるスープだった♡


OSHINO


メイン、スズキのソテー サフランのナントカソース
ただのサフランソース、という名前じゃなかったような。
長い名前は忘れたオバチャンを許してください<(_ _)>
皮はパリッと、中はふっくらソテーされたスズキ
サフランとアサリのスープなどが入ったやや濃い目のソース
ソースだけ食べるとしょっぱめかな?と感じるんだけど
スズキや野菜とあわせるとちょうどよい塩梅。
スープの野菜と同じように、火を通しすぎてない野菜が
食感もよくて野菜本来の味がしっかりしてうまい♪
鎌倉で食べる鎌倉野菜バンザイ!ですわん。




コーヒーをいただきながら、ごーじゃす★たみと
あれやこれや打ち合わせ。
ネットショップも1周年、ここいらでバン!と出なきゃ。
野望ふくらむオバチャンふたり組でございます。




午前中仕事だったあやちゃんを待つ間、小町通を散策。


10-05-10-1.jpg


こどもの頃から大好きだったという『コクリコ』で
クレープが焼けるのを待つごーじゃす★たみ。


10-05-10-2.jpg


いい香り!でも小胃袋星人は香りだけで満足満足。




太陽が顔を出しているのに雨が降り
「キツネの嫁入りだー」と久々に使う表現法。
雨が降ったりやんだり、太陽が出たり隠れたり
ほんとに昨日の鎌倉は変わりやすい秋の空。

時間になったので、あやちゃんと合流して
お茶をしてからフリマの説明会へ。


10-05-10-3.jpg


次回フリマは「鎌人いち場」です!
アロハスマイルでがんばりますよー。
雨降らないでね~~~~~~~~~~~。
お近くの方、お暇な方はお散歩がてら遊びに来てください<(_ _)>




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

異文化空間というかなんというか…

この記事を書いて、アップしたつもりが消えてました。
なんだか最近エラーが多いような気がするFC2。
もう1000記事超えたし、引越し時かしらん…。

気を取り直してもう一度。





横浜市出身なので、比較的近くにある町なのに
なぜかほとんどなじみのない町、川崎。
父方の親戚が川崎に住んでいて、駅前からバスに乗って
古市場?とかいう町へは何度か行ったんだけれど
それ以外はまったくわからんちんなのだ。

めめちゃんと川崎大師に行くにあたって
まずはランチを、と川崎駅東口に降りてみた。
親戚のところに最後に行ったのはずいぶんと前のことなので
今となっては駅のどちら側からバスに乗ったのかも不明。

東口で降りて案内表示のよくわからない地下道を通って
「エンタテイメントの街、ラ・チッタデッラ」というところへ。
この「ラ・チッタデッラ」っていうのはどういうところなんでしょね?
普通の街並みに、いきなり現れる異文化空間?
異文化っていうよりも、むしろ違和感って感じ?
川崎市民の皆さま方には申し訳ないけれど。

そんなこんなでランチは「ラ・チッタデッラ」のコチラで。


イル・パッチォコーネ・ディ・キャンティ


『イル・パッチォコーネ・ディ・キャンティ』
舌を噛みそうなくらいに長い名前のイタリアン。

ここのところ、めめちゃんとお食事というと
和食系、野菜メインが多かったので
たまにはイタリアーンということになったのだ。

4種類あるランチのなかから「前菜ランチ」をチョイス。
前菜+フォカッチャ+ドリンク・デザートのセットです。


イル・パッチォコーネ・ディ・キャンティ


わたしの「スモークサーモン、サラダ添え」
スモークサーモンの存在感があまりないんですが…


イル・パッチォコーネ・ディ・キャンティ


まぁ1,050円のランチならこんなもんなんでしょうな。
ドレッシングのオリーブオイルが勝っていたのがちょっと…。
もう少しバルサミコを効かせてほしいかなぁ。


イル・パッチォコーネ・ディ・キャンティ


めずらしくカモミールミントティー。
目にもココロにもカラダにも優しいですわぁ。

デザートのシフォンケーキ。
画像ではわかりにくいんだけど、足つきのガラスの器に入っているだけれど
とても食べにくかったので、ぜひお皿に変えてほしいと切望。

石窯ピッツァがおいしいらしいんだけれど
小胃袋星人のふたりには、前菜ランチがちょうどよい量だった模様。




イル・パッチォコーネ・ディ・キャンティ ラ・チッタデッラ (ピザ / 川崎、京急川崎、八丁畷)
☆☆☆☆ 0.0






4月4日の宅ヨガ
夜:バッダ・コーナ
  ゴームカ・アーサナ





テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

迷走中なのかもしれないけれど

朝早くから動き回った金曜日。
ほとんど通勤時間帯の電車にひさしぶりに乗ったんだけど
思ったよりも混雑していなかったのでホッとしたわ。

たみの家の最寄り駅でたみに拾ってもらって
ひろちゃんとの待ち合わせの場所に向かっていく途中
小さなお店に次々に吸い込まれていくクルマを発見。
ほんとに小さなお店なのに、駐車場整理のオジサンまでいるの。
こりゃ寄ってみるしかないでショー!


01-30-10-1.jpg


卵の直売所でした。


01-30-10-2.jpg


寿雀は「ジュジャク」と読むらしい。
伊勢原の三橋農場で育てられている鶏の卵なんだとか。
いつだったか、どなたかのブログで読んだ記憶があるような。
Mサイズ~LLサイズまであったなかで
紙のパックに入っているのはLサイズのみだったのでLを購入。
なにせ家が遠いので紙パックのほうが安心だわさ。

行列ができることもある、有名な卵直売所なんだとか。
「こういうのが一番楽しいよね!」というたみのキモチ、よくわかる。
予期せぬ出会いというのは楽しいよね。




卵を買ってルンルンと(ふるっ)待ち合わせ場所へ。


アルベロベッロ


ナポリピッツァ協会公認のナポリピザが食べられる『リストランテ アルベロベッロ』
アルベロベッロだけれど、プーリア州ではなくてナポリなんだね…。
ついでにトルッリになっているのは、隣のポポロ広場だったわ。
(アルベロベッロ及びトゥルッリの詳細に関してはコチラへ)


アルベロベッロ


入り口にはワインボトルのツリー。
これだけ大きいと壮観だねぇ。
一生分のワインの飲酒量をあわせれば、このくらいにはなるんだろうか。
ツリーが先か、肝臓ダウンが先か…うーん。

11時半の開店にあわせて待ち合わせ。
(卵屋さんに寄ったせいか)11時40分くらいに入店すると
思ったよりも広めの店内はすでに8割方満席!
『アルベロベッロ』…恐ろしい店…


アルベロベッロ


8割のお客さんの9割は女性、9割の女性のうち9割は地元マダム。たぶん。
伊勢原マダム、恐るべし。

ランチはコースが5種類。
シェフのお任せ、パスタ、ピッツァ、サルティンボッカ、盛り合わせ。
盛り合わせランチは前菜とデザートが盛り合わせになっていて
メインはパスタかピッツァのどちらかを選ぶタイプ。


アルベロベッロ


盛り合わせランチの前菜盛り合わせ。
右上のフライは大根の薄切りの間にひき肉が入っているもの。
大根のフライは初めてだわ。
淡白な大根にひき肉がよくあっていておいしかったー。


アルベロベッロ


3人とも盛り合わせランチでピッツァをチョイス。
マルゲリータ。


アルベロベッロ


インヴェルノは冬野菜がのっているもの。
小松菜、ねぎ、白菜、かぼちゃ。珍しい。


アルベロベッロ


サルシッチャ・エ・パルミッジャーノ。

石窯で焼き上げられたピッツァはパリッと薄焼きなんだけれど
もっちりしていて食べ応えがたっぷり。
どれも同じような味だったので、ひとりはパスタにしてもよかったかも。
思ったよりもずっとボリュームがあったので
数切れ食べ残し、一番近所のひろちゃんがお持ち帰り。


アルベロベッロ


ピッツァは残してもデザートはいただきます♡
ブルーベリーのソルベ、りんごのタルトとパンナコッタ。

食後のコーヒーか紅茶がついて2,100円と低価格。
心ゆき届いて気持ちのいいサービスだし
伊勢原マダムで大賑わいなのも納得のピッツェリアでした。




たみとはクルマのなかから口角泡を飛ばす勢いでおしゃべりをして
ランチタイムはひろちゃんをも巻き込んで白熱の議論タイム。
「自分の好きなところを3つあげるとしたら?」など
自己啓発セミナー顔負けのおしゃべり大会だった。

たみもひろちゃんも自分の特技を使って「人に教える」ことをしている人。
2010年の目標として、自分が打ち込める何かを探して
あれやこれや試行錯誤の毎日を送っているわたし。
いろんな人と会話をすることで道が開けることもあるかもしれない。
そんな思いもよぎったランチタイムでした。
おつきあいしてくれてありがとう。




リストランテ アルベロベッロ

 伊勢原市上粕屋298-1 アネーロ1F
 0463-91-0088
 第3月曜・火曜定休日
 11:30~14:30 17:30~21:00





まだつづきあり…




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : おいしい

我が家の埋蔵金!?

デパート勤務をしていたとき、大晦日になると毎年のように高熱が出て
年末の恒例行事のように寝込んでいたもんだ。
朝なんとなくだるいなぁ、と思いつつ出勤すると
午後には38℃くらいになり夜には39℃を超える。
そのまま元旦を迎え、1日寝て過ごすと
2日の朝にはすっかり平熱に下がって出勤。
そんなお正月を何年過ごしたことか。
同僚からは「デトックス発熱」などと言われていたっけ。

デパートを退職して2度目のお正月は熱も出ず
ごく普通の寝正月を過ごすことができたとはいえ
年末は体調を崩し、午前中は大掃除をして午後は寝ることが多かった。
熱は出ないけれどぐずぐずと体調が悪いのが続くのと
1日だけものすごく体調が悪くなり高熱が出るのと
どっちがいいんだろ。ま、いっか。

体調が悪いなか、自分なりに大掃除をしたつもりだったけど
細かい部分で掃除がすんでいないところがけっこうあり
ここのところ、ちょこちょこと整理整頓をしている。

先日、鏡がのっている小さいタンスの整理をしていたら
若かりし頃のアクセサリー類がゴロゴロと出てきた。
もう使わないだろうと思われるもので安物は処分
使わないけど捨てられないものの山がコレ。


01-25-10-1.jpg


なかには思い出の品も。
50.5グラムの埋蔵金、リフォームでもしようかしらん。





2009年のブログのネタもまだまだ埋蔵されてます。
もう1ヵ月以上前の、熱海に行った帰りの話
『麦師』でパンを買い、そのまま箱根方面へと向かったんだっけ。

朝、お風呂で貧血を起こした体調不良も
お昼過ぎにはようやく回復をしたので
箱根あたりでランチをすることに。
このあたりから年末の体調不良が始まったんだったわ。

箱根に来たのは初めて!という相方の運転で旧道をどんどん登っていくと
箱根駅伝の幟が立っていたのを思い出す。
12月からすでに箱根駅伝モードだったのですよ。
いまさらですが、新・山の神。ありゃモンスターだわ。

そして強羅駅まで行き、駅そばのコチラのお店へ。


とんかつ里久


カウンターだけの小さなお店『とんかつ里久』
弱ったカラダが肉を要求したんですよねー。

家族連れ一組が先に並んで待っていたので
一緒にしばらく店の外で立っていたら
店のなかから女性が出てきて
「隣の喫茶店でよければ入ってくださいねー」と。


とんかつ里久01-25-10-2


もやもやしててさまぁーずが訪れそうな、昭和中頃の空気が漂う喫茶店。
マージャンゲームのテーブル席ではオジサマがひとりでプレイ中。

どうやら喫茶店ととんかつ屋さんは中でつながってる模様。
注文をとって、喫茶店で食べさせてもらえるみたい。


とんかつ里久


「みぞれ定食」
鹿児島黒豚のとんかつに大根おろしがたっぷり。


とんかつ里久


レモンを絞って、別添えのタレをかけていただきます。


とんかつ里久


タレはにんにく風味の醤油ポン酢。
さっぱりとしているんだけど、にんにくが効いているという
とんかつのタレとしては初めての味。
たっぷりかかった大根おろしが脂感を和らげてくれて
貧血後の弱ったカラダに程よい感じの脂っこさになっていて◎。
肉食べたーい!でも脂っぽいのはいやー!
そんなワガママを許してくれるみぞれ定食でした。


とんかつ里久01-25-10-6


ちなみに喫茶店の名前は『喫茶 旅情』
名前からして由緒正しい、昭和の喫茶店でした!




とんかつ里久

 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-356
 0460-82-8622
 木曜定休日
 11:00~14:30 17:00~19:00





まだまだあるぞ、2009年の埋蔵ネタ…。




テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

tag : おいしい

Profile

レフア★

Author:レフア★
食べたり飲んだり旅したり笑ったり悩んだりヨガしたり。

Request
わたしレフア★の大切な日記・画像です。 このブログのすべての文章・画像の著作権はレフア★に帰属します。文章・画像の転載・引用はご遠慮下さい。
Tripadvisor

シンガポールのホテルの口コミ
4travel
台北 旅行
Article
Track back
Comment
Category
Counter
Retrieval
RSS
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。